ブルックリンの近隣住区の一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
注:この地図における近隣住区の境界はおおよそのものである。

ブルックリンの近隣住区の一覧 ( (list of Brooklyn neighborhoods) ) は、ニューヨーク市行政区の一つであるブルックリン区近隣住区を並べた一覧である。

北西ブルックリン[編集]

サウス・ブルックリン[編集]

サウス・ブルックリン (South Brooklyn) と呼ばれるブルックリン内の地域は、歴史上のかつてのブルックリン町との地理的な位置関係から名付けられている。この地区は上述の北西ブルックリンすぐ南に位置し、現在のブルックリン全体の中で南側に位置しているわけではない。

北ブルックリン[編集]

中央ブルックリン[編集]

南西ブルックリン[編集]

ブルックリンの南西側のエリアは多くのストリートやアベニューを共有している。36th Streetから101st Streetまでおよび1st Avenueから25th Avenueまでは、以下の近隣住区それぞれに渡って走っている。

南ブルックリン[編集]

東ブルックリン[編集]

南東ブルックリン[編集]

歴史上の区分[編集]

当初のオランダ植民地時代は現在のブルックリンは明確な境界を持つ6つの町から成っていた。後にイギリス植民地となり、やがてこれらの町は合併しキングス郡がブルックリン市という一つの市となった。これらの町は、北から時計回りにブッシュウィック、ブルックリン、フラットランズ、グレーブゼンド、ニュー・ユトレヒト、およびこれらの真ん中に位置するフラットブッシュである。現在のこれらと同名の近隣住区は、かつての町の範囲のおよそ中央に位置している。この当初の6つの町の一部が一時的に独立した町となったこともあったが、再びいずれかの町に統合されている。

1894年の住民投票の結果、1898年にブルックリン市はニューヨーク市行政区の一部となった。

ブッシュウィック町[編集]

1854年ブルックリン町へ併合

  • ブッシュウィック (Bushwick)
  • グリーンポイント (Greenpoint)
  • ウィリアムズバーグ (Williamsburg)(1840年にブッシュウィック町から分離、1854年にブルックリン町へ併合)

ブルックリン町[編集]

フラットランズ町[編集]

1896年ブルックリン町へ併合

グレーブゼンド町[編集]

1894年ブルックリン町へ併合

ニュー・ユトレヒト町[編集]

1894年ブルックリン町へ併合

フラットブッシュ町[編集]

1894年ブルックリン町へ併合

関連項目[編集]