ブルドッキングヘッドロック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ブルドッキングヘッドロックは日本の劇団(以下、「BHL」と略)。キャッチフレーズは「グロテスクな日常に、ささやかなおかしみを」。

2000年4月10日、ナイロン100℃喜安浩平を中心に結成。

主宰は、喜安浩平(2000年~2007年)→西山宏幸[注釈 1](2008年~2014年)→喜安浩平(2015年~)

所属俳優[編集]

()内は俳優のキャッチフレーズ。

  • 喜安浩平 (ボス、ゴリ) - 主宰。作、演出家。
  • 篠原トオル (夜更かし監督)
  • 永井幸子 (ひねくれ女学院)
  • 寺井義貴 (デジタル選手)
  • 山口かほり (ちびっこギャング)
  • 藤原よしこ (女豹)
  • 猪爪尚紀 (風薫る季節)
  • 岡山誠 (コンクリートジャングル)
  • 津留崎夏子 (せせらぎの国から)
  • はしいくみ(♪ライクアバージン、旧名:林生弥)
  • 小笠原健吉(邪念、そして雑念)
  • 浦嶋健太(青空と複雑)
  • 葛堂里奈(踏んづけていいですか…?)
  • 鳴海由莉(シャニム)
  • 竹内健史(バカ・ザ・マン)
  • 髙橋龍児(毒と微笑み)
  • 橋口勇輝(まるごし君)
  • 平岡美保(真線でキュッとね)
  • 山田桃子(桃子100%)

公演[編集]

  • vol.1 「思考の大回転」 (2000年)
  • vol.2 「彼方の塵、クズ」 (2001年)
  • 番外公演 「夏休みの宿題」 (2001年)
  • vol.3 「青空と複雑」 (2002年)
  • vol.4 「ゆっくり震える」 (2002年)
  • vol.5 「パンクの園」 (2002年)
  • Special Edition 「〜ワンダフルツアー〜 ライド・オン・ザ・フライングシープ」 (2003年)
  • vol.6 「見知らぬ骨1、2個」 (2003年)
  • Special Edition 映画 「ドラゴン・シティ」 (2004年) - 映像作品。多くのゲストが参加。
  • vol.7 「花びら*黄金のカーテン」 (2004年)
  • コントライブ 「チョップとキックとジョーカー」 (2004年)
  • vol.8 「虎」 (2005年)
  • vol.9 「スパイシージュースHOT」 (2005年)
  • vol.10 「サクセスの空」 (2005年)
  • vol.11 「亀の気配」 (2006年)
  • vol.12 「とぐろ」 (2007年)
  • vol.13 「不確かな怪物」 (2007年)
  • vol.14&15 「役に立たないオマエ」「とける」 (2008年)- BHL初の連続作品。
  • vol.16 「女々しくて」 (2009年) - 女々しくてシリーズ。
  • vol.17 「ケモノミチ」 (2009年)
  • vol.18 「黒いインクの輝き」 (2010年) - 女々しくてシリーズ。
  • vol.19 「Do!太宰」 (2010年)
  • vol.20 「嫌な世界」 (2010年)
  • vol.21 「毒と微笑み」 (2011年)
  • vol.22 「スケベの話」 (2012年) - 女々しくてシリーズ。
  • vol.23 「少し静かに」 (2013年)
  • vol.24 「旅のしおり2013」 (2013年)
  • BHL+三鷹市芸術文化センター presents 「おい、キミ失格!」 (2014年)
  • vol.25 「青空と複雑」 (2014年)
  • vol.26 「1995」 (2015年)
  • vol.27 「スケベの話~オトナのおもちゃ編~」 (2016年)
  • vol.28 「バカシティ」 (2016年)
  • vol.29 「田園にくちづけ」(2017年)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 2017年に退団。

出典[編集]