ブルーインパルス牡鹿半島墜落事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
航空自衛隊 46-5720・46-5727
Kawasaki T-4, Japan - Air Force AN1749889.jpg
ブルーインパルス所属の川崎 T-4
事故の概要
日付 2000年7月4日
概要 パイロットエラー
現場 日本の旗 日本 宮城県 牡鹿町 光山
負傷者総数
(死者除く)
0
死者総数 3(両機の全員)
第1機体
機種 川崎 T-4
運用者 日本の旗 航空自衛隊ブルーインパルス
機体記号 46-5720
出発地 日本の旗 松島基地
目的地 日本の旗 松島基地
乗員数 1
負傷者数
(死者除く)
0
死者数 1(全員)
生存者数 0
第2機体
機種 川崎 T-4
運用者 日本の旗 航空自衛隊ブルーインパルス
機体記号 46-5727
出発地 日本の旗 松島基地
目的地 日本の旗 松島基地
乗員数 2
負傷者数
(死者除く)
0
死者数 2(全員)
生存者数 0
テンプレートを表示

ブルーインパルス牡鹿半島墜落事故(ブルーインパルスおじかはんとうついらくじこ)は、2000年(平成12年)7月4日に発生したブルーインパルスの航空機墜落事故である。

概要[編集]

航空自衛隊第4航空団第11飛行隊所属のT-4(練習機)の2機編隊が、訓練終了後の帰投中、牡鹿半島の光山山頂付近に墜落し、計3名が殉職した。

第4航空団所属機として同年3月にT-2女川墜落事故が発生しており、さらに航空自衛隊としては6日前にC-1隠岐諸島沖墜落事故が発生したばかりの状況であったため、内外に大きな反響を呼んだ。ブルーインパルスは約1年にわたって対外的な活動を休止するとともに、「航空自衛隊安全の日」制定のきっかけとなった。

経緯[編集]

事故発生[編集]

松島基地、第4航空団第11飛行隊所属のT-4練習機は、金華山沖での訓練を終え、帰投中の10時19分頃、5番機・6番機の2機編隊がほぼ同時に、松島基地から島南東に25キロメートル程度離れた海上で[2]、レーダーから消失し両機との通信が取れなくなった[1]

事故機には、5番機にA三等空佐(37歳)、6番機にB三等空佐(35歳)及びC一等空尉(35歳)が搭乗していた[3]。当日の松島基地付近の天候は曇りで、風も風速2.5メートルと、有視界飛行状態 (VMC) だったが、海霧が発生していた可能性があった[1]

翌7月5日午前中、光山山頂付近で3名の遺体と機体(5番機 #720号機、6番機 #727号機)が発見された[2]

原因解明へ[編集]

二機は墜落直前まで編隊を組んでいたため、ほぼ同時に山頂付近に激突したものと見られている。ただし、5番機がそのまま激突したことに対し、6番機は5番機の異常を察知し衝突回避を試みたものと思われ、バウンドしながら破壊されたことが判明している[3]

航空自衛隊の航空事故調査委員会は、事故編隊が3キロメートル進む間に600メートルも高度を下げており、激突した山の付近は高高度で飛ばねばならないことも踏まえ、何らかの事情で高度の判断を誤ったことが原因とみて捜査を進めた[4]

その後、松島基地は10月31日、最後に行なった曲技飛行で本来の訓練空域からそれてしまい、厚い雲の間から見えた地上を普段の飛行ルート上のポイントと誤認し[5]、さらに誤った地点で降下を始めてしまったことが原因であるとする、調査報告を発表した[6]

周辺自治体の反応と空自の対応[編集]

第4航空団では、4か月前の3月にT-2女川墜落事故が発生しその事故原因も事故の時点では未解明の状況だった。また、ともに女川原発周辺(10キロメートル圏内)だったことから、左派政党・団体が強く反発した[7]

その後、事故機のFDR解析で松島基地が定めている女川原発から半径3.6キロメートルの飛行規制空域に進入していたことが判明した[8]ため、周辺自治体の一斉反発を招いてしまった。

松島基地側は同年3月の事故に立て続き事故が発生していることを鑑み、当分の間の訓練飛行中止を決定した[9]。7日、松島基地航空祭で行なわれる予定だったブルーインパルスの展示飛行は中止が決定し[10]、更に10日には、松島基地航空祭自体の開催も中止が決定された。さらにこの事故を受け、この年の事故以降の日付で計画されていた防府北基地三沢基地浜松基地入間基地の航空祭などで予定されていた展示飛行はキャンセルされた。[11]

周辺自治体との調整の上、訓練空域の変更や松島基地への進入経路の一部見直し、飛行最低高度の設定などといった安全対策を実施し、[12]翌年(2001年)2月より訓練を再開した。

展示飛行の再開は2001年8月の松島基地航空祭からで、ソロ2機を除く4機で展示飛行を実施。 6機による展示飛行は事故で失われた機体の補充と要員の教育の完了した後の2002年12月の岐阜基地航空祭より再開された[12]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 2000年7月4日 朝日新聞(夕刊)「空自2機、墜落か 3人搭乗、訓練後に 牡鹿半島付近」
  2. ^ a b 2000年7月5日 朝日新聞(夕刊)「乗員3人の遺体発見 不明2機の破片も 牡鹿半島付近空自機事故」
  3. ^ a b 航空ファン 2000年9月号 [要ページ番号]
  4. ^ 2000年7月7日 朝日新聞(宮城県面)「高度判断誤る? 事故調査委、降下に関心 空自機墜落事故」
  5. ^ 2000年11月1日 朝日新聞(宮城県面)「「人為ミス」に募る不安 空自機墜落事故調査結果発表」
  6. ^ 2000年11月1日 朝日新聞「原因、降下位置ミス 航空自衛隊機「ブルーインパルス」の墜落事故」
  7. ^ 平成12年8月4日安全保障委員会
  8. ^ 2000年8月11日 朝日新聞(夕刊)「女川原発近くの規制空域飛行 宮城で先月、墜落の空自機」
  9. ^ 2000年7月5日 朝日新聞(宮城県面)「「またか」募る不安 空自「ブルーインパルス」2機消息不明」
  10. ^ 2000年7月8日 朝日新聞「松島基地の事故受け七月に予定のアクロバット中止へ 航空自衛隊」
  11. ^ 2000年7月11日 朝日新聞(宮城県面)「航空祭中止を決める 墜落事故で航空自衛隊松島基地」
  12. ^ a b ブルーインパルス50年の軌跡

関連項目[編集]