ブルースカイブルー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ブルースカイ ブルー
西城秀樹シングル
初出アルバム『永遠の愛7章/西城秀樹
B面 アイムチャンピオン
リリース
ジャンル アイドル歌謡曲
時間
レーベル RCA / RVC
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 3位(オリコン
  • 1978年度年間51位(オリコン)
  • 3位(ザ・ベストテン
  • 1978年度年間9位(ザ・ベストテン)
  • 週間41位(Billboard Japan Hot 1002018年
  • 西城秀樹 シングル 年表

    1978年
    ブルースカイ ブルー
    (1978年)
    遙かなる恋人へ
    (1978年)
    テンプレートを表示

    ブルースカイ ブルー」は、1978年8月25日にリリースされた西城秀樹の26枚目のシングル。

    概要[編集]

    • 前作の「」に続き、作詞は阿久悠、作曲は馬飼野康二
    • 人妻との許されない愛と別れを描いたバラード曲。西城秀樹は当時23歳で、2007年に阿久悠が死去した際、「20代という最も多感な時期に一緒に仕事をさせてもらいました。『今は分からないだろうけど、大人になったとき、きっとこの詞の意味がわかるよ』といって書いてくださったのが『ブルースカイ ブルー』でした」とコメントしている[1]
    • ザ・ベストテン』では14週登場し、1978年の年間総合9位。
    • NHK紅白歌合戦では、1978年の第29回と、2000年の第51回で歌唱された。
    • 西城秀樹の死去後、オリコン週間デジタルシングルランキングで西城の楽曲が急上昇したが、最上位は「ブルースカイ ブルー」の8位だった。他に「YOUNG MAN (Y.M.C.A.)」が21位、「ターンAターン」が47位など計5曲がTOP100入りした。また、音楽配信サイトiTunesのシングルランキングでもTOP100中、西城の楽曲が6曲ランクイン。オリコン同様「ブルースカイ ブルー」が最上位で16位を記録した[2]
    • 西城秀樹の葬儀・告別式では、出棺の際に「ブルースカイ ブルー」が流された[3]
    • 死去から約3か月後の2018年8月18日に放送されたNHK「思い出のメロディー」では西城秀樹の特集が組まれ、西城が使用していた白いマイクスタンドがステージに置かれ、その隣で野口五郎が西城の音源と共演するという演出で「ブルースカイ ブルー」を披露した[4]。野口はブログで、「僕が歌っている時、隣に秀樹を感じていました」と語っている[5]
    • スピッツの草野マサムネは自身のラジオで「ブルースカイブルー」のコードが、スピッツの全てのカノン進行のルーツであると語った事がある。

    収録曲[編集]

    1. ブルースカイ ブルー
      作曲・編曲:馬飼野康二
    2. アイム チャンピオン
      作曲:井上忠夫/編曲:萩田光雄

    この頃のできごと[編集]

    カバー[編集]

    ブルースカイ ブルー[編集]

    好歌獻給你[編集]

    脚注[編集]

    関連項目[編集]