ブルース・イン・ニューヨーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ブルース・イン・ニューヨーク
Lackawanna Blues
監督 ジョージ・C・ウルフ
脚本 ルーベン・サンチャゴ=ハドソン
原作 ルーベン・サンチャゴ=ハドソン
製作 ネリー・ヌギエル
製作総指揮 ハル・ベリー
ヴィンス・シリンシオン
ルーベン・サンチャゴ=ハドソン
シェルビー・ストーン
音楽 ミシェル・ンデゲオチェロ
撮影 アイヴァン・ストラスバーグ
編集 ブライアン・A・ケーツ
上映時間 95分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

ブルース・イン・ニューヨーク』(Lackawanna Blues)はアメリカ合衆国テレビ映画で、放映は2005年。

ルーベン・サンティアゴ・Jrの自伝的ストーリーで、1950年代から60年代のニューヨーク州のはずれにあるエリー郡ラカワナ市を舞台としている。

人種分離政策時代、アフリカ系アメリカ人たちは極めて狭いコミュニティー内で生きることを余儀なくされた。その時代を背景に、アパート所有者のレイチェルの元に集まる一風変わった境遇の人々が織り成す人生ドラマを、少年時代の作者の視点から映し出す。ナニー(Nanny,ばあや・おばちゃんの意)と呼ばれ親しまれるレイチェルは、自分の周りにいる家族でも親戚でもない人々を自然引き寄せ絆を生み出すという天性の才能を持っていた。

映画全体にブルースジャズ音楽が散りばめられたり、アフロ・アメリカ人特有の文法、発音を持つ黒人英語(黒人ダイアレクト)・習慣・料理(ソウルフード)・パーティー・ダンス・歴史に彩られるなど、アフロ・アメリカ人文化が強く反映された作品となっている。

作品自体高い評価を受けてプライムタイム・エミー賞 作品賞 (テレビ映画部門)にノミネートされた。

ブルースシンガーのロバート・ブラッドリーが作中もブルースシンガーとして登場するほか、ラッパー俳優であるモス・デフもブルース歌手としてジャンプ・ブルース曲を2曲披露している。

出演[編集]