ブレイク・オチョア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ブレイク・オチョア
Blake Ochoa
バレンシア・アストロズ
基本情報
国籍 ベネズエラの旗 ベネズエラ
出身地 アラグア州マラカイ
生年月日 (1985-09-04) 1985年9月4日(32歳)
身長
体重
5' 11" =約180.3 cm
200 lb =約90.7 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 2005年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム スペインの旗 スペイン代表
WBC 2013年

ブレイク・スティーブンズ・オチョアBlake Stevens Ochoa1985年9月4日 - )は、ベネズエラアラグア州マラカイ出身のプロ野球選手(捕手)。現在は、ディビシオン・デ・オナーのバレンシア・アストロズに所属している。

経歴[編集]

プロ入りとマーリンズ傘下時代[編集]

2005年に、フロリダ・マーリンズ(現:マイアミ・マーリンズ)と契約を結んだ。 この年は、まず傘下ルーキーリーグのガルフコーストリーグ・マーリンズでプレーした。ここでは、37試合に出場し、打率278、2本塁打、17打点、32安打を記録した[1]。その後、傘下アドバンスAのジュピター・ハンマーヘッズでプレーした。ここでは、1試合に出場した[1]

2006年は、傘下ショートシーズンAのジェームズタウン・ジャマーズでプレーした。この年は、41試合に出場し、打率211、1本塁打、13打点、28安打を記録した[1]

2007年は、まず傘下Aのグリーンズボロ・グラスホッパーズでプレーした。ここでは、33試合に出場し、打率191、2本塁打、6打点、17安打を記録した[1]。その後、傘下AAのカロライナ・マドキャッツでプレーした。ここでは、3試合に出場した[1]

マーリンズ傘下時代[編集]

2007年シーズン途中に、シアトル・マリナーズトレードされた。移籍後は、まず傘下ショートシーズンAのエバレット・アクアソックスへ異動した。ここでは、17試合に出場し、打率250、2本塁打、8打点、11安打を記録した[1]。その後、傘下Aのウィスコンシン・ティンバー・ラトラーズでプレーした。ここでは、7試合に出場した[1]

2008年は、傘下Aのウィスコンシンでプレーした。この年は、63試合に出場し、打率251、3本塁打、23打点、48安打を記録した[1]

オフには、母国ベネズエラウィンターリーグであるリーガ・ベネソラーナ・デ・ベイスボル・プロフェシオナルブラボス・デ・マルガリータでプレーした。ここでは、16試合に出場し、打率256、2本塁打、6打点、10安打を記録した[1]

2009年は、傘下Aのクリントン・ランバーキングスでプレーした。この年は、54試合に出場し、打率318、5本塁打、31打点、55安打を記録した[1]

オフには、前年同様にマルガリータでプレーした。ここでは、5試合に出場した[1]

2010年は、まず傘下AAAのタコマ・レイニアーズでプレーした。ここでは、3試合に出場した[1]。その後、傘下アドマンスAのハイデザート・マーベリックスでプレーした。ここでは、7試合に出場した[1]。その後、傘下Aのクリントンでプレーした。ここでは、33試合に出場し、打率279、8本塁打、25打点、29安打を記録した[1]。同年限りでマリナーズを退団している。

オフには、3年連続でマルガリータでプレーした。ここでは、3試合に出場した[1]

独立リーグ時代[編集]

2011年は、独立リーグであるフロンティア・リーグのワシントン・ワイルドシングスと契約を結んだ。

この年は、79試合に出場し、打率190、6本塁打、27打点、47安打を記録した[1]。同年限りで、退団している。

スペイン球界時代[編集]

2012年からは、スペインの国内リーグであるディビシオン・デ・オナーのバレンシア・アストロズでプレーしている。

9月に、第3回WBC予選のスペイン代表に選出された[2]

2013年3月には、第3回WBC本戦のスペイン代表にも選出された[3]

2014年は、32試合に出場し、打率278、7本塁打、33打点を記録した[4]

また、8月30日に、第6回イタリアンベースボールウィーク第33回ヨーロッパ野球選手権大会のスペイン代表が発表され[5]、代表入りした。

2015年2月17日に、「GLOBAL BASEBALL MATCH 2015 侍ジャパン 対 欧州代表」の欧州代表にフェルナンド・マルティネスレスリー・ナカルオスカー・アングロと共にスペイン人として選出された事が発表された[6][7][8]。3月11日の第2戦に「8番 捕手」で先発出場し、2安打を記録している[9]

選手としての特徴[編集]

詳細情報[編集]

代表歴[編集]

スペイン代表

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p Baseball Reference (Minors)
  2. ^ 2012 Qualifier Roster[リンク切れ] The official site of World Baseball Classic (英語) 2015年3月10日閲覧 [リンク切れ]
  3. ^ 2013 Tournament Roster[リンク切れ] The official site of World Baseball Classic (英語) 2015年3月10日閲覧 [リンク切れ]
  4. ^ 欧州代表 選手詳細 - ブレイク・オチョア 侍ジャパン公式サイト 2015年3月10日閲覧
  5. ^ Roster de España para el torneo Italian Baseball Week RFEBS (スペイン語) (2014年8月30日) 2015年3月11日閲覧
  6. ^ Rosters de Europa vs. Japón anunciados; Asics Patrocina a Europa como proveedor de ropa oficial Real Federacion Espanola de Beisbol Y Sofbal 2015年2月18日閲覧
  7. ^ 欧州代表が選手発表!NPB所属の2選手も招集[リンク切れ] 侍ジャパンオフィシャルサイト (2015年2月17日) 2015年3月10日閲覧
  8. ^ Europe vs Japan Rosters Announced; Asics Sponsors Europe as Official Outfitter CONFEDERATION OF EUROPEAN BASEBALL (2015年2月17日) 2015年3月10日閲覧
  9. ^ ひかりTV 4K GLOBAL BASEBALL MATCH 2015 侍ジャパン 対 欧州代表 第2戦 2015年3月11日(水) 東京ドーム 打席結果・投打成績[リンク切れ] 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト (2015年3月11日) 2016年3月10日閲覧