ブレイク・パーカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ブレイク・パーカー
Blake Parker
フィラデルフィア・フィリーズ #53
Blake Parker on September 8, 2016.jpg
ヤンキース時代(2016年9月8日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アーカンソー州ワシントン郡フェイエットビル
生年月日 (1985-06-19) 1985年6月19日(34歳)
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
225 lb =約102.1 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2006年 MLBドラフト16巡目
初出場 2012年5月17日 フィラデルフィア・フィリーズ
年俸 $1,800,000(2018年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

リチャード・ブレイク・パーカーRichard Blake Parker, 1985年6月19日 - )は、アメリカ合衆国アーカンソー州ワシントン郡フェイエットビル出身のプロ野球選手投手)。右投右打。MLBフィラデルフィア・フィリーズ所属。

愛称はB-イージー[2]

経歴[編集]

プロ入りとカブス時代[編集]

2006年MLBドラフト16巡目(全体479位)でシカゴ・カブスから捕手として指名され、6月10日に契約。ルーキー級アリゾナリーグ・カブスで39試合に出場。捕手のほかに一塁手や三塁手としてもプレーし、打率.262、2本塁打、18打点を記録した。8月にA級ピオリア・チーフスへ昇格し、9試合に出場した。

2007年から投手に転向。まずルーキー級アリゾナリーグでプレーし、11試合に登板して1勝0敗2セーブ、防御率1.80、14奪三振を記録した。8月にA-級ボイシ・ホークスへ昇格。8試合に登板して1勝0敗、防御率3.18、10奪三振を記録した。

2008年はまずA級ピオリアでプレーし、23試合に登板して3勝0敗3セーブ、防御率1.33、51奪三振と好投。6月にAAA級アイオワ・カブスへ昇格。2試合に登板したが、防御率6.00と結果を残せず、7月にA+級デイトナ・カブスへ降格した。A+級デイトナでは20試合に登板して1勝2敗9セーブ、防御率3.38、21奪三振を記録した。

2009年はまずAA級テネシー・スモーキーズでプレーし、10試合に登板して0勝0敗3セーブ、防御率1.46、19奪三振を記録した。5月にAAA級アイオワへ昇格。45試合に登板して2勝3敗22セーブ、防御率3.00、58奪三振を記録した。オフの11月20日にカブスとメジャー契約を結び[3]40人枠入りした。

2010年3月19日にAAA級アイオワへ異動した。AAA級アイオワでは35試合に登板して1勝4敗2セーブ、防御率4.74、42奪三振を記録した。5月にAA級テネシーへ降格。13試合に登板して0勝1敗5セーブ、防御率2.65、25奪三振を記録した。オフの10月14日に40人枠を外れ、AAA級アイオワへ配属された。

2011年はまずAA級テネシーでプレーし、16試合に登板して1勝2敗3セーブ、防御率4.12、20奪三振を記録した。5月にAAA級アイオワへ昇格。37試合に登板して3勝3敗4セーブ、防御率2.81、60奪三振を記録した。

2012年はAAA級アイオワで開幕を迎え、5月17日にカブスとメジャー契約を結んだ[4]。同日のフィラデルフィア・フィリーズ戦でメジャーデビュー。7回表から登板し、123回を投げ2安打3失点(自責点0)だった[5]。4試合に登板していたが、6月6日に右肘の故障で60日間の故障者リスト入りした[6]。8月28日に復帰し[7]、3試合に登板したが、9月7日に再び右肘の故障で60日間の故障者リスト入りした[8]。オフの10月26日に故障者リストから外れたが、同日に40人枠を外れ、AAA級アイオワへ降格した[9]。11月28日にカブスとマイナー契約で再契約した。

2013年はAAA級アイオワで開幕を迎え、16試合に登板して0勝1敗7セーブ、防御率2.04、26奪三振を記録した。6月1日にラファエル・ドリスが故障者リスト入りしたため、再びカブスとメジャー契約を結んだ[10]。その後はリリーフに定着し、49試合に登板して1勝2敗1セーブ、防御率2.72、55奪三振を記録した。

2014年3月22日にAAA級アイオワへ異動し、そのまま開幕を迎えた。4月13日にメジャーへ昇格[11]。2試合に登板したが、いずれの試合も失点するなど結果を残せず、4月24日にAAA級アイオワへ降格[12]。5月27日にウェズリー・ライトが父親産休リスト入りしたため、メジャーへ昇格[13]。1試合に登板したが、29日にライトが復帰したため、AAA級アイオワへ降格した。7月6日に再昇格[14]。2試合に登板したが、7月11日にダーウィン・バーニーが父親産休リストから復帰したため、AAA級アイオワへ降格[15]。7月26日に再昇格し[16]、2試合に登板したが、30日にAAA級アイオワへ降格した[17]。8月1日にフェリックス・ドゥブロンが加入したが、同日に故障者リスト入りしたためメジャーへ昇格[18]。2試合に登板したが、8月2日のロサンゼルス・ドジャース戦で延長12回にハンリー・ラミレスから3点本塁打を打たれ、サヨナラ負けを喫したため、5日にAAA級アイオワへ降格した[19]。8月21日に再昇格した[20]が、翌22日にAAA級アイオワへ降格した。9月1日にセプテンバー・コールアップで再昇格し、シーズンを終えた。

2015年5月6日に自由契約となり、15日にマイナー契約で再契約。AAA級アイオワに配属され、そのままシーズンを終了した。オフの11月6日にFAとなった。

マリナーズ時代[編集]

2015年12月17日にシアトル・マリナーズとマイナー契約を結び、2016年スプリングトレーニングに招待選手として参加することになった[21]

2016年の開幕は傘下のAAA級タコマ・レイニアーズで迎え、8月4日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした。同日のボストン・レッドソックス戦で1回を無失点に抑えたものの登板はこの1試合にとどまり、8月6日にDFAとなった[22]

ヤンキース時代[編集]

2016年8月9日にウェイバー公示を経てニューヨーク・ヤンキースへ移籍した[22]。ヤンキース加入後は16試合にリリーフ登板して1勝と1セーブを挙げたが、防御率4.96・WHIP1.47という数字が示すように投球内容はイマイチだった。マリナーズでの1試合を加えると、防御率4.67・WHIP1.50という成績だった。

エンゼルス時代[編集]

2016年10月5日、ウェイバー公示を経てロサンゼルス・エンゼルスへ移籍した。11月18日にDFAとなり、23日にウェイバー公示を経てミルウォーキー・ブルワーズ[23]、12月23日にウェイバー公示を経て再びエンゼルスへ移籍した。

2017年1月19日にDFA、24日に40人枠を外れる形で傘下のAAA級ソルトレイク・ビーズへ配属された[22]。4月2日にメジャー契約を結んで開幕ロースター入りした[24]。同年はリリーフの中心としてチームトップの71試合に投げ、3勝3敗8セーブ・防御率2.54と自己最高の成績を挙げた。

2018年は67試合に登板し、防御率は3.26と前年から下がったが、クローザーとしての起用が増え、14セーブを記録した。オフの11月30日にFAとなった。

ツインズ時代[編集]

2019年1月14日にミネソタ・ツインズと1年180万ドル(130試合アクティブ・ロースターに登録されれば50万ドル、140試合で40万ドル、150試合、160試合でそれぞれ25万ドルの出来高)で契約を結んだ[25]。7月24日にDFAとなり[26]、27日にマイナー契約で傘下のAAA級ロチェスター・レッドウイングスへ配属された後、29日にFAとなった[22]

フィリーズ時代[編集]

2019年7月30日にフィリーズとメジャー契約を結んだ[27]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2012 CHC 7 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 32 6.0 10 3 5 1 0 6 0 0 7 4 6.00 2.50
2013 49 0 0 0 0 1 2 1 7 .333 195 46.1 39 4 15 1 2 55 2 0 17 14 2.72 1.17
2014 18 0 0 0 0 1 1 0 1 .500 91 21.0 24 3 4 0 0 24 1 0 13 12 5.14 1.33
2016 SEA 1 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 5 1.0 1 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0.00 2.00
NYY 16 0 0 0 0 1 0 1 0 1.000 74 16.1 16 1 8 1 2 15 0 0 9 9 4.96 1.47
'16計 17 0 0 0 0 1 0 1 0 1.000 79 17.1 17 1 9 1 2 15 0 0 9 9 4.67 1.50
2017 LAA 71 0 0 0 0 3 3 8 15 .500 254 67.1 40 7 16 0 1 86 4 0 20 19 2.54 0.83
2018 67 0 0 0 0 2 1 14 6 .667 276 66.1 63 12 19 1 3 70 8 0 24 24 3.26 1.24
MLB:6年 229 0 0 0 0 8 7 24 29 .533 927 224.1 193 30 68 4 8 256 15 0 90 82 3.29 1.16
  • 2018年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 55(2012年 - 同年途中)
  • 50(2012年途中 - 2014年)
  • 53(2016年 - 同年途中、2017年 - 2018年、2019年8月1日 - )
  • 47(2016年途中 - 同年終了)
  • 38(2019年 - 同年7月23日)

脚注[編集]

  1. ^ Blake Parker Contract Details, Salaries, & Earnings” (英語). Spotrac. 2018年4月29日閲覧。
  2. ^ Explaining Angels Players Weekend nicknames MLB.com (英語) (2017年8月24日) 2017年8月27日閲覧
  3. ^ “Cubs Add Five Players to 40-Man Roster” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Chicago Cubs), (2009年11月20日), http://chicago.cubs.mlb.com/news/press_releases/press_release.jsp?ymd=20091120&content_id=7695826&vkey=pr_chc&fext=.jsp&c_id=chc 2015年12月21日閲覧。 
  4. ^ “Cubs select contract of RHP Blake Parker, option LHP Scott Maine to Iowa” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Chicago Cubs), (2012年5月17日), http://m.cubs.mlb.com/news/article/31557364 2015年12月21日閲覧。 
  5. ^ Scores for May 17, 2012”. ESPN MLB (2012年5月17日). 2015年12月21日閲覧。
  6. ^ “Cubs place Righthander Blake Parker on 60-day D.L.” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Chicago Cubs), (2012年6月6日), http://m.cubs.mlb.com/news/article/32868214 2015年12月21日閲覧。 
  7. ^ “Cubs activate righthander Blake Parker, lefthander Alex Hinshaw designated for assignment” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Chicago Cubs), (2012年8月28日), http://m.cubs.mlb.com/news/article/37481460 2015年12月21日閲覧。 
  8. ^ “Cubs claim right-handed pitcher Jason Berken off waivers from Baltimore” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Chicago Cubs), (2012年9月7日), http://m.cubs.mlb.com/news/article/38044402 2015年12月21日閲覧。 
  9. ^ Carrie Muskat (2012年10月26日). “Mather sent to Iowa amid flurry of roster moves” (英語). MLB.com. 2015年12月21日閲覧。
  10. ^ “Cubs select the contract of RHP Blake Parker, place RHP Rafael Dolis on 15-day disabled list” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Chicago Cubs), (2013年6月1日), http://m.mlb.com/news/article/40069968 2015年12月21日閲覧。 
  11. ^ “Cubs recall RHP Blake Parker from Triple-A Iowa, option LHP Chris Rusin to Iowa” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Chicago Cubs), (2014年4月13日), http://m.cubs.mlb.com/news/article/71920408 2015年12月21日閲覧。 
  12. ^ “Cubs recall LHP Zac Rosscup and RHP Neil Ramirez from Triple-A Iowa” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Chicago Cubs), (2014年4月24日), http://m.cubs.mlb.com/news/article/73206504 2015年12月21日閲覧。 
  13. ^ “Cubs recall RHP Blake Parker, place LHP Wesley Wright on paternity leave list” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Chicago Cubs), (2014年5月27日), http://m.mlb.com/news/article/77047946/ 2015年12月21日閲覧。 
  14. ^ “Cubs recall right-handed pitcher Blake Parker” (英語). MLB.com (Chicago Cubs). WN. (2014年7月6日). http://article.wn.com/view/2014/07/06/Cubs_recall_righthanded_pitcher_Blake_Parker/ 2015年12月21日閲覧。 
  15. ^ “Cubs activate INF Darwin Barney from paternity list, recall LHP Zac Rosscup from Triple-A Iowa” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Chicago Cubs), (2014年7月11日), http://m.cubs.mlb.com/news/article/84200388 2015年12月21日閲覧。 
  16. ^ “Cubs Recall RHP Blake Parker, Option RHP Neil Ramirez to Triple-A” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Chicago Cubs), (2014年7月26日), http://m.mlb.com/news/article/86402494/cubs-recall-rhp-blake-parker-option-rhp-neil-ramirez-to-triple-a 2015年12月21日閲覧。 
  17. ^ “Cubs recall left-hander Chris Rusin from Triple-A Iowa, option right-handed pitcher Blake Parker to Iowa” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Chicago Cubs), (2014年7月30日), http://m.cubs.mlb.com/news/article/87123540 2015年12月21日閲覧。 
  18. ^ “Cubs add LHP Felix Doubront to roster, place on D.L., recall RHP Blake Parker from Triple-A, select infielder Chris Valaika from Triple-A” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Chicago Cubs), (2014年8月1日), http://m.cubs.mlb.com/news/article/87475852 2015年12月21日閲覧。 
  19. ^ “Cubs select the contract of infielder Javier Baez” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Chicago Cubs), (2014年8月5日), http://m.cubs.mlb.com/news/article/88081790 2015年12月21日閲覧。 
  20. ^ “Cubs recall RHP Blake Parker from Triple-A Iowa” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Chicago Cubs), (2014年8月21日), http://m.cubs.mlb.com/news/article/71920408 2015年12月21日閲覧。 
  21. ^ Greg Johns (2015年12月17日). “Mariners ink 5 to Minors deals with camp invites” (英語). MLB.com. 2015年12月21日閲覧。
  22. ^ a b c d MLB公式プロフィール参照。2019年7月28日閲覧。
  23. ^ Carrie Muskat (2016年11月23日). “Brewers claim righty Parker, designate Goforth” (英語). MLB.com. 2016年11月24日閲覧。
  24. ^ Chad Thornburg (2017年4月2日). “Parker, Norris last two added to roster” (英語). MLB.com. 2017年4月8日閲覧。
  25. ^ Do-Hyoung Park (2019年1月14日). “Twins sign Parker to help bolster bullpen” (英語). MLB.com. 2019年2月8日閲覧。
  26. ^ Do-Hyoung Park (2019年7月24日). “Parker DFA'd as Twins shake up bullpen” (英語). MLB.com. 2019年7月25日閲覧。
  27. ^ Todd Zolecki (2019年7月30日). “Phillies sign free-agent reliever Parker” (英語). MLB.com. 2019年7月31日閲覧。

関連項目[編集]