ブレイディ・エイケン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ブレイディ・エイケン
Brady Aiken
クリーブランド・インディアンス (マイナー)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州サンディエゴ
生年月日 (1996-08-16) 1996年8月16日(22歳)
身長
体重
6' 4" =約193 cm
205 lb =約93 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2015年 1巡目 (全体17位)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
  • カセドラル・カトリック高等学校

ブレイディ・ジェームズ・エイケンBrady James Aiken1996年8月16日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンディエゴ出身のプロ野球選手(投手)。現在は、MLBクリーブランド・インディアンス傘下に所属している。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

カセドラル・カトリック高等学校に進学。

2013年8月22日に、第26回AAA世界野球選手権大会アメリカ合衆国代表に選出され、チームの優勝に貢献した[1]

2014年6月5日に、2014年のMLBドラフトヒューストン・アストロズからドラフト1巡目(全体1位)指名された[2]。しかし、身体検査で右肘の炎症が見つかり、提示された契約金が低かったことから、契約には至らなかった[3]。1位指名での入団拒否はドラフト史上3人目のことだった。

2015年8月26日に、トミージョン手術を受ける事が発表された[4]

プロ入りとインディアンス傘下時代[編集]

2015年6月8日に、2015年のMLBドラフトクリーブランド・インディアンスからドラフト1巡目(全体17位)指名された[5]。6月19日に、契約を結んだ[6]

2016年6月にルーキークラスのアリゾナリーグでプロデビューした[7]。後にA-級マホーニングバレー・スクラッパーズに昇格した。この年の最終成績は2勝5敗・防御率5.83だった[8]2017年はA級レイクカウンティ・キャプテンズでプレーし、27試合で5勝13敗・防御率4.77だった[9]

詳細情報[編集]

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Dons lefty goes on a world tour”. San Diego U-T Preps. 2019年2月10日閲覧。
  2. ^ Astros select LHP Brady Aiken with first-overall pick in 2014 MLB Draft MLB.com Press Release (英語) (2014年6月5日) 2015年8月10日閲覧
  3. ^ Astros Fail To Sign Aiken, Nix, Marshall”. MLB Trade Rumors. 2019年2月10日閲覧。
  4. ^ Brady Aiken undergoes Tommy John ESPN (英語) (2015年3月27日) 2015年8月10日閲覧
  5. ^ Indians select LHP Brady Aiken in the first round of the 2015 First-Year Player Draft MLB.com Press Release (英語) (2015年6月8日) 2015年8月10日閲覧
  6. ^ Transactions June 2015 MLB.com (英語)
  7. ^ Cathedral lefties making mark in minors”. sandiegouniontribune.com. 2019年2月10日閲覧。
  8. ^ Cleveland Indians’ 2015 top pick Brady Aiken to start 2017 season with Lake County Captains”. The News-Herald. 2019年2月10日閲覧。
  9. ^ Talking Cleveland Indians prospects, phenoms and surprises”. cleveland.com. 2019年2月10日閲覧。

関連項目[編集]