ブレオマイシン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ブレオマイシン
Bleomycin A2.svg
Bleomycin ball-and-stick.png
Bleomycin A2
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
販売名 Blenoxane
Drugs.com monograph
MedlinePlus a682125
胎児危険度分類
  • US: D
法的規制
投与方法 intravenous, intramuscular, subcutaneous, intrapleural, intratumoral
薬物動態データ
生物学的利用能 well absorbed
代謝 ?
半減期 2 hours
排泄 renal (60-70%)
識別
CAS番号
11056-06-7 チェック
ATCコード L01DC01 (WHO)
PubChem CID: 456190
DrugBank DB00290 ×
ChemSpider 401687 チェック
UNII 40S1VHN69B チェック
KEGG D07535  ×
ChEBI CHEBI:22907 ×
ChEMBL CHEMBL403664 ×
化学的データ
化学式 C55H84N17O21S3
分子量 1415.551

ブレオマイシンがん治療に用いられる薬剤であり[1]ホジキンリンパ腫非ホジキンリンパ腫精巣がん卵巣癌子宮頸がんなどのがんに使用される。 通常は他のがん薬剤と併用され、筋肉や皮下の注射により静脈内に投与される[1]。また、がんによる胸水の再発防止のために直接胸部に投与されることもあるが、胸水治療にはタルクの使用が妥当である[2][1]

一般的な副作用発熱、体重減少、嘔吐、発疹である。重症なアナフィラキシー が発生することもある。また、肺の炎症を惹き起こす原因となる場合もあり、結果的に肺腺維症なることもある。数週間に一度の胸部X線写真による診察が勧められる。ブレオマイシンの妊娠中の使用は胎児に悪影響を及ぼすことがあり、DNAが造られるのを妨げられると考えられている[1]

ブレオマイシンが発見されたのは1962年である[3]世界保健機関の必須医薬品リストの一つであり、最も効果的で安全な医療制度で必要とされる医薬品である[4]ジェネリック医薬品として入手でき、開発途上国では1投与$14~$78米ドルで売られている[5]真正細菌ストレプトマイセスverticillusから造られている[1]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e Bleomycin Sulfate”. The American Society of Health-System Pharmacists. 2015年8月1日閲覧。
  2. ^ Shaw, P (2004). “Pleurodesis for malignant pleural effusions.”. The Cochrane database of systematic reviews (1): CD002916. doi:10.1002/14651858.CD002916.pub2. PMID 14973997. 
  3. ^ Sneader, Walter (2005). Drug discovery : a history (Rev. and updated ed.). Chichester: Wiley. p. 312. ISBN 9780471899792. https://books.google.ca/books?id=Cb6BOkj9fK4C&pg=PA312. 
  4. ^ WHO Model List of Essential Medicines (19th List)”. World Health Organization (2015年4月). 2016年12月8日閲覧。
  5. ^ Bleomycin”. 2015年8月26日閲覧。[リンク切れ]