ブレット・プレブル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
ブレット・プレブル
Brett-Prebble20110605.jpg
基本情報
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
生年月日 1977年9月23日(36歳)
騎手情報
初免許年 1993年
テンプレートを表示

ブレット・プレブルBrett Prebble、香港表記:柏寶1977年9月23日 - )は香港ジョッキークラブに所属する騎手オーストラリアメルボルン出身。

来歴[編集]

2001年12月、第15回ワールドスーパージョッキーズシリーズでオセアニア代表(オーストラリア)として出場するため日本を訪れる。中央競馬初騎乗は12月1日阪神競馬第9競走のゴールデンサドルトロフィーにてエプソムソルジャーに騎乗し6着。このシリーズは35点で5位の成績だった。12月4日には園田競馬場で行われた第8回インターナショナルジョッキーカップにも出場し2位となった。

2001/2002シーズン、23歳でオーストラリアビクトリア州(メトロポリタン)のリーディングジョッキーとなる。以降アジア各地で騎乗する。

2004/2005シーズンから本格的に香港で騎乗する。466戦37勝で香港リーディング8位。第38回スプリンターズステークスでは単勝8番人気だったケープオブグッドホープに騎乗し3着になった。

2005/2006年シーズンは479戦63勝で香港リーディング2位。

2006年、第6回チャンピオンズマイルブリッシュラックで制し、第56回安田記念も同馬で制し、GIで中央競馬初勝利を挙げた。それと同時にアジアマイルチャレンジで総合優勝となりボーナスを獲得した。また12月には、第20回ワールドスーパージョッキーズシリーズに出場予定だったダグラス・ホワイトが辞退したため、代役で今回はアジア地区代表として急遽参戦し、30点で5位の成績だった。

2009/2010年シーズンは、年間を通して好調を維持した。一時はホワイトに大きな差をつけて騎手リーディング1位となり、2010年6月20日には、香港ジョッキークラブのこれまでの記録を破る1日6勝の固め打ちを見せたが、翌週にホワイトが1日5勝して差を詰め、7月には逆転されてわずか1勝差でリーディング2位となった。

2011/2012年シーズンは、同郷のザック・パートンが勝利数を伸ばし、熾烈なリーディング2位争いを演じた結果、僅かに1勝及ばず、61勝でリーディング3位に甘んじた。

2012/2013年シリーズでは、88勝を挙げた2位のパートンに比べ、半分以下の42勝に終わり、世代交代を印象付ける結果となった。

2013/2014年シリーズは不振で、2014年1月現在で11勝とリーディング中位に甘んじている。

おもな騎乗馬[編集]

関連項目[編集]