ブレムゼ (敷設巡洋艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

ブレムゼ (SMS Bremse) はドイツ海軍の敷設巡洋艦。ブルンマー級

艦歴[編集]

1915年起工。1916年3月11日進水。1916年7月1日竣工。

1917年1月10日、Norderney島沖に機雷を敷設。10月17日、ブレムゼと同型艦ブルンマーはイギリス・ノルウェーで船団を攻撃し、護衛の駆逐艦ストロングボウとメアリー・ローズや船団の商戦の大半を沈めた。1918年4月2日、4月11日、5月11日、5月14日に北海で機雷敷設を行う。

休戦後他の多くの艦と共にスカパ・フローに抑留され、1919年6月21日に自沈。1929年に引き揚げられ、解体された。