ブレリオ 110

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

ブレリオ 110

Bleriot-Zappata 110.jpg

  • 用途:長距離記録機
  • 分類:単葉機
  • 製造者:ブレリオ
  • 初飛行:1930年5月16日
  • 生産数:1機

ブレリオ 110(Blériot 110)は、フランスの長距離飛行記録機である。1930年代に長距離飛行の世界記録を樹立した。

フランス政府の要求により長距離飛行機として開発された。高翼単葉機で、翼に6個の燃料タンク、胴体に4個の燃料タンクを備え、合計で 6,000 Lの燃料を搭載できた。

1930年5月16日に初飛行し、初飛行では燃料供給に問題があったが、修理の後、周回飛行での世界記録樹立のため、アルジェリアのOranに運ばれた。1930年11月15日から1932年3月26日の間に3度、長距離飛行記録を樹立し、最終的に76時間34分の飛行を行い、10,601 kmの距離記録を樹立した。この記録は1938年に日本の航研機によって更新された。

この機体は、長距離飛行を競ったドボワチーヌ D.33で死亡したパイロットの名前から、Joseph Le Brixと呼ばれるようになった。

1933年8月5日、Paul Codos とMaurice RossiはニューヨークからシリアのRayakまでの9,105 kmを飛行し、直線距離の世界記録を樹立した。その後、2年間にわたってさらに記録をのばす試みがなされたが成功せず、機体は廃棄された。

性能諸元[編集]

諸元

  • 乗員: 2
  • 全長: 14.57 m (47 ft 9 in)
  • 全高: 4.90 m (16 ft 1 in)
  • 翼幅: 26.50 m(86 ft 11 in)
  • 翼面積: 81.0 m2 (872 ft2
  • 空虚重量: 2,680 kg (5,808 lb)
  • 運用時重量: 8,790 kg (19,378 lb)
  • 動力: イスパノスイザ12L 、447 kW (600 hp) × 1

性能

  • 最大速度: 220 km/h (137 mph)
  • 航続距離: 12,600 km
  • 実用上昇限度: 2,000 m (6,560 ft)


テンプレートを表示
お知らせ。 使用されている単位の解説はウィキプロジェクト 航空/物理単位をご覧ください。