ブレント・リーチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ブレント・リーチ
Brent Leach
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ミシシッピ州フローウッド
生年月日 (1982-11-18) 1982年11月18日(37歳)
身長
体重
196 cm
99 kg
選手情報
投球・打席 左投右打
ポジション 投手
プロ入り 2005年 ドラフト6巡目
初出場 MLB / 2009年5月6日
NPB / 2011年7月28日
最終出場 NPB / 2011年9月14日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ブレント・アレン・リーチBrent Allen Leach , 1982年11月18日 - )は、アメリカ合衆国ミシシッピ州出身の元プロ野球選手投手)。左投げ右打ち。

来歴[編集]

来日前[編集]

2005年にドラフト6位でシカゴ・ホワイトソックスに入団。

2008年11月にロサンゼルス・ドジャースロースターに登録された[1]

2009年にメジャーデビュー。

横浜時代[編集]

2010年12月28日横浜ベイスターズが獲得を発表[2]。しかし2011年3月11日東日本大震災が発生し、「(自身の)安否を心配する家族を安心させる」という理由で3月17日に一時帰国。その後、リーチと同時に一時帰国したブレット・ハーパーらが再来日し、リーチ自身も再来日する意向を見せていたが、夫人・家族の反対(日本でのプレーを不安視しているという理由)で再来日しなかった。そのため、同年4月1日日本プロ野球史上初の制限選手となった[3][4]。その間は母校のデルタ州立大学で練習していた。

7月8日に再来日し、翌日からチームに合流する。それに併せてリーチの復帰申請が行われ、支配下選手に復帰することになった[5][6]7月28日の対読売ジャイアンツ戦(東京ドーム)で初登板・初先発を果たすが、4回2/3を4失点で敗戦投手となる。その後、8月11日の対読売ジャイアンツ戦(横浜スタジアム)で来日初勝利を挙げるが、日本での勝利はこの1勝に終わる。これ以降は浮き球が目立って崩れるケースが続き、8試合で1勝7敗・防御率5.95と振るわなかった。同年10月3日、以降の登板機会が無いことから帰国。11月10日にクレイトン・ハミルトンブランドン・マンと契約を更新する一方で、リーチは浮き球や早々とKOされるが多いことがネックとなり退団が決まった[7]。11月17日、自由契約公示された[8]

横浜退団後[編集]

2012年2月22日にロサンゼルス・ドジャースとマイナー契約を結ぶが、5月9日に自由契約となった[9]。6月22日にアトランタ・ブレーブスとマイナー契約を結んだ[9]

2013年7月3日にミルウォーキー・ブルワーズとマイナー契約を結んだ[9]

2014年もブルワーズとマイナー契約を結んで傘下のAAA級ナッシュビル・サウンズでプレー。12月1日にブルワーズとマイナー契約で再契約する[9]

2015年8月24日に自由契約となった[9]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2009 LAD 38 0 0 0 0 2 0 0 4 1.000 88 20.1 16 3 12 3 1 19 5 0 13 13 5.75 1.38
2011 横浜 8 8 0 0 0 1 7 0 0 .125 181 39.1 47 3 21 0 0 36 4 2 28 26 5.95 1.73
MLB:1年 38 0 0 0 0 2 0 0 4 1.000 88 20.1 16 3 12 3 1 19 5 0 13 13 5.75 1.38
NPB:1年 8 8 0 0 0 1 7 0 0 .125 181 39.1 47 3 21 0 0 36 4 2 28 26 5.95 1.73
  • 2011年度シーズン終了時

記録[編集]

NPB投手記録
NPB打撃記録
  • 初安打:2011年7月28日、対読売ジャイアンツ9回戦(東京ドーム)、5回表にカルロス・トーレスから右前安打
  • 初打点:2011年8月11日、対読売ジャイアンツ12回戦(横浜スタジアム)、4回裏に福田聡志から左中間へ適時二塁打

背番号[編集]

  • 45 (2009年)
  • 24 (2011年)

脚注[編集]

  1. ^ Brent Leach added to L.A. Dodgers 40-man roster” (英語). Delta State University Athletics. 2019年3月31日閲覧。
  2. ^ 選手獲得のお知らせ(3) - 横浜ベイスターズ、2010年12月28日
  3. ^ 横浜 リーチは「制限選手」に…一時帰国から再来日せず - スポニチアネックス、2011年4月1日
  4. ^ リーチ「制限選手」公示 協約史上初の適用 - スポニチアネックス、2011年4月2日
  5. ^ 横浜・リーチ投手が「制限選手」から復帰へ”. デイリースポーツ. 2011年7月6日閲覧。
  6. ^ 横浜のリーチが再来日 制限選手から復帰”. サンケイスポーツ. 2011年7月8日閲覧。
  7. ^ 外国人選手帰国のお知らせ(3)” (2011年10月3日). 2011年11月17日閲覧。
  8. ^ 2012年度の選手契約のお知らせ(4)(2011年11月10日)2011年11月25日閲覧
  9. ^ a b c d e MLB公式プロフィール参照。2017年2月1日閲覧。

関連項目[編集]