ブレークスルードラフト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ブレークスルードラフト[1]は、日本野球機構で導入が検討されている移籍制度で、「現役ドラフト」とも称される[2]

導入の経緯[編集]

これは、日本プロ野球選手会が、メジャーリーグ機構(MLB)がすでに導入している『ルール・ファイブ・ドラフト』を参考に、出場機会が少ない中堅選手の移籍活性化を狙いとし、導入を希望しているもの[3][4]。2018年7月に選手会の臨時大会において、その議論が交わされ[5]、2018年8月から選手会と日本野球機構の選手関係委員会との間で事務折衝を続け[5]、2019年3月に、選手会が日本野球機構との事務折衝で、この制度の導入を正式に提案した[4]。しかし、2019年中は実現することはなく[4]、2020年の導入を目指しているもの[6]。実際、1970年から1972年に選抜会議(トレード会議)が行われ、さらに、フリーエージェント制の代案としてセレクション会議が1990年3月30日に行われたものの、いずれも定着することができなかった経緯がある[5]

その後、2020年1月21日に、プロ野球実行委員会によって制度案を取りまとめ、2020年1月22日に、日本野球機構と選手会の間で現役ドラフトについての事務折衝が行われ、この中で、プロ野球実行委員会によって取りまとめた制度案が提示された[7]。選手関係委員会の委員長で阪神タイガース副社長兼球団本部長の谷本修は報道陣に対し、12球団の方針が大筋合意したことを明らかにした[7]。2020年2月中にはそれぞれの球団を巡回し、日本野球機構がまとめた案を持参し、選手側の意見を集め、もし、選手会が合意すれば、2020年3月5日のプロ野球実行委員会で2020年からの導入が決定される[7]

脚注[編集]

関連項目[編集]