ブログウォッチャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
株式会社ブログウォッチャー
Blogwatcher, Inc.
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 ブログウォッチャー
本社所在地 日本の旗 日本
103-0025
東京都中央区日本橋茅場町3-11-10 PMO日本橋茅場町4F
設立 2007年4月2日
業種 サービス業
法人番号 6010001108125
事業内容

・ユーザープロファイルを活用したライフログ活用事業

・サーチヒストリーを元にした行動分析およびWebサイト構築によるソリューション提供事業
代表者 酒田 理人
資本金 5000万円
純利益 1億1695万円(2019年03月31日時点)[1]
総資産 8億3498万7000円(2019年03月31日時点)[1]
主要株主 非公開
外部リンク https://www.blogwatcher.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社ブログウォッチャー (Blogwatcher Inc.) は、ソーシャルメディアのマーケティング活用やユーザーの行動履歴・ライフログの活用に特化したマーケティングソリューション企業である。

概要[編集]

元々は東京工業大学・奥村学研究室が、情報処理推進機構(IPA)の2003年度「未踏ソフトウェア創造事業」のプロジェクトの一つ「blogページの自動収集と監視に基づくテキストマイニング」にて開発していた技術がベース[2]。この技術は2006年にはYahoo! JAPANのブログ検索にも取り入れられている[3]

企業としてのブログウォッチャーは、上記の技術を基盤として、ドコイク?、スゴイ地図の開発に携わった羽野仁彦を中心に、2007年4月に設立された[4]。現在は独自技術を開発し、ソーシャルマーケティングサービス「SHOOTI(シューティ)」、ライフログマーケティングサービス「プロファイルパスポート」などのサービスブランドを持つ。

沿革[編集]

  • 2003年 - 開発開始
  • 2004年8月16日 - 奥村研究室が「blogWatcher」β版を公開
  • 2005年5月9日 - 「blogWatcher 2.0b」公開[5]
  • 2006年6月1日 - 「blogWatcher 3.0b」公開[6]
  • 2007年
    • 4月 - 株式会社ブログウォッチャー設立
    • 7月 - 体験談・口コミ検索サイト「SHOOTI(シューティ)」を開設
    • 10月 - 経済産業省情報大航海プロジェクトに参画 プロファイルパスポートエンジンの実証試験を開始
  • 2008年
    • 2月29日 - 奥村研究室による「blogWatcher」の公開が終了[7]
    • 3月 - 受動型ブックマークサービス「ザッピング」を開発
    • 5月 - 口コミサイト構築支援サービス「SHOOTI BUZZ サービス」を販売開始
    • 10月 - プロファイルパスポート事業の成果から、サイト内ユーザーの嗜好分析サービス「プロファイルパスポート コンシェル」を販売開始
  • 2009年
    • 4月 - 口コミ解析サービス「SHOOTI BUZZ REPORT」を月額4980円で販売開始
    • 7月 - SHOOTIBUZZ REPORT のAPIを提供開始
    • 10月 - ブログウォッチャー岩手監視選定センター開設
    • 12月 - ブロガーターゲティングサービス 「パーソナルターゲティング」を開発
  • 2010年
    • 1月 - ブログウォッチャー北海道開発センター開設
    • 8月 - サーチヒストリーを活用したロングテールソリューション「キーワードマッチ」を販売開始
    • 9月 - ブログウォッチャー北海道データセンター開設
    • 11月 - SHOOTI検索エンジンセンター開設
  • 2011年
    • 10月 - スマートフォン向けライフログ活用プラットフォーム「プロファイルパスポート」発表

脚注[編集]

[ヘルプ]