ブロックチェーンフォン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ブロックチェーンフォン(: Blockchainphone)は、ブロックチェーン技術を利用したスマートフォンまたは携帯電話の一種。

別称、略称として「ブロックチェーンスマートフォン」「ブロックチェーンスマホ」がある。

概要[編集]

種類として、スマートフォンとして携帯機器用OS (モバイルオペレーティングシステム)を備えているものから、独自の携帯機器用OS (モバイルオペレーティングシステム)を備えているもの、もしくはそのハイブリッドOSモデルが存在する。

2018年5月、世界で初めてブロックチェーン技術を搭載したスマートフォン「Exodus 1」がHTCより発表される。ブロックチェーンフォンとしては、仮想通貨(暗号資産)の管理を目的としたハードウェアウォレット機能を備えている。同様の仮想通貨暗号資産)を管理を目的としたブロックチェーンフォンは、2019年1月にSirin Labsより「FINNEY」が発売している。

2018年10月、ブロックチェーンOSを備え、ブロックチェーン通話、ブロックチェーンメールや、ブロックチェーンによるファイルストレージを始めとした、全機能がブロックチェーン技術で動作するタイプである、世界初のフルブロックチェーンフォン「XPhone」(コードネーム)がPundi X Labsから発表される。

分類[編集]

ウォレットタイプ[編集]

利便性と安全性を追求し、仮想通貨の資産管理や保護する為、携帯電話やスマートフォンに安全なウォレット機能を搭載しているタイプ。

  • HTC Exodus 1
  • Sirin Labs FINNEY
  • Samsung Galaxy S10シリーズ(S10e、S10、S10+、S10 G5 *国外モデル)
  • Samsung Galaxy Fold(予定)
  • Huobi Acute Angle

ユースタイプ[編集]

ブロックチェーン技術そのものを使用し、ブロックチェーンを利用したOSアプリケーションなどを実装しているタイプ。

  • Pundi X Labs Blok On Blok ; BOB (XPhone / FunctionX)

比較[編集]

HTC[編集]

HTCの「Exodus 1」は、Android搭載のスマートフォンであり、Zionという独自の仮想通貨ハードウェアウォレット機能を有しており、Zionは、OSの記憶領域とは切り離された「セキュアエンクレーブ」と呼ばれる記憶領域で仮想通貨の資産を管理できる。また、万が一の紛失などに備え、信頼できる家族、友人にアクセスの鍵を預託できる「ソーシャルキーリカバリー」という機能がある。

Sirin Labs[編集]

Sirin Labsの「FINNEY」では、2016年に発売した軍事レベルのサイバーセキュリティー技術を実装した「Solarin」の技術を応用し、資産管理部を物理的に切り離して保護している。独自OS「SIRIN OS」はAndroid 8.1がベースとなっている。また、資産管理を容易にするサブディスプレイの機構も備える。デバイスの製造は台湾・鴻海グループのFoxconn傘下のFIH Mobileが担当している。[1]

Samsung[編集]

2019年3月(日本では同年5月)発売のGalaxy S10シリーズにウォレット機能「Samsung Blockchain Wallet」を搭載。[2]「Blockchain Keystore」と言われる秘密鍵用のストレージ機能がある。また、2019年7月よりPundi X labs社のXWalletに対応した為、資産管理が相互に可能であり、Pundi Xペイメント機能も使用できる。[3][4]

Huobi[編集]

2019年9月5日、同社のHuobi Primeプロジェクトの一つとしてAcute Angleを中国より順次発売すると発表。Huobi PrimeとWhole Network(NODE)[5]との関連する利用になり、同機を利用すれば、Huobi Globalでのトークンの操作、及びトークン購入に優遇を受けられる機能がある。[6]

Pundi X Labs[編集]

Pundi X Labsは、独自OS「FunctionX」のOSを備えたコードネーム「XPhone」を開発。同機はAndroid9とのハイブリッドOSを採用しており、1秒程度でOSを切り替えることが可能になっている。また、従来のAndroidOSの機能も有しており、ブロックチェーンOSとの共存を実現している。「FunctionX」の最大の利点は、ブロックチェーン技術による分散化にある。これにより、管理通信局やサーバーなどを介さず、機種同士での暗号通話が可能。インフラの一部が完全に管理から切り離されている。

ストレージは、ウェブサーバーの様にも機能し、HTTPの代わりにFXTPというプロトコルを開発し実装している。ブロックチェーン上のIPFSを利用し、ウェブサーバーが不要なウェブサービスの実現を可能にしている。また、完全な分散型であり、同社を失ってもノードである機種が存在する限り通信通話が可能であるのも特徴。

2019年8月9日、正式に製品名を「Blok On Blok」通称「BOB」と発表。[7]

世界初のブロックチェーンフォン[編集]

ブロックチェーンフォンを世界で初めて伝えたのはHTCの「Exodus 1」になる。

その後、Pundi X Labsが2018年10月10日インドネシアバリで行われたXBlockchainにて「XPhone」(コードネーム)を発表し、同イベントにて、ブロックチェーンでの通話、メッセージ、ストレージ機能などを実際に実演し、世界初のブロックチェーン技術を使用した試みを成功させている。ブロックチェーン通話に電話番号は使用せずに発信を行う。ブロックチェーン技術を電話や通信に利用しているということから、電話として世界初のブロックチェーンフォン、または世界初のブロックチェーン通話が可能なブロックチェーンスマートフォンとメディアは報じている。[8][9][10][11][12][13][14]

関連ページ[編集]

引用[編集]

  1. ^ ブロックチェーン活用スマホ「FINNEY」、Foxconn傘下企業が製造へ” (日本語). CNET Japan (2018年4月6日). 2019年7月28日閲覧。
  2. ^ GalaxyMobile.jpのカスタマーセンターによれば、2019年8月時で日本国内キャリアのS10シリーズは、非対応とのこと。
  3. ^ SamsungのGalaxy S10上でPundi Xのウォレットが利用可能に” (日本語). CRYPTO TIMES (2019年8月1日). 2019年9月11日閲覧。
  4. ^ GalaxyS10の「Samsung Blockchain Wallet」、プンディエックスの「X Wallet」と統合へ” (jp). The Nodist. 2019年9月11日閲覧。
  5. ^ Huobi Prime: Whole Network Introduction” (英語). Help Center. 2019年9月11日閲覧。
  6. ^ Huobi Prime launches Whole Network (NODE) on September 11” (英語). Help Center. 2019年9月11日閲覧。
  7. ^ Nanna, Pundi X. Japan (2019年8月10日). “世界に向けての準備: 初のフルブロックチェーンフォン” (英語). Medium. 2019年9月11日閲覧。
  8. ^ De, Nikhilesh (2019年3月5日). “アンドロイドとブロックチェーンモードを行き来できる、プンディXの新型スマートフォン | CoinDesk Japan | コインデスク・ジャパン” (日本語). CoinDesk Japan. 2019年7月28日閲覧。
  9. ^ Jan 2019, Sascha Segan 8 (2019年1月7日). “Pundi X's Blockchain Phone Goes Beyond Crypto” (英語). PCMag Australia. 2019年7月28日閲覧。
  10. ^ MWCで見つけた安心&イケてるブロックチェーン・スマホ” (日本語). マイナビニュース (2019年3月1日). 2019年7月28日閲覧。
  11. ^ إطلاق أول هاتف محمول مبني على تقنية البلوكتشين .. اعرف التفاصيل” (アラビア語). عرب فوليو - اخبار البتكوين (2019年3月6日). 2019年7月28日閲覧。
  12. ^ Pundi XがXPhoneを発売、ブロックチェーンを使って世界最速の電話通話を達成|仮想通貨ニュースと速報-コイン東京(cointokyo)”. cointyo.jp. 2019年7月28日閲覧。
  13. ^ 携帯電話社の入らない「ブロックチェーン・スマホ」が登場”. ファイナンシャルニュースジャパン (2018年10月11日). 2019年7月28日閲覧。
  14. ^ Mbogo, Angeline (2019年7月19日). “Pundi X Unveils New Blockchain Phone ‘XPhone’ in Kigali” (英語). BitcoinAfrica.io. 2019年7月28日閲覧。