ブロックI (ソユーズロケット)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

ブロックIロシア語: блок «И»)とは、ソユーズロケットの3段目に使用されるロケット。

概要[編集]

1964年11月に打ち上げられたソユーズロケットの前身機であるヴォスホートロケットでは3段目としてモルニヤのために開発されたRD-0108エンジンを備えたブロックIが装備された。ヴォスホートは偵察衛星や有人宇宙飛行のために使用された。ヴォスホートから派生した"連帯"を意味するソユーズは1966年10月28日にRD-0110エンジンを搭載したブロックIを備えて打ち上げられ、同様に軽量化され、テレメトリが改良された[1]

3段目のブロックIは243.9秒間燃焼する。3段目の始動後間もなく、2段目の切り離しの後、およそ9.66秒後にブロックIから中間段が分離される。およそ打ち上げから4分58秒で3段目の飛行中にフェアリングが分離される[1]

2011年8月24日に打ち上げられたプログレスM-12M補給船はRD-0110エンジンの故障が原因で打ち上げに失敗した[2]

最新のソユーズ-2.1bソユーズ-2.1vで使用されるブロックIではRD-0124を搭載する[3]

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Soyuz 2-1A launches with Metop-B for Europe
  2. ^ Christian Lardier; Stefan Barensky (2013年3月). The Soyuz Launch Vehicle: The Two Lives of an Engineering Triumph. Springer Science & Business Media. pp. xiii-xv. 
  3. ^ Razgonny Block-I