ブロンズパロット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ブロンズパロットは、不二家の関連会社である不二家フードサービスが、かつて実験的に展開していたファミリーレストラン

概要[編集]

「不二家レストランの高級店」という位置づけで、通常店よりも高級なメニュー・価格設定だった。

ステーキの食べ放題があり、特に大学生などの若者に強くアピールしていた。

一方で、サブカルチャー等の領域においては一部に強い印象を残し、特に独特のウェイトレスの制服には根強い人気があった(制服は両店で相違があり、立川日野橋店の方がより人気を博し、同様に一部で制服に人気があるアンナミラーズと双璧を成していた)。

店舗[編集]

その後、立川日野橋店は2000年に、鶴見寺尾店は2006年にそれぞれ閉店し現存していない。
埼玉県戸田市にも短期間ながら店舗が存在していた。こちらも立川日野橋店のウェイトレス制服は採用されていない。

脚注[編集]

  1. ^ Bronze Parrot Shop紹介
[ヘルプ]

関連項目[編集]