ブロードウェイと銃弾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ブロードウェイと銃弾
Bullets Over Broadway
監督 ウディ・アレン
脚本 ウディ・アレン
ダグラス・マクグラス
製作 ロバート・グリーンハット英語版
製作総指揮 ロバート・グリーンハット
レッティ・アロンソン
J・E・ボーケア英語版
ジーン・ドゥーマニアン英語版
チャールズ・H・ジョフィ
ジャック・ロリンズ英語版
出演者 ジム・ブロードベント
ジョン・キューザック
ハーヴェイ・ファイアスタイン
チャズ・パルミンテリ
メアリー=ルイーズ・パーカー
ロブ・ライナー
ジェニファー・ティリー
トレイシー・ウルマン
ジョー・ヴィテレリ
ジャック・ウォーデン
ダイアン・ウィースト
撮影 カルロ・ディ・パルマ
編集 スーザン・E・モース英語版
配給 アメリカ合衆国の旗 ミラマックス
日本の旗 ヘラルド
公開 アメリカ合衆国の旗 1994年10月14日
日本の旗 1995年7月15日
上映時間 98分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $20,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $13,383,747[2]
テンプレートを表示

ブロードウェイと銃弾』(ブロードウェイとじゅうだん、Bullets Over Broadway)は1994年アメリカ合衆国クライムコメディ映画ウディ・アレンダグラス・マクグラスによる脚本で、ウディ・アレンが監督したが出演はしていない。グランドホテル方式の演出で、ジョン・キューザックダイアン・ウィーストチャズ・パルミンテリジェニファー・ティリーなどが出演した。

アカデミー賞においてアレンとマクグラスが脚本賞、アレンが監督賞、ティリーが助演女優賞、パルミンテリが助演男優賞にノミネートされ、ダイアン・ウィーストが助演女優賞を受賞した。ウィーストにとってアレン監督作品でアカデミー賞を受賞するのはこれで2回目となった。

2014年3月11日、ブロードウェイでミュージカル版『ブロードウェイと銃弾』のプレビュー公演が開始し、4月10日に正式に開幕した。

ストーリー[編集]

1928年、理想主義者の劇作家であるデビッド(ジョン・キューザック)は、やっと自分の戯曲『God of Our Fathers 』をブロードウェイの舞台にかけることに成功し張り切っている。しかし、出資者はマフィアの親玉ニックで、ろくに台詞もいえない自分の愛人オリーブ(ジェニファー・ティリー)を主演に据えろと要求したり、プライドの高い主演女優ヘレンは脚本を書き換えろと色仕掛けで要求し、オリーブのボディガードのチーチ(チャズ・パルミンテリ)は演出に口を挟んでくる。

最初は口出しをしないでくれと怒ったデビッドだが、チーチの言うことが正しいことに気づき、彼と共に脚本を書き直したおかげで舞台は成功する。一方、デビッドは恋人エレン(メアリー=ルイーズ・パーカー)に内緒で、アルコール依存症の主演女優ヘレン(ダイアン・ウィースト)の誘惑に負け、主演俳優で過食症のワーナー(ジム・ブロードベント)はオリーブと性的関係を持つ。オリーブに耐え切れなくなったチーチが「俺の芝居を台無しにした」と彼女を殺してしまい、そのことに気付いたニックはチーチの始末を部下に命じる。

本番中の舞台裏で撃たれたチーチは今際の際でデビッドに主人公に最後に言わせる台詞を伝える。チーチによる脚色で舞台は大成功を収めるが、それまで浮かれた状態にあったデビッドはようやく正気を取り戻し、エレンの元に戻る。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
デビッド・シェーン ジョン・キューザック 田中秀幸
ヘレン・シンクレア ダイアン・ウィースト 此島愛子
オリーブ・ニール ジェニファー・ティリー 安達忍
チーチ チャズ・パルミンテリ 大塚明夫
エレン メアリー=ルイーズ・パーカー 日野由利加
ジュリアン・マークス ジャック・ウォーデン 阪脩
ニック・ヴァレンテ ジョー・ヴィテレリ 渡部猛
シェルドン・フレンダー ロブ・ライナー 宝亀克寿
イーデン・ブレント トレイシー・ウルマン 沢田敏子
ワーナー・パーセル ジム・ブロードベント 川久保潔
シド・ルーミス ハーヴェイ・ファイアスタイン 加藤精三
ミッチ・サバイン ブライアン・マッコナッキー 福田信昭
リタ ステイシー・ネルキン英語版
ローナ イーディ・ファルコ
愛ある客 ベネイ・ヴェナッタ英語版
ヴァイオレット デビ・メイザー
リリー マウゴジャータ・ザヤンチュコウスカ英語版
ロッコ トニー・シリコ
アルド トニー・ダロウ英語版

※日本語吹替 - アスミック発売のDVD&VHSに収録

製作[編集]

映画の舞台はニューヨークマンハッタンテューダー・シティ・プレイス5番地の22階にあるメゾネットなどである[3]

1950年代のアレンの最初のテレビでの活動となるシド・シーザーによるテレビ番組『Caesar's Hour 』のスペシャル番組の長編寸劇に敬意を表し、この寸劇と同名の題名が付けられた。映画の最後のシーンにベネイ・ヴェナッタ英語版が登場する。アレンは彼女を好意的な裕福な客役にカメオ出演させた。映画公開から数か月後、彼女は肺癌により亡くなった。

ミュージカル化[編集]

アレンは本作をミュージカル化した。演出および振付は『プロデューサーズ』のスーザン・ストローマンが担当し、製作はレッティ・アロンソンとジュリアン・シュロスバーグの2人が指揮し、楽曲は新たに作曲するのではなく、1920年代と1930年代の曲集『Great American Songbook 』から選ばれた。[4][5][6]ウディ・アレン自らが『ブロードウェイと銃弾』を舞台用に脚色 し、 2013年6月から台本の読み合わせをはじめ[4]、2014年4月10日、ブロードウェイのセント・ジェームズ・シアターで開幕した[4][7]。デビッド・シェーン役をザック・ブラフ、ニック役をヴィンセント・パストーレが演じ、マリン・メイジーがヘレン・シンクレア役[8]、カレン・ジンバがエデン・ブレント役で出演し[9]、他にブルックス・アシュマンスカ、ベツィ・ウォルフが出演した[10][11][12]。音楽監督のグレン・ケリーが『Tain't Nobody's Bus'ness 』、『Running Wild 』、『Let's Misbehave 』、『I Found A New Baby 』などの曲に歌詞を追加した[7]。2014年8月24日、プレビュー33回、本公演156回上演後閉幕した[13]。 日本では、演出を福田雄一、デビッド役を浦井健治、チーチ役を城田優が演じ、日生劇場で2018年2月に初演を迎えた。

評価[編集]

『ブロードウェイと銃弾』は批評家から高評価を得た。レビュー・サイトのRotten Tomatoesでは97%の高評価で「素晴らしく面白い舞台裏コメディで『ブロードウェイと銃弾』はウディ・アレンの近年の脚本・監督作で最も鋭く最も印象的な作品」と評された[14]

ニューヨーク・タイムズ』紙のジャネット・メイスリンは「重大な問題を内に秘めながらも輝かしくエネルギッシュで抱腹絶倒のコメディでアレンがいつもそうであるようにまさにエッジの効いた笑劇』と記した[15]。『バラエティ』誌のトッド・マッカーシーは同様に「禁酒法時代のギャングのメロドラマと恋愛のもつれを描きつつ健全なシーンによりこの舞台裏コメディは活気づけられる」そして「ショービジネスとギャングはアレンの『ブロードウェイのダニー・ローズ』でも良い組み合わせでとても楽しませられる」と記した[16]。『シカゴ・サンタイムズ』のロジャー・イーバートは「『ブロードウェイと銃弾』はアレンのよりシリアスな映画『ウディ・アレンの重罪と軽罪』でもそうであったが、登場人物が殺人を犯してそして無罪になる可能性がある。表裏一体のコメディの側面を見せている。この映画はとても楽しく、そして理論がどこへ向かおうとも最高にすごい」と称賛した[17]

受賞歴[編集]

受賞[編集]

ノミネート[編集]

出典[編集]

  1. ^ Bullets Over Broadway (1994) - Financial Information” (英語). The Numbers. 2020年10月23日閲覧。
  2. ^ Bullets Over Broadway” (英語). Box Office Mojo. IMDb. 2012年11月29日閲覧。
  3. ^ Barbanel, Josh (2012年3月18日). “Selling a Tudor City Treasure” (英語). The Wall Street Journal. https://www.wsj.com/articles/SB10001424052702304692804577286003872833824 2020年10月23日閲覧。 
  4. ^ a b c Hetrick, Adam. “With Reading Underway, Woody Allen Musical Bullets Over Broadway Will Test Legs in Fall Lab” (英語). Playbill. オリジナルの2013年10月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131020051319/http://www.playbill.com/news/article/179080-With-Reading-Underway-Woody-Allen-Musical-Bullets-Over-Broadway-Will-Test-Legs-in-Fall-Lab 2013年9月19日閲覧。 
  5. ^ “ウッディ・ アレン監督「ブロードウェイと銃弾」がミュージカル化”. 映画.com. https://eiga.com/news/20120226/3/ 2013年9月19日閲覧。 
  6. ^ Rooney, David (2012年6月14日). “Susan Stroman to Shepherd Woody Allen's 'Bullets Over Broadway' to Stage” (英語). The Hollywood Reporter. https://www.hollywoodreporter.com/news/susan-stroman-shepherd-woody-allens-337857 2012年8月14日閲覧。 
  7. ^ a b Hetrick, Adam (2014年4月10日). “The Verdict: Critics Review Woody Allen Musical 'Bullets Over Broadway” (英語). Playbill. オリジナルの2014年6月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140623083150/http://www.playbill.com/news/article/189909-The-Verdict-Critics-Review-Woody-Allen-Musical-Bullets-Over-Broadway 2020年10月23日閲覧。 
  8. ^ Hetrick, Adam (2013年12月5日). “Marin Mazzie Lands Coveted Leading Role in Woody Allen Musical 'Bullets Over Broadway'” (英語). Playbill. オリジナルの2014年1月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140110131702/http://www.playbill.com/news/article/185162-Marin-Mazzie-Lands-Coveted-Leading-Role-in-Woody-Allen-Musical-Bullets-Over-Broadway?tsrc=hpt2 2020年10月23日閲覧。 
  9. ^ Hetrick, Adam. “Karen Ziemba Joins Woody Allen's 'Bullets Over Broadway'; Casting Now Complete”. Playbill. オリジナルの2014年1月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140110131700/http://www.playbill.com/news/article/186325-Karen-Ziemba-Joins-Woody-Allens-Bullets-Over-Broadway-Casting-Now-Complete?tsrc=hph 2020年10月23日閲覧。 
  10. ^ 「scrubs ~恋のお騒がせ病棟」のザック・ブラフ、ミュージカル舞台版『ブロードウェイと銃弾』の主演へ”. 2013年9月19日閲覧。
  11. ^ ザック・ブラフ、ミュージカル版「ブロードウェイと銃弾」に主演”. 2013年9月19日閲覧。
  12. ^ Hetrick, Adam (2013年6月27日). “Zach Braff, Brooks Ashmanskas, Betsy Wolfe, Vincent Pastore Set for 'Bullets Over Broadway', Opening in April 2014” (英語). Playbill. オリジナルの2013年9月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130905233933/http://www.playbill.com/news/article/179577-Zach-Braff-Brooks-Ashmanskas-Betsy-Wolfe-Vincent-Pastore-Set-for-Bullets-Over-Broadway-Opening-in-April-2014 2020年10月23日閲覧。 
  13. ^ Hetrick, Adam; Gans, Andrew (2014年8月24日). “Curtain Comes Down on Woody Allen Musical Bullets Over Broadway (英語). Playbill. オリジナルの2014年8月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140826114933/http://www.playbill.com/news/article/curtain-comes-down-on-woody-allen-musical-bullets-over-broadway 2020年10月23日閲覧。 
  14. ^ Bullets Over Broadway (1994)” (英語). Rotten Tomatoes. 2020年10月23日閲覧。
  15. ^ Maslin, Janet (1994年9月30日). “Film Festival Review; Allen's Ode to Theater and, as Always, New York” (英語). The New York Times. https://www.nytimes.com/movie/review?res=9D00EFDC1F3AF933A0575AC0A962958260 2015年9月20日閲覧。 
  16. ^ McCarthy, Todd (1994年9月6日). “Review: 'Bullets Over Broadway'” (英語). Variety. https://variety.com/1994/film/reviews/bullets-over-broadway-2-1200438721/ 2015年9月20日閲覧。 
  17. ^ Ebert, Roger (1994年10月28日). “Bullets Over Broadway” (英語). Chicago Sun-Times. https://www.rogerebert.com/reviews/bullets-over-broadway-1994 2015年9月20日閲覧。 
  18. ^ AFI's 100 Years 100 Laughs Nominees (PDF)” (英語). AFI. 2019年8月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月23日閲覧。
  19. ^ AFI's 10 Top 10 Ballot (PDF)” (英語). AFI. 2013年8月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月23日閲覧。