ブロードキャスト・サテライト・ディズニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ブロードキャスト・サテライト・ディズニー株式会社
Broadcast Satellite Disney Co., Ltd.
Toranomon Hills.JPG
ブロードキャスト・サテライト・ディズニーが
入居している虎ノ門ヒルズ森タワー
種類 株式会社
略称 BSディズニー
本社所在地 日本の旗 日本
105-6355
東京都港区虎ノ門1丁目23番1号
虎ノ門ヒルズ森タワー
北緯35度40分0.47秒 東経139度44分57.87秒 / 北緯35.6667972度 東経139.7494083度 / 35.6667972; 139.7494083座標: 北緯35度40分0.47秒 東経139度44分57.87秒 / 北緯35.6667972度 東経139.7494083度 / 35.6667972; 139.7494083
設立 2009年4月
業種 情報・通信業
法人番号 1010401081736
事業内容 放送法による衛星基幹放送事業
代表者 代表取締役社長 小林信一
資本金 1000万円
純利益 200万円(2019年09月30日時点)[1]
総資産 14億0100万円(2019年09月30日時点)[1]
決算期 9月30日
主要株主 ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 100%
テンプレートを表示

ブロードキャスト・サテライト・ディズニー株式会社は、ウォルト・ディズニー・カンパニーの日本法人・ウォルト・ディズニー・ジャパン傘下の衛星基幹放送事業者である。

概要[編集]

総務大臣諮問機関の電波監理審議会が2011年以降に割り当てが行われる特別衛星放送(BSデジタル放送。現・衛星基幹放送)で同社のHDTVSDTV各1番組の委託放送業務を認定するよう総務大臣へ答申、2010年10月19日、総務大臣より認定書が交付された。

2019年11月現在、2KサービスのBSデジタルテレビジョン放送を行っている放送事業者では唯一、サブサービス(付随サービス)のチャンネルの後にメインサービス(代表サービス)のチャンネルが並ぶ[2]

沿革[編集]

  • 2009年4月 - ブロードキャスト・サテライト・ディズニー株式会社設立。
  • 2010年
  • 2012年
    • 2月10日 - 総務省から東経110度CSデジタル放送6スロット(ディズニージュニア(仮称)、SD)が認定されることが発表された[5]
    • 3月1日 - 「ディズニー・チャンネル」がBSデジタルへ移行、「Dlife」は試験放送として告知を開始。
    • 3月17日 - 18:00(JST)「Dlife」開局。
    • 5月1日 - 日本民間放送連盟加盟。民放連準会員。
    • 10月1日 - 15:00(JST)「ディズニージュニア」開局。
  • 2017年
  • 2019年
    • 9月9日 - 電波監理審議会にてディズニー・チャンネルへの12スロット(HD)割り当てが適当との答申を受ける[6]。法的手続き上は、放送中の6スロットを返上したうえで新たに12スロットを割り当てる。
  • 2020年
    • 3月31日 - 同日24時00分をもって、Dlifeの放送を終了。それに伴い、同チャンネルに総務省から割り当てられていた16スロットも返上。また、同時にディズニー・チャンネルがメインサービスに昇格(正確には単営化)。民放連への加盟は継続する[7]

放送チャンネル[編集]

  • 太字HDTV
  • それ以外は16:9のSDTV
  • BSデジタル放送の論理チャンネル枠番号[8]は「25」(テレビ:Ch.BS25*)[9]

現在[編集]

BSデジタル放送
  • Ch.BS256 ディズニー・チャンネル(番組供給事業者:ウォルト・ディズニー・ジャパン) - BS-7ch、6スロット、16:9SD放送、リモコンキーID拡張「22」
    有料放送。プラットフォームはスカパー!(旧・スカパー!e2)。2012年3月1日、ウォルト・ディズニー・ジャパンが2004年よりTBS系列のC-TBSへ行なっていたスカパー!に係る本チャンネルの供給先を、子会社である当社へ変更する事によって開始。

過去[編集]

東経110度CS放送
  • Ch.339 ディズニージュニア(番組供給事業者:ウォルト・ディズニー・ジャパン) - CS1-ND8ch、6スロット → CS1-ND2ch 12スロット
    有料放送。プラットホームはスカパー!(旧・スカパー!e2)。未就学児童とその保護者を主な対象にしたキッズチャンネル。2012年10月1日15:00(JST)に開局した。
    2017年9月15日、テレビ朝日系列のシーエス・ワンテンに基幹放送事業を譲渡し[10]、同チャンネル(2018年8月28日よりハイビジョン放送)にて放送中。
BSデジタル放送
  • Ch.BS258 Dlife直営放送) - BS-23ch、16スロット、リモコンキーID拡張「23」
    無料放送。プラットフォーム非依存で放送を行う。2012年3月17日 18:00(JST)開局。2020年3月31日24:00(JST)終了。

脚注[編集]

  1. ^ a b ブロードキャスト・サテライト・ディズニー株式会社 第11期決算公告
  2. ^ 2KのBSデジタルテレビジョン放送において、サブサービスのチャンネルの後にメインサービスのチャンネルが並んでいたのは他には旧NHK-BSのみ(101102103・104・105)。
  3. ^ 特別衛星放送に係る委託放送業務の認定申請受付結果(別紙)
  4. ^ 2009年3月にも特別衛星放送に係る委託放送業務の認定申請を行ったが、申請は拒否されている[1]
  5. ^ 東経110度CS放送に係る衛星基幹放送の業務の認定(別紙1)
  6. ^ 吉本興業グループのチャンネルなどがBSに新規参入へ、総務省が認定先を発表
  7. ^ 民間放送 4月8日号”. 日本民間放送連盟(2020年4月8日作成). p. 3. 2020年4月26日閲覧。
  8. ^ 1事業者に1つずつ割り当てられた枠の番号で、「0」から「39」まである。論理チャンネルの上2桁が、テレビ放送は「枠番号」、ラジオ放送は「枠番号+30」、データ放送は「枠番号+60」となる。ただし、枠番号「30」以降はデータ放送(Ch.90* - Ch.99*)のみ。
  9. ^ この番号は釣りビジョンWOWOWプラス日本映画放送と重複するが、実際に使用されているチャンネルは下1桁が全て異なるため、3桁番号の重複(枝番)は発生しない。
  10. ^ 吸収分割の効力発生に関するお知らせ”. 株式会社シーエス・ワンテン. 2019年3月13日閲覧。