Strategy&

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ストラテジーアンド
Strategy&
Sa-t-strategyand-logo-2x 360x110.gif
種類 パートナーシップ
本社所在地 アメリカ
ニューヨーク
業種 コンサルティング
事業内容 経営戦略コンサルティングサービス
代表者 Joachim Rotering
従業員数 3,000名(グローバル)
外部リンク Strategy&(日本) (日本語)
Strategy& (米国) (英語)
テンプレートを表示

Strategy&(ストラテジーアンド)は、世界的な経営戦略コンサルティング会社である。 2014年4月4日にプライスウォーターハウスクーパース(PwC)との統合により社名を変更するまでの名称は「ブーズ・アンド・カンパニー」。

世界各国における民間セクター・公共セクターの双方に対してサービスを提供しており、「プロダクト・ライフ・サイクル(製品ライフサイクル)」や「サプライチェーン・マネジメント」などのコンセプトを生んだことでも知られる。2014年4月、PwCはブーズ・アンド・カンパニーとのグローバルな統合手続きを完了したことを発表し、ブーズ・アンド・カンパニーはその名称を「Strategy&」に変更し、世界157か国に756拠点、20万人以上のスタッフを擁するPwCネットワークの一員となった。

概要[編集]

1914年に米国でエドウィン・ブーズにより創業、「経営コンサルティング」という専門職を初めて提唱し、後に社名をブーズ・アレン・ハミルトンとする。2008年に、米国政府に対してコンサルティングを行うブーズ・アレン・ハミルトンから独立して民間企業および米国以外の政府公共機関に対するコンサルティング業務を行うブーズ・アンド・カンパニーとして発足。創立100周年を迎えた2014年4月、ブーズ・アンド・カンパニーはグローバルにPwC ネットワークに加わり、その名称を「Strategy&」に変更した。 世界57か国にオフィスがあり、世界トップ100企業のうち70社、米国トップ500企業のうち400社がクライアントである。エネルギー、ヘルスケア、金融サービス、化学、情報通信、自動車、航空、メディア、ハイテク、消費財など幅広い業界に向けサービスを提供しており、ブーズ・アンド・カンパニーが手がけた主要なプロジェクトとしては、ハリウッド映画への契約システム導入、ナショナル・フットボール・リーグ(NFL)とアメリカン・フットボール・リーグ(AFL)の合併、クライスラーの倒産危機の救済などがある。

日本法人[編集]

日本法人は1983年、ブーズ・アレン・ハミルトンの東京事務所が開設され、2003年にはジェミニ・コンサルティング・ジャパンとの経営統合がなされた。2008年米国政府向け部門分離に伴い、日本法人がブーズ・アンド・カンパニー株式会社に社名変更。 2014年4月、PwCとのグローバルな統合に伴い、日本においては「プライスウォーターハウスクーパース・ストラテジー株式会社」に社名変更を行い、ブランド名をStrategy&に変更している。

2015年7月より旧プライスウォーターハウスクーパースのストラテジー部門と旧PwC PRTMマネジメントコンサルタンツジャパンもStrategy&に加わり、2016年2月29日にはPwC Japanのコンサルティング部門を集結させたPwCコンサルティングが設立され、Strategy&はその中でストラテジーコンサルティングを担うチームとなった。

クライアントは自動車・産業機械、医薬・医療、エネルギー・化学、メディア、情報通信・ハイテク、金融サービス、消費財など多岐に渡る。会社所在地は、東京都千代田区の、丸の内パークビルディング 21階である。

沿革[編集]

  • 1914年 エドウィン・ブーズがシカゴにて事務所を設立し、コンサルティングという職業の先駆けとなる
  • 1976年 PRTMがシリコンバレーにて事務所を開設
  • 1998年 プライス・ウォーターハウスとクーパース・アンド・ライブランドが合併し、プライスウォーターハウスクーパース(PwC)を組成
  • 2011年 PRTMがPwCのメンバーファームとなる
  • 2014年 ブーズ・アンド・カンパニーが100周年を迎え、グローバルにPwCネットワークの傘下となり、ブランド名をStrategy&に変更
  • 2015年 日本においてプライスウォーターハウスクーパースのストラテジー部門とPwC PRTMがStrategy&に加わる
  • 2016年 日本においてPwCコンサルティングが設立され、Strategy&はそのストラテジーコンサルティングチームとなる

競合[編集]

戦略系コンサルティング会社の競合として、マッキンゼー・アンド・カンパニーボストン・コンサルティング・グループベイン・アンド・カンパニーA.T.カーニーアーサー・D・リトルローランド・ベルガーL.E.K.コンサルティング等がある。

主な出身者[編集]

  • 相澤利彦 – am/pmジャパン 前社長
  • 足立光日本マクドナルド株式会社 上席執行役員 マーケティング本部長
  • 伊佐治岳生 – 株式会社ザクティ 代表取締役会長
  • 井上耕平 – ハルメク・ベンチャーズ株式会社 代表取締役社長COO
  • 市川奈緒子 – 株式会社産業革新機構 マネージングディレクター
  • 岩田松雄 – スターバックスコーヒージャパン 前代表取締役社長
  • 岩村水樹 - グーグル株式会社 執行役員
  • 上田谷真一 - 株式会社バーニーズ・ジャパン株式会社 前代表取締役社長
  • 内田亮 - ベルシステム24 前社長
  • 宇都宮崇人 – 株式会社ポケモン 取締役 常務執行役員
  • 小川康 – インテグラート株式会社 代表取締役社長
  • 小川由理郎 – ベインキャピタル・ジャパン Executive Vice President
  • 小野敦史 – トランスコスモス株式会社 上席常務執行役員
  • 紣川謙 – アマゾン ジャパン合同会社 バイスプレジデント プライム統括事業本部長
  • 加藤征一郎 – 株式会社マーベラス 取締役執行役員CFO 管理統括本部長
  • 鹿子木光 – G-Star International K.K マネージングディレクタージャパン
  • 川上潤 – GEヘルスケア・ジャパン株式会社 代表取締役社長兼CEO
  • 木﨑重雄 – オリオン電機株式会社 代表取締役社長
  • 木村真輔 - SBIアクサ生命保険株式会社 前代表取締役社長
  • 郡信一郎 – Dell Inc.(米国) 日本アジア太平洋地域担当副社長
  • 小松崎行彦 -株式会社ファミリーマート 取締役 常務執行役員
  • 佐々木経世 – イーソリューションズ株式会社 代表取締役社長
  • 佐々木太郎 – 株式会社Hacobu 代表取締役社長
  • 田中大貴 – 株式会社Doughnut Plant Tokyo  前代表取締役社長
  • 谷本肇 - リアルコム株式会社  前代表取締役
  • 田村篤司 – 楽天リサーチ株式会社 代表取締役社長
  • 寺澤直樹 – 株式会社ミキモト 前副社長
  • 西浦裕二三井住友トラストクラブ株式会社 代表取締役会長
  • パスカル・マルタン - アディダスジャパン 前代表取締役
  • 日高幹夫 – ウォルト・ディズニー・ ジャパン株式会社 Vice President, Finance & Planning
  • 藤井清孝 - ベタープレイス・ジャパン株式会社 前代表取締役社長
  • 宮坂彰一 – UNIQLO Australia  CEO
  • 村沢義久東京大学サスティナビリティ連携研究機構 前特任教授
  • 安田結子 – ラッセル・レイノルズ・アソシエイツ・ジャパン・インク マネージング・ディレクター
  • 吉田健一ソフトバンクロボティクス株式会社  本部長
  • 吉田浩 – DSM Japan Engineering Plastics 代表取締役 副社長 (Managing Director)
  • ランドバーグ史枝グーグル株式会社  Head of Partner Operations, APAC

脚注[編集]