ブ州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
本来の表記は「婺州」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
中国地名の変遷
建置 589年
使用状況 婺州
三国東陽郡
西晋東陽郡
東晋十六国東陽郡
南北朝東陽郡
縉州
婺州
東陽郡
婺州
東陽郡
婺州
五代婺州
北宋/婺州
南宋/婺州
婺州路
寧越府
金華府
金華府
金華府
中華民国金華道
現代第八行政区
金華専区
金華地区
金華市

婺州(ぶしゅう)は、中国にかつて存在した隋代から初にかけて、現在の浙江省金華市一帯に設置された。

隋代[編集]

589年開皇9年)、隋が南朝陳を滅ぼすと、東陽郡が廃止されて婺州が置かれた。607年大業3年)に州が廃止されて郡が置かれると、婺州は東陽郡と改称され、下部に4県を管轄した[1]。隋代の行政区分に関しては下表を参照。

隋代の行政区画変遷
区分 開皇元年 区分 大業3年
東揚州 東陽郡
東陽郡 金華県 永康県
烏傷県 信安県
長山県 太末県 建徳県 豊安県
永康県 烏傷県 信安県 定陽県

唐代[編集]

621年武徳4年)、唐が李子通を平定すると、東陽郡は婺州と改められた。742年天宝元年)、婺州は東陽郡と改称された。758年乾元元年)、東陽郡は婺州の称にもどされた。婺州は江南東道に属し、金華・東陽義烏・永康・武成浦陽蘭渓の7県を管轄した[2]

宋代[編集]

のとき、婺州は両浙路に属し、金華・東陽・義烏・永康・武義浦江・蘭渓の7県を管轄した[3]

元代[編集]

1276年至元13年)、元朝により婺州は婺州路と改められた。婺州路は江浙等処行中書省に属し、録事司と金華・東陽・義烏・永康・武義・浦江の6県と蘭渓州を管轄した[4]1358年朱元璋により婺州路は寧越府と改められた。1360年、寧越府は金華府と改称された[5]

脚注[編集]

  1. ^ 隋書』地理志下
  2. ^ 旧唐書』地理志三
  3. ^ 宋史』地理志四
  4. ^ 元史』地理志五
  5. ^ 明史』地理志五