プティア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
古代テッサリアの地図

プティーアΦθία / Phthíaあるいは プティエーΦθίη / Phthíē) は、古代ギリシャテッサリアの最南部。プティオーティスΦθιῶτις / Phthiôtis)とも呼ばれる。

マリア湾とパガサイ湾とにはさまれ、オトリュス山 (Mount Othrysの麓に位置する。

ミュルミドーン人の故地とされ、『イーリアス』の主人公でトロイア戦争の英雄アキレウスの故郷でもある。

神話[編集]

ギリシア神話では、アイアコスゼウスアイギーナの子)によって建設された。アイアコスの子がプティア王ペーレウスであり、ペーレウスとテティスの子がアキレウスである。ミュルミドーン人はアイアコスの祈りによって生まれた氏族とされ、アキレウスに率いられてトロイア戦争で活躍した。

別の神話では、デウカリオーン(プロメテーウスとプロノイエの子)がプティア王であったと記述がある。

関連項目[編集]