プライベートリーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 プライベートリーグとは、日本アメリカンフットボールのリーグの種類の一つ。日本アメリカンフットボール協会旗下組織によるXリーグや学生リーグと異なり、同好会やプライベートチームを主体とする。学生のみのリーグや社会人と学生の混成リーグなど、様々なチーム・リーグが10リーグ以上存在する。

日本プライベートフットボール協会[編集]

日本プライベートフットボール協会
Japan Private Football Federation
略称 JPFF
格付 任意団体
設立日 1978年
活動地域 日本全国
主な事業 アメリカンフットボールの競技活動、啓蒙活動、広報活動、普及活動
郵便番号 253-0054
事務所 神奈川県茅ヶ崎市東海岸南6-3-22 茅ヶ崎東海岸ハイツ211
外部リンク http://www.jpff.com/
テンプレートを表示

 プライベートリーグでは最も多くのチームが参加しており、東日本支部と西日本支部に分かれている。
1978年、東日本と西日本を中心に東西9団体により日本プライベートフットボール協会が設立され、プライベートリーグが結成される。その後、関西の学生が中心としたリーグは地域的な問題等により解散(現在は関西のリーグに参加)し、関東地区の社会人団体6団体により活動を継続。1988年に関西地区のプライベート団体の西日本プライベートフットボール連盟選抜を招待し、記念交流戦を実施、現在のオーシャンボウルにつながっていった。1993年に統一の意思確認が東西に於いて行われ、1994年に東西56チーム、2000名の会員を有する全国組織として新たにスタートした。

  • 東日本支部は、川崎グリズリーズ[1]浦和ウラワ―ズ、ブランディングス、立川ファルコンズ、横浜タイタンズ、東海シーガルズ、ワイルドギース、所沢アウトローズ、鎌倉ラザロ、甲府ユリシーズ、群馬スタリオンズ、栃木マダガスカルズの、全12チームが加盟している。関東の社会人のチームが参加[2]。春にオープン戦、秋にリーグ戦が行われ、上位チームによるプレーオフの後、東日本選手権優勝チームがオーシャンボウルに出場する。
  • 西日本支部は16チームが加盟しており、近畿地区9チーム、信越地区2チーム、東海地区2チーム、北陸地区3チームに分かれている。近畿地区は、京都府、(滋賀県のチームも含む)大阪府兵庫県奈良県のチームも含む。)に分かれてリーグ戦を行う。関大クエーサーズ、近大ザルトリウスなど学生のみのチームも存在する。中日本地区は東海社会人リーグとして、信越地区は信越社会人リーグとして参加しており、春季5月にはリーグ一位同士でシグマボウルを開催している。
  • 2017年より北陸社会人連盟の3チームが新たに中日本地区所属となった。大阪、京都、信越、東海、北陸の代表チームでプレーオフを行い、西日本選手権優勝チームがオーシャンボウルに出場する。

Xリーグとの違い[編集]

 Xリーグとの一番の違いは、Xリーグの選手は社会人のみなのに対し、JPFFは高校生、大学生も参加出来るという事である。全国各地にはアメフト部がない高校、大学(特に高校)が多く、アメフトがしたくても出来ない者のために門戸を広げ、普及活動に勤めている。競技レベルは環境が各リーグ、各チームで異なる為、単純に比較することは出来ない。JPFFのチームは公式戦で対戦するJPFFの各チームの他に、Xリーグ、大学の体育会などとも試合を行うことが多い。例えば、アメフト滋賀県民体育大会ではJPFFの滋賀県のチームとXリーグの滋賀県のチームが交流戦を行っている他、筑波大学医学部のサークルチームが筑波大学体育会の1年生中心のチームとも対戦しており、大学の体育会とサークルが対戦する珍しい交流戦が行われている(同志社でも過去に体育会とサークルが対戦したという記録がある。)。ただし、JPFF東日本とUFLのチームが対戦する事はほとんどない。

オーシャンボウル[編集]

 正式な大会名称は、第○○回プライベートフットボール全日本選手権大会、○○年度全日本王座決定戦。1994年シーズンから開催され、2017年度で24回目を迎える。過去の通算成績は関東の13勝9敗2中止(第7回大会、第20回大会)。直近の2017年度は浦和ウラワーズがJPFF史上初の複数回連覇、並びに4度目の優勝を遂げた。

過去の対戦結果は以下の通り。

【対戦結果一覧】

  • 第1回大会 横田レイダース(東日本代表)18-9リンゴスターズ(西日本代表) @横浜スタジアム
  • 第2回大会 立川ファルコンズ(東日本代表)33-6リンゴスターズ(西日本代表) @横浜スタジアム
  • 第3回大会 立川ファルコンズ(東日本代表)41-0大阪チェックメイト(西日本代表) @横浜スタジアム
  • 第4回大会 立川ファルコンズ(東日本代表)6-13京都サウスベアーズ・FC(西日本代表) @川崎球場
  • 第5回大会 立川ファルコンズ(東日本代表)26-13アグレッサーズ(西日本代表) @長居球技場
  • 第6回大会 フジTV・スティーラーズ(東日本代表)7-10京都サウスベアーズ・FC(西日本代表) @長居球技場
  • 第7回大会 川崎グリズリーズ(東日本代表)降雪の為中止京都サウスベアーズ・FC(西日本代表) @横浜スタジアム
  • 第8回大会 フジTV・スティーラーズ(東日本代表)19-13京都サウスベアーズ・FC(西日本代表) @横浜スタジアム
  • 第9回大会 川崎グリズリーズ(東日本代表)7-13リバーサイドジョーカーズ(西日本代表) @大井第2球技場
  • 第10回大会 川崎グリズリーズ(東日本代表)12-0バイソンズ(西日本代表) @長居球技場
  • 第11回大会 川崎グリズリーズ(東日本代表)12-9リバーサイドジョーカーズ(西日本代表) @横浜スタジアム
  • 第12回大会 川崎グリズリーズ(東日本代表)6-12リバーサイドジョーカーズ(西日本代表) @横浜スタジアム
  • 第13回大会 川崎グリズリーズ(東日本代表)14-3ブートレッグス(西日本代表) @横浜スタジアム
  • 第14回大会 ワイルドギース(東日本代表)31-21リバーサイドジョーカーズ(西日本代表) @横浜スタジアム
  • 第15回大会 川崎グリズリーズ(東日本代表)7-38ブートレッグス(西日本代表) @長居球技場
  • 第16回大会 鎌倉ラザロ(東日本代表)6-10ブートレッグス(西日本代表) @横浜スタジアム
  • 第17回大会 川崎グリズリーズ(東日本代表)7-20リバーサイドジョーカーズ(西日本代表) @川崎球場
  • 第18回大会 浦和ウラワーズ(東日本代表)9-31ブートレッグス(西日本代表) @川崎球場
  • 第19回大会 浦和ウラワーズ(東日本代表)20-0アグレッサーズ(西日本代表) @エキスポフラッシュフィールド
  • 第20回大会 浦和ウラワーズ(東日本代表)降雪の為中止長野ブルーパーズ(西日本代表) @横浜スタジアム
  • 第21回大会 浦和ウラワーズ(東日本代表)14-0ブートレッグス(西日本代表) @横浜スタジアム
  • 第22回大会 立川ファルコンズ(東日本代表)6-28長野ブルーパーズ(西日本代表) @エキスポフラッシュフィールド
  • 第23回大会 浦和ウラワーズ(東日本代表)17-0長野ブルーパーズ(西日本代表) @遠州灘海浜公園球技場
  • 第24回大会 浦和ウラワーズ(東日本代表)26-0ブートレッグス(西日本代表) @富士通スタジアム川崎

【主な大会記録】

  • 最多優勝記録:浦和ウラワ―ズ(4回)、立川ファルコンズ、川崎グリズリーズ、リバーサイドジョーカーズ、ブートレッグス(3回)
  • 連続優勝記録:立川ファルコンズ(2、3回)、川崎グリズリーズ(10、11回)、ブートレッグス(15、16回)、浦和ウラワーズ(19、21回※中止を間に挟む)、(23、24回)
  • 最多出場記録:川崎グリズリーズ(8回※1中止含む)
  • 連続出場記録:川崎グリズリーズ(5回)、立川ファルコンズ(4回)、浦和ウラワーズ(4回※1中止含む)
  • 最多得点差記録:立川ファルコンズ(41点)
  • 主な開催会場と回数:横浜スタジアム(12回)、長居球技場(4回)、川崎球場(5回)

関東学生フットボールクラブ連盟[編集]

関東学生フットボールクラブ連盟
Kanto Colegiate Football-club Federation
略称 KCFF
格付 任意団体
設立日 1980年2月
代表者 大濱壮太郎
活動地域 東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・静岡県・茨城県
外部リンク http://kcff-online.com/
テンプレートを表示

関東の大学のサークル・体育会など20チームが参加している。[3]
1980年にフロンティアリーグ・リバティリーグ・パイオニアリーグ・日本大学学部別リーグの4リーグを集結し「関東学生プライベートフットボール連盟」を設立、1994年に「関東学生フットボールクラブ連盟」へ名称変更。
パイオニアリーグ、フロンティアとリバティのDiv.1部が存在し、秋季に各リーグ毎1回総当りで対戦する。各Div.1部の上位2チーム・計4チームは12月に行われる関東学生フットボールクラブ選手権(KCFF関東選手権)に出場、総合優勝を争う。(かつてはリバティリーグ、フロンティアリーグ、パイオニアリーグ、日大リーグの4部に分かれ、各リーグの1位がKCFF関東選手権に進出していたが、2013年度よりリーグ再編が行われた)
また5月には早稲田大学慶應義塾大学のサークルチームが対戦する早慶ボウルが川崎球場で行われる。

2017年シーズンのブロック編成[編集]

過去所属していたチーム[編集]

関東学生フットボールクラブ選手権(KCFF関東選手権)の主な記録[編集]

優勝数[編集]

10回 早稲田大学レブルス(1994-98,2000,2002,2005,2009,2014)
9回 慶應義塾大学ダックス(1985,1989,1992-93,2006-07,2011-12,2016)
3回 東京大学バイキングス(1980,2001,2004) 日本大学理工学部サイテック(1986,1988,2003) 日本大学文理学部ローンスターズ(1987,1990-91)
2回 日本大学生産工学部アグレッサー(1983-84) 明治大学ロードランナーズ(2010,2017)
1回 東洋大学グリフィンズ(2015) 東京理科大学ラスカルズ(2008) 慶應義塾大学バイソン(1999) 日本大学経済学部キャバリアーズ(1982) 東邦大学レッドレイダース(1981)

その他全国に存在するリーグ[編集]

  • NLL:北海道ノースランドリーグ
    北海道社会人連盟が主催。北海道の4チームが加盟している。札幌ベンガルズが2003年より10連覇していたが、2014年に王座を失って以来混戦が続く。リーグ制覇チームは、東北社会人フットボールリーグの優勝チームと、北海道・東北社会人アメリカンフットボール王座決定戦(2012年より「絆ボウル」と命名)が行われる。
  • 東北社会人フットボールリーグ 東北社会人連盟が主催。 秋田県岩手県宮城県福島県の5チームが加盟している。人数の足りない東北学生連盟のチームが合同チームを組み、参加したこともある。リーグ制覇チームは、北海道ノースランドリーグの優勝チームと、北海道・東北社会人アメリカンフットボール王座決定戦(2012年より「絆ボウル」と命名)が行われる。
  • 北陸社会人アメリカンフットボールリーグ 富山県石川県福井県に1チームずつあり、Xリーグジュニアトーナメントに参加するチームもある。7月にはボウルゲーム(ジャパンシーボウル→百万石ボウルに改称)が行われ、秋季リーグの優勝チームが学生、社会人の各地の強豪を迎え、石川県の各所(2005年こまつドーム)で試合を行う。アサヒ飲料チャレンジャーズが参加したこともある。2017年よりJPFF中日本地区に加盟した。
  • CSFL:中四国社会人アメリカンフットボールリーグ 中四国社会人連盟が主催。広島県愛媛県徳島県の4チームが加盟している。春にトーナメント戦を、秋にリーグ戦を行う。
  • KSFL:九州社会人アメリカンフットボールリーグ 九州社会人連盟が主催。 福岡県熊本県鹿児島県の5チームが加盟している。秋に九州各地でリーグ戦を行う。
  • 青森県リーグ 青森県内の4チームが加盟していた。強豪の弘前サージェントが東北社会人フットボールリーグに参加し、現在は活動をしていない。現東北学生連盟の弘前大学が参加していたこともある。
  • NCFL:北関東クラブチームフットボールリーグ 茨城県栃木県の4チームが加盟していた。9月~12月にリーグ戦を開催していたが、群馬スタリオンズ、栃木マダガスカルズのJPFF加盟、水戸セイバーズのUFL加盟により、実質的に活動を休止中である。
  • UFL:アーバンフットボールリーグ 1991年結成。7チームが加盟している[4]。春、秋にリーグ戦が行われている。12月に江戸川区陸上競技場にて行われるアーバンボウルは多くの観客を集めて行われる。
  • 静岡オレンジリーグ 静岡県山梨県)の3チームが加盟していた。静岡ファルコンズのJPFF加盟、各チームの人員不足により、実質的に活動を休止中である。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 過去の戦績 日本プライベートフットボール協会
  2. ^ 所属チーム一覧
  3. ^ [1] KCFF
  4. ^ 参加チーム 江戸川区アメリカンフットボール連盟
リーグ