プライマル (曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
プライマル
Primal
ORIGINAL LOVEシングル
初出アルバム『Desire』
B面 Your Song
リリース
規格 8cmCDシングル
ジャンル ロックバラード
ソウルミュージック
ポップス
レーベル ポニーキャニオン
作詞・作曲 田島貴男
プロデュース 田島貴男
チャート最高順位
  • 週間5位(オリコン
  • 1996年度年間60位(オリコン)
ORIGINAL LOVE シングル 年表
夢を見る人
1995年
プライマル
1996年
Words of Love
(1996年)
テンプレートを表示

プライマル」は、1996年2月5日に発売されたORIGINAL LOVE通算8作目のシングル(SCD:PCDA-00817)

解説[編集]

「プライマル」は読売テレビ日本テレビ系ドラマ『オンリー・ユー〜愛されて〜』主題歌として制作された。この曲は後にアルバム『Desire』[1]にアルバム・ミックスで収録されたが、そこではテイク自体は同じながら別ミックスで、イントロにコーラスが追加された一方でストリングスやアコースティックギターなど一部楽器がカットされリバーブも薄くなるなど音数が減らされている。シングル・ミックスは後に『変身』[2]と『THE BEST SELECTIONS OF ORIGINAL LOVE[3]、2枚のベスト・アルバムにも収録された。

田島貴男のソロ・ユニットになってからリリースされた最初の楽曲。この曲は1995年冬のツアー[4]で新曲として披露されていた。また、塩谷哲プロデュースのコンサート[5]に田島がゲスト出演した時、柴田淳の要望でこの曲をデュエットした。

プロモーション・ヴィデオは東京の渋谷および、八丁堀築地周辺で撮影された。

サビ直前のエレキシタールのフレーズについて、コンピレーション・アルバム『FREE SOUL EYES』[6]収載の“Free Talk About Free Soul”にて二見裕志がラモン・ドジャー<Why Can't We Be Lovers>[7]のイントロからの引用を指摘している。

「Your Song」はアルバム『RAINBOW RACE[8]からのシングルカット曲で、アルバム収録曲と同内容。

ジャケット裏面には、「プライマル」1番の英訳詞が赤いイタリック体で掲載されている。

収録曲[編集]

  1. プライマル Primal
    作詞・作曲・編曲:田島貴男、STRINGS ARRANGEMENT:国吉良一
    読売テレビ・日本テレビ系連続ドラマ『オンリー・ユー〜愛されて〜』主題歌
  2. Your Song
    作詞・作曲:田島貴男、編曲:ORIGINAL LOVE
  3. プライマル (オリジナル・カラオケ)

スタッフ/スタジオ[編集]

  • Produced by Takao Tajima

カヴァー[編集]

プライマル Primal[編集]

アーティスト 収録作品(初出のみ) 発売日 生産番号
Patwah feat. Akiko Morishita LOVERS COVERS J-POP 2 2008年7月16日 CD:PCCA-02713
つるの剛士 つるのうた 2009年4月22日 CD+DVD:PCCA-02896
CD:PCCA-2897

脚注[編集]

  1. ^ 1996年7月19日発売 PONY CANYON CD:PCCA-00986
  2. ^ 1999年3月17日発売 PONY CANYON CD:PCCA-01288
  3. ^ 2010年5月19日発売 Knife Edge ⁄ PONY CANYON CD:PCCA-03164
  4. ^ “ORIGINAL LOVE WINTER TOUR 1995” (1995年11月4日 - 12月30日、全国16会場21公演)
  5. ^ “SALTISH NIGHT vol.XII” (2008年12月23日 中野サンプラザホール)
  6. ^ 1996年7月25日発売 P-VINE CD:PCD-4977
  7. ^ 「Why Can't We Be Lovers b/w Don't Leave Me」 (Holland-Dozier : Released in 1972 Invictus EP:9125)
  8. ^ 1995年5月17日発売 source ⁄ PONY CANYON CD:PCCA-00741