プラウドタワー武蔵浦和マークス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
プラウドタワー武蔵浦和マークス
武蔵浦和駅西口デッキより
武蔵浦和駅西口デッキより
施設情報
所在地 埼玉県さいたま市南区別所7丁目21−1
座標 北緯35度50分45秒 東経139度38分43.3秒 / 北緯35.84583度 東経139.645361度 / 35.84583; 139.645361座標: 北緯35度50分45秒 東経139度38分43.3秒 / 北緯35.84583度 東経139.645361度 / 35.84583; 139.645361
状態 完成
着工 2010年平成22年)7月14日
竣工 2013年(平成25年)2月28日
用途 共同住宅店舗・オフィス
建設費 約419億円(第1街区全体)
地上高
高さ 100m
各種諸元
階数 地上28階、地下1階
敷地面積 4,465.04
建築面積 3,110.40
延床面積 39,811.48
構造形式 鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
戸数 309戸(分譲280戸)、店舗16区画
関連企業
設計 戸田建設
施工 戸田建設
デベロッパー 都市再生機構、売主:野村不動産
テンプレートを表示
Proud Tower Musashi-Urawa Marks.jpg

プラウドタワー武蔵浦和マークス(プラウドタワーむさしうらわマークス)は、埼玉県さいたま市南区にある超高層マンション武蔵浦和駅周辺の再開発事業により建設された。野村不動産による分譲マンションとなっている。街区の名称はプラムシティ[1]

概要[編集]

浦和市時代から計画されていた再開発事業武蔵浦和駅第1街区第一種市街地再開発事業のB2棟として建設され、1~2階が店舗、3階から28階が住居となっている。武蔵浦和駅からはペデストリアンデッキで直結しており徒歩2分の立地である。同じ第1街区再開発事業ではB1棟のサウスピア、B3-2棟の公共立体駐車場と駅前ロータリーなどが整備された。武蔵浦和駅周辺の再開発ではプラウドタワー武蔵浦和テラスプラウドタワー武蔵浦和ガーデンから成る4街区やラムザタワーの2街区などの整備が完了している。当初は駅東口の6街区(ライブタワー)と同時に整備する計画であったが、平成不況の影響を受け東口の整備を先行した経緯がある。6街区は2001年に完成しているが、1街区の街びらきは2013年と10年ほどの差が開くこととなった。1街区は武蔵浦和駅周辺の再開発事業の中では4街区に次いで5番目に着手したエリアである。

サウスピアを挟んで南側はケーズデンキ閉店の2012年から放置され、駅前にもかかわらず第1街区の再開発からは切り離され、第1-A地区となった。その後2019年に武蔵浦和駅前計画として18階建ての高層マンションが建つことが明らかとなった。2021年着工し、2024年に完成予定となっている。野村不動産とジェイアール東日本都市開発が開発に名を連ね、低層階には商業施設が入居する予定。

沿革[編集]

  • 1988年(昭和63年)3月 - 都市再開発方針(2号地区)都市計画決定[2]
  • 1988年(昭和63年)4月2日 - 再開発協議会設置。
  • 1993年(平成5年)12月3日 - 再開発地区計画 都市計画変更。
  • 2000年(平成12年)4月14日 - 再開発地区計画 都市計画変更。
  • 2002年(平成14年)2月1日 - 再開発地区計画 都市計画変更。
  • 2003年(平成15年)2月28日 - 都市計画変更。
  • 2007年(平成19年)3月30日 - 都市計画変更、市街地再開発事業都市計画決定。
  • 2008年(平成20年)12月9日 - 事業計画認可。
  • 2009年(平成21年)9月3日 - 権利変換計画認可。
  • 2010年(平成22年)7月 - 着工。
  • 2012年(平成24年)11月30日 - B1棟、B3-2棟の工事が完了。
  • 2013年(平成25年)1月4日 - サウスピアがオープン。
  • 2013年(平成25年)2月28日 - 工事完了。

主なテナント[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 武蔵浦和駅第1街区第一種市街地再開発事業
  2. ^ 武蔵浦和周辺地区事業概要

関連項目[編集]