プラザ掛洞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
プラザ掛洞

プラザ掛洞(プラザかけぼら)は、岐阜県岐阜市にある掛洞プラントの余熱利用施設である。1994年(平成6年)7月に着工、1995年(平成7年)10月にオープン。

室内温水プールと浴場を備え持つ岐阜市所有の施設で、指定管理者制度により「技研・昭和 プラザ掛洞管理業務特別共同体」が管理運営を行っている。

岐阜県で初めてとなる「温水プール」と「浴場」を併設したごみ焼却余熱利用の施設で[1]、掛洞プラントで作られた蒸気を元に温水プールと浴場をはじめ、館内の冷暖房等を行っている。なお独自のボイラ設備も併設されているため、プラント休止時でも営業が可能となっている。

施設概要[編集]

  • 建物構造:鉄筋コンクリートおよび、鉄骨造、2階建
  • 建物規模:延床面積約2,100m2
室内温水プール
  • 25メートル温水プール(6コース、水深1〜1.2m)
  • スパイラルスライダー(全長40m(岐阜県内最長)、高低差5m)
  • 子供プール(水深0.5m、ゾウの滑り台あり)

使用時の注意事項

  • 日常、オムツを使用している乳幼児等は入場不可。
  • 小学2年生以下の入場は、大人同伴が必要(大人1名に児童2名まで)。大人も水着の着用が必要。
  • 子供プールのみ浮き輪使用可能。
  • 身長120cm以下は、スパイラルスライダー使用不可。
  • 水泳帽子着用。
浴場
喫茶コーナー
和室・会議室

沿革[編集]

  • 1981年(昭和55年)9月1日:掛洞プラントの関連施設として掛洞苑(入浴施設)が開設。
  • 1995年(平成7年)10月31日:プラザ掛洞オープン
  • 1997年(平成9年)1月:入館者数が10万人突破
  • 2001年(平成13年)11月:入館者数が50万人突破
  • 2006年(平成18年)4月:指定管理者制度導入。

休館日、開館時間[編集]

  • 休館日:毎週月曜日(月曜日が休日の場合はその翌日、7月21日〜8月31日は無休)、年末年始(12月31日〜1月5日)
室内温水プール
  • 平日 13:00〜21:00
  • 土曜日 10:00〜21:00
  • 日曜日・祝日 10:00〜18:00

※但し、7月21日〜8月31日は10:00〜21:00

  • 浴場 10:00〜21:00
  • 会議室 10:00〜21:00

使用料[編集]

プール、浴場各々の利用に下記に料金が必要。

  • 幼児(3歳児未満) 無料
  • 中学生以下 200円
  • 一般 400円
  • 70歳以上 200円
特記
  • プールと浴場を同日利用する場合は、後で利用の施設は半額。
  • 毎月第3日曜日(家庭の日)は、中学生以下無料。

概要[編集]

  • 住所:〒501-1185 岐阜県岐阜市奥1丁目104番地
岐阜市西北部の山間地に立地している。
  • 駐車場:無料

アクセス[編集]

施設周辺[編集]

その他[編集]

岐阜市が設置している市民プールとして「南部市民プール」(岐阜市南鶉)、「本荘市民プール」(岐阜市寿町)、「北部市民プール」(岐阜市正木)がある。これらのプールは夏季のみ開設。

脚注[編集]

  1. ^ 温水プールのみとしては1976年開館の羽島市民プールがなどがあったが、平成27年3月31日をもって休止している。

座標: 北緯35度31分6.9秒 東経136度41分42.3秒 / 北緯35.518583度 東経136.695083度 / 35.518583; 136.695083