プラシュナ・ウパニシャッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

プラシュナ・ウパニシャッド』とは、ウパニシャッドの1つ。アタルヴァ・ヴェーダに付属し、古ウパニシャッドの中では、後期の「新散文ウパニシャッド」に分類される[1]

文量が少ない短編のウパニシャッドで、聖仙ピッパラーダの思想が、問答を通して述べられる。

内容[編集]

日本語訳[編集]

  • 湯田豊 『ウパニシャッド 翻訳および解説』 大東出版社2000年。ISBN 4-500-00656-7。
  • 岩本裕 『原典訳 ウパニシャッド』 筑摩書房ちくま学芸文庫〉、2013年。ISBN 4-480-09519-5。
    • 岩本裕 『ウパニシャッド』 筑摩書房〈世界文学古典全集3〉、1967年
  • 佐保田鶴治 『ウパニシャッド』 平河出版社1979年。ISBN 4892030260。
  • 日野紹運、奥村文子 『ウパニシャッド』 日本ヴェーダンタ協会、2009年。ISBN 4931148409。

脚注・出典[編集]

  1. ^ 『原典訳ウパニシャッド』岩本裕 ちくま学芸文庫 p348

関連項目[編集]