プラスロン明世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

プラスロン明世(本名 河嶋明世)は、東京都三鷹市の出身。萩本欽一の姪。一児の母

日本フェイシャルスタイリスト協会会長で根治セラピーを提唱。

概要[編集]

成蹊大学を卒業。思春期の頃にきびがひどく、病院、エステ様々な物を試すが結果は出ず、実父の開発した化粧品で完治。 その後2年間のOL生活をする中で肌への悩みを抱える人がたくさんいることに気づき”自分と同じにきびに苦しむ人を助けたい”という思いより、プラスロン化粧品を設立。銀座にサロンを設け実際に30000人の女性の肌をケア。 この実績を論文にまとめ発表。医学博士の称号を取得。

テレビ長崎:【金よう!夕Gopan】【土よう!朝Gopan】【トク盛りGopan】のコメンテーターを務めたほか、突撃ヴィーヴォメイクのコーナーに出演

関西テレビ:【真夜中市場~ハイヒールの眠れない夜~】に出演中

来歴[編集]

  • 1967年生まれ 
  • 1974年成蹊小学校入学
  • 1986年成蹊大学英米文学科入学
  • 1990年成蹊大学英米文学科卒業
  • 1990年証券会社入社 
  • 1992年プラスロン・カワシマ(現プラスロン化粧品)の代表者になる。
  • 1996年プラスロン化粧品株式会社を設立
    • ショップチャンネルに出演する。
  • 2000年 「ニキビちゃん さようなら。」を出版
  • 2001年  銀座直営サロンをオープン
  • 2006年 米国NYメイクアップデザイナリーアーティストリーコース修了
  • 2007年 仏国エレガンスゴンタールフェイシャルエステコース修了
  • 2008年 米国ナチュラルメディスン大学にて医学博士号を取得

著書[編集]

  • 親子でおぼえる初めてのお化粧(現代書林)
  • ニキビちゃんさようなら。(現代書林)
  • ニキビちゃんこそ美人になれる (祥伝社)

参考文献[編集]

  • 祥伝社 ニキビちゃんこそ美人になれる