プラタープ・シング (マラーター王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
プラタープ・シング
Pratap Singh
マラーター王
サーターラー藩王
Chhatrapati Pratapsingh of Satara.jpg
プラタープ・シング
在位 1808年5月3日 - 1839年9月5日
戴冠 1808年5月10日
別号 マハーラージャ
チャトラパティ

出生 1793年1月23日
サーターラー
死去 1847年10月14日
ヴァーラーナシー
子女 シャハージー(養子)
王家 ボーンスレー家
父親 シャーフー2世
宗教 ヒンドゥー教
テンプレートを表示

プラタープ・シング(Pratap Singh, 1793年1月23日 - 1847年10月14日)は、インドデカン地方マラーター王国及びサーターラー藩王国の君主(在位:1808年 - 1839年)。

生涯[編集]

1793年1月23日マラーターシャーフー2世の息子とした生まれた[1]

1808年5月3日、シャーフー2世は死亡し、息子のプラタープ・シングが王位を継承した[2][3]

1818年6月、マラーター王国宰相バージー・ラーオ2世第三次マラーター戦争イギリスに降伏し、宰相政権が消滅したのち、マラーター王国はサーターラー藩王国として存続を許され、プラタープ・シングは藩王となった[1]

1839年9月5日、プラタープ・シングはポルトガルと陰謀を企てたとして、イギリスによって廃位され、年金受給者としてヴァーラーナシーへと追放された[1]

1847年10月14日、プラタープ・シングはヴァーラーナシーで没した[1]

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b c d Satara 3
  2. ^ Princely States of India K-Z
  3. ^ SATARA (Princely State)

関連項目[編集]