プラットフォーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

プラットフォームプラットホーム(日: platform)とは、周辺よりも高くなった水平で平らな場所(台地)をさす英語。中期フランス語 (plate-forme)から英語に取り入れられた。

転じて、官公庁の施策における”環境(整備)”、”基盤(づくり)”、ソフトウェアやシステムにおける”動作環境”、作業をするための”足場”の意で用いられている。

原義に基づく用例[編集]

転用・派生用例[編集]

原義からの転用・派生用例として、ものごとの基礎・基盤という意味合いでも使われる場合があるが、その中には和製英語バズワードに相当する抽象的用語も見てとれる。

  • 官公庁
    • 総務省:マイキープラットフォーム:マイナンバーカード1枚で自治体ポイントの利用や図書館利用カードとの連動など、地域で様々なサービスを受けられるようにする情報基盤事業
    • 国土交通省地理空間情報プラットフォーム
    • 地域経済:地域プラットフォーム事業:(地域プラットフォーム)
      • 地域情報メディアサービス:地域情報プラットフォーム事業
    • 東京都教育委員会:「地域教育プラットホーム」事業

固有名詞[編集]