プラット・アンド・ホイットニー・カナダ PW200

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

プラット・アンド・ホイットニー・カナダ PW200 はヘリコプター専用に開発されたタービンエンジンである。

派生型[編集]

PW206A
最大定格出力 550 shp (410 kW) [1] MD エクスプローラーで使用
PW206B
最大定格出力 431 shp (321 kW),[1] ユーロコプター EC 135で使用
PW206B2
最大定格出力 431 shp (321 kW).[1]
PW206C
最大定格出力 561 shp (418 kW),[1] アグスタ A109 Powerで使用
PW206E
最大定格出力 572 shp (427 kW).[1] MD エクスプローラーで使用
PW207C
最大定格出力 572 shp (427 kW).[1]
PW207D
最大定格出力 572 shp (427 kW).[1]
PW207D1
機械出力が増強されたPW207の派生型、最大定格出力 610 shp (450 kW).[1]
PW207D2
燃料加熱装置を備えたPW207D1の派生型、最大定格出力 610 shp (450 kW).[1]
PW207E
最大定格出力 572 shp (427 kW).[1] MD 902で使用
PW210
約1,000 shp (750 kW)

搭載機[編集]

仕様諸元[編集]

一般的特性

  • 形式: ターボシャフト
  • 全長: 35.9 in (91.2 cm)
  • 直径: 19.7 in (50 cm)
  • 乾燥重量: 237 lb (107.5 kg)

構成要素

性能

出典: [2]


出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j Type Certificate Data Sheet EA E.017 PW206 & PW207 series engines”. European Aviation Safety Agency (2009年7月28日). 2009年12月26日閲覧。
  2. ^ Gas Turbine Engines. Aviation Week & Space Technology 2009 Source Book. pg. 126.”. Aviation Week & Space Technology (2009年1月26日). 2011年6月30日閲覧。