プラット・アンド・ホイットニー PW4000

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
P&W PW4000

PW4000は、プラット・アンド・ホイットニーの高バイパスターボファンエンジンである。前作のJT9Dに大幅なモデルチェンジを加えたエンジンであり、ファン径によって大きく3種のシリーズに分類できる。

ETOPS 180(このエンジン1基のみで最高180分の飛行可能)に認定されたエンジンでもある。

仕様[編集]

バリアント -94[1] -100[2] -112[3]
タイプ 2スプール高バイパス比ターボファン
長さ 153.6インチ(390 cm) 167.2インチ(425 cm) 190.4インチ(484 cm)
重量 9,420ポンド

4,273kg

12,900ポンド

5,851kg

15,095〜15,741ポンド

6,847〜7,140 kg

16260ポンド

7375キロ

コンプレッサー ファン1段、LP 4段、HP 11段 ファン1段、LP 5段、HP 11段 ファン1段、LP 6段、HP 11段 ファン1段、LP 7段、HP 11段
燃焼器 環状
タービン HP 2段、LP 4段 HP 2段、LP 5段 HP 2段、LP 7段
推力 50,000〜62,000 lbf

222〜276 kN

64,500〜70,000 lbf

287〜311 kN

77,440〜91,790 lbf

344〜408 kN

91,790–99,040 lbf

408–441 kN

バリアント -94[4] -100[5] -112[6]
ファン 94インチ(239 cm) 100インチ(254 cm) 112インチ(284 cm)
バイパス率 4.8-5:1 4.9:1 5.8-6.4:1
全体の圧力比 27.5-32.3 32.0-34.1 34.2-42.8
ファン圧力比 1.65-1.80 1.75-1.76 1.70-1.80
モデル PW4056/62/62A、PW4052/56/60/62/62A、PW4460/62
PW4158、PW4152/56A
PW4164/68/68A-1D
PW4168A、PW4170
PW4074/74D/77/77D
PW4084D/90/90-3
PW4090D/98
搭載機種 B747-400B767MD-11
A300-600A310
A330 B777
(但し777-200LR/-300ERは他社製エンジン独占供給)

搭載機種[編集]

インシデント[編集]

  • 2016年5月27日、東京羽田 ソウル行き大韓航空2708便を運航していた777-300型機(HL7534)は離陸滑走時に左エンジン(PW4098)から出火。運輸安全委員会の調査では、左エンジンの第1段高圧タービンディスクが破断し、エンジンケースを貫通した衝撃で燃料滑油熱交換器に亀裂が発生。亀裂から燃料が漏れ、滑油に引火したとの見方を示した[7]
  • 2018年2月13日、サンフランシスコホノルル行きユナイテッド航空1175便を運航していた777-200型機(N773UA)は、着陸の約45分前に右エンジン(PW4077)ファンブレードの破損により、インレットとカウルの大部分がエンジンから分離した。飛び出した破片によって胴体に軽度の損傷があった[8]。米国国家運輸安全委員会の最終報告書では、主な原因はP&Wのファンブレード検査の不備と失敗であり、その結果、ひび割れたブレードが誤ってサービスに復帰したと指摘している。
  • 2020年12月4日、沖縄那覇発東京羽田行き日本航空904便(ボーイング777-200型機、登録番号JA8978、乗客178名、乗員11名)を運航していたが、沖縄を出発する際に左エンジン(PW4084)が故障し、大きな音とともにアクセスドアが引き裂かれたため、乗員は当該エンジン停止し上昇を中止し、緊急事態を宣言の上、引き返し、出発から約40分後に沖縄に戻った。機体は滑走路上で停止し、その後エプロンまで牽引され、そのあいだ滑走路が一時閉鎖された[9][10]。運輸安全委員会の発表で左エンジン損傷について、破損した2枚のファンブレードのうち、1枚に疲労破壊の特徴である模様がみられたことを明らかにし、今後詳細な調査を行う予定であるとした[11]
  • 2021年2月20日、デンバー発ホノルル行きのユナイテッド航空328便を運航していた777-200型機(N772UA)は、離陸直後に右エンジン(PW4077)ファンブレードの故障に見舞われた。飛び出した破片によって胴体に軽度の損傷があった。複数の航空専門サイトでは、2年前のUAL1175便の事故との類似性を指摘している[12]。これを受けて日本の国土交通省は、2月21日に追加対策の必要性の有無を検討する間、全日本空輸、日本航空へ同系統エンジンの搭載する777に運航停止を命じた[13]。日本ではPW4000-112系統を搭載する機体がANAは777-200、777-200ER、777-300の19機が該当し、PW4074/4084/4090を搭載、JALは777-200,777-300の13機が該当し、PW4074/4077/4090搭載している[14]。なお同じ777でもゼネラルエレクトリック製エンジン搭載の777-300ER型機の政府専用機、ANA、JALやJALの777-200ERは運航停止適用外になる。また、米国連邦航空局は2月21日(日本時間2月22日)PW4000-112系統エンジンを搭載したボーイング777の全機に、徹底した検査のための運航停止を命じた[15]。影響を受けたのは、運航中のボーイング777型機69機、保管中のボーイング777型機59機で該当機を運用保有しているのは米国、日本、韓国の航空会社である[16]。前回の海上での事故と比較して[17]、今回の事故は人口の多い陸上での発生ということもあり、多くの地上監視員が出動したほか、落下したエンジン残骸の確認や回収も大幅に行われた[18]。米国家運輸安全委員会は右エンジンの空気取り入れ口とエンジン外装が脱落し、2枚のファンブレードが折れていてこのうち1枚は根元付近から折れており、残りのファンブレードにも先端に損傷がみられ原因特定のため調査継続すると発表した[19]
  • 2021年2月20日、6T5504/LGT5504便として運航していたロングテール航空の貨物改修機ボーイング747-412BCF(登録番号VQ-BWT)は、マーストリヒト・アーヘン空港からジョン・F・ケネディ国際空港に向かう途中で離陸した直後、ミールセンの村の上空でエンジントラブルに見舞われた。タービンブレードの落下により、地上にいた2名が軽傷を負った。飛行機はベルギーのリエージュ空港に無事着陸することができた。該当機はPW4000エンジンの派生型であるPW4056エンジンを搭載していた[20][21]がPW4000-112系統とは違いPW4000-94系統のためオランダ当局による調査が行われている。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ TCDS E24NE”. FAA (2015年11月23日). 2021年2月23日閲覧。
  2. ^ TCDS E36NE”. FAA (2014年5月28日). 2021年2月23日閲覧。
  3. ^ TCDS E46NE”. FAA (2012年1月23日). 2021年2月23日閲覧。
  4. ^ PW4000 94-inch-fan”. Pratt & Whitney. 2021年2月23日閲覧。
  5. ^ PW4170 Engine for the A330”. Pratt & Whitney. 2021年2月23日閲覧。
  6. ^ PW4000 112-inch-fan”. Pratt & Whitney. 2021年2月23日閲覧。
  7. ^ 大韓航空の777、タービンディスク破断で火災か 16年5月、羽田の航空事故
  8. ^ Incident: United B772 over Pacific on Feb 13th 2018, fan blade, engine cowl and inlet separated in flight, blade debris impacted fuselage
  9. ^ 重大インシデントの概要(2020.12.4)運輸安全委員会>調査中の案件
  10. ^ Incident: JAL B772 at Okinawa on Dec 4th 2020, engine shut down in flight after uncontained failure, parts of engine cowl dropped2020年12月4日、The Aviation Herald
  11. ^ 12月4日に発生した日本航空機の航空重大インシデントに関する情報提供
  12. ^ Incident: United B772 at Denver on Feb 20th 2021, engine inlet separates from engine, engine fire2021年2月20日、The Aviation Herald
  13. ^ ボーイング777型機(プラット&ホイットニー式PW4000系列型エンジンを搭載したもの)の運航停止指示について
  14. ^ JAL・ANA PW4000エンジン搭載777型機まとめ
  15. ^ Josephs, Leslie (2021年2月22日). “United takes 24 Boeing 777s out of service as the FAA orders inspections following engine failure” (英語). CNBC. 2021年2月22日閲覧。
  16. ^ https://www.bbc.com/news/world-us-canada-56149894
  17. ^ https://avherald.com/h?article=4b4e8ca7&opt=0
  18. ^ https://avherald.com/h?article=4e35503b&opt=0
  19. ^ United Airlines Flight 328 Boeing 777 Engine Incident
  20. ^ “Dutch authorities investigate Boeing 747 after engine parts drop after takeoff”. The Guardian. Reuters (Amsterdam). (2021年2月22日). https://www.theguardian.com/business/2021/feb/22/dutch-investigate-boeing-747-after-engine-parts-drop-after-takeoff-netherlands 
  21. ^ http://avherald.com/h?article=4e35302b&opt=0