プラップジャパン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
株式会社プラップジャパン
PRAP Japan, Inc.
種類 株式会社
市場情報
東証JQ 2449
2005年7月8日上場
本社所在地 日本の旗 日本
107-6033
東京都港区赤坂一丁目12番32号
設立 1970年9月9日
業種 サービス業
法人番号 7010401097578
事業内容 広報活動支援・コンサルティング
代表者 鈴木 勇夫(代表取締役社長)
資本金 4億7078万3千円
発行済株式総数 467万9010株
売上高 連結:65億9,179万円
単独:39億8,645万円
(2017年8月期)
営業利益 連結:8億1,060万円
単独:5億2,525万円
(2017年8月期)
純利益 連結:4億3,919万円
単独:3億9,457万円
(2017年8月期)
純資産 連結:37億3,352万円
単独:33億7,217万円
(2017年8月期)
総資産 連結:50億5,429万円
単独:41億6,476万円
(2017年8月期)
従業員数 連結:293人 単独:197名
(2017年8月31日現在)
決算期 8月31日
主要株主 キャヴェンディッシュ・スクエア・ホールディングス 20.00%
(2017年8月31日現在)
主要子会社 (株)ブレインズ・カンパニー 100%
(株)旭エージェンシー 100%
ウィタン アソシエイツ(株) 100%
北京普楽普公共関係有限公司 60%
北京博瑞九如公共関係有限公司 60%
PRAP SINGAPORE PTE. LTD. 100%
外部リンク https://www.prap.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社プラップジャパン: PRAP Japan, Inc.)は、日本の小規模PR会社。

概要[編集]

企業・団体の情報をメディア(新聞・雑誌・テレビ・ラジオ・インターネット)等を通じて発信する為のコンサルティング及びPR活動を行う独立系のPR会社である。

プラップジャパングループは国内グループ会社3社、中国現地法人2社を含めた6社の事業会社で構成されている。プラップジャパングループのサービスは、企業・団体の広報コンサルティングおよびメディアとの強力なネットワークによるメディアリレーションを中核に、業界トップクラスの実績をもつメディアトレーニングや危機管理コンサルティング、オンラインメディア・ソーシャルメディアを活用したデジタルPRサービス、中国/アジアパシフィック向けインバウンド・アウトバウンドPRサービス、PRイベント、Web制作、PR誌制作などを通じ、企業内外のコミュニケーションに関わる様々な課題を解決している。

大手・ベンチャー企業のコンシューマー、ヘルスケア、金融・M&A、IT分野のPRから、官公庁・自治体PRまで、多彩な業種・規模の実績を保有している。

社名の由来[編集]

PRAP=Public Relations/Public Affairs, Production/Promotion

沿革[編集]

  • 1970年(昭和45年)9月9日 - 設立。矢島尚が代表取締役社長に就任。パブリシティ、編集制作等を中心に事業開始。
  • 1978年(昭和53年) - 企画開発部を設立。イベントの企画・運営を開始。
  • 1988年(昭和63年) - 公共企業体広報部を設立。官公庁、自治体等の広報業務を拡大。
  • 1988年(昭和63年) - メディアトレーニング、危機対応コンサルティングサービスを開始。
  • 1991年(平成3年) - 国際部を設立。外資系企業へのサービスを拡大。
  • 1997年(平成9年) - 専門別(IT、ファッション、ライフスタイル、食品、金融、医療・医薬、コーポレート等)サービスをスタート。
  • 1997年(平成9年)12月 - 中国北京に北京普楽普公共関係顧問有限公司を設立。中国に進出した日系企業を中心にPR事業を開始。
  • 2005年(平成17年)7月8日 - ジャスダック上場。
  • 2006年(平成18年)5月 - 社内教育・研修機関「プラップ大学」を新設。PRコンサルタントの早期育成を目指す。
  • 2006年(平成18年)11月 - 北京普楽普公共関係顧問有限公司を連結子会社化。
  • 2007年(平成19年)11月28日 - 杉田敏が代表取締役社長に就任(取締役副社長からの昇格)。矢島尚は代表権のない取締役会長に就任。
  • 2009年(平成21年)3月 - 株式会社旭エージェンシーを連結子会社化。
  • 2009年(平成21年)12月 - 北京博瑞九如公共関係顧問有限公司を連結子会社化。
  • 2011年(平成23年)7月1日 - リリース配信サービス「デジタルPRプラットフォーム」のサービスを開始。
  • 2011年(平成23年)12月 - 渋谷区から港区赤坂1丁目アーク森ビルに本社を移転。
  • 2012年(平成24年)12月 - ウィタンアソシエイツ株式会社を連結子会社化。
  • 2014年(平成26年)9月30日 - ガイアックス社とともに「ソーシャルリスク対策支援プログラム」の提供を開始。
  • 2015年(平成27年)7月3日 - 日本最大級のオンライン・セレブリティネットワークを保有する3ミニッツ社と業務提携開始。
  • 2015年(平成27年)11月26日 - 鈴木勇夫が代表取締役社長に就任。
  • 2016年(平成28年)4月26日 - LGBTへの理解・支援を拡げるコミュニケーションサービス開発を視野に「虹色ダイバーシティ」と共同プロジェクト開始。
  • 2016年(平成28年)5月19日 - 中国/アジアパシフィック地域向け広報PR事業を本格展開。
  • 2016年(平成28年)9月1日 - デジタル戦略グループを新設。
  • 2016年(平成28年)12月19日 - 東京大学・情報理工学系研究科・山崎研究室と「記者会見」の評価と成否を診断する世界初の人工知能(AI)開発プロジェクトをスタート。
  • 2017年(平成29年)7月6日 - デジタル領域における企業のコミュニケーション課題を解決することを目的に「デジタルPR研究所」を設立。
  • 2017年(平成29年)8月10日 - 独自データベース・分析ツール活用でバズを生み出す、新PRソリューションサービス「ソーシャルPRパッケージ」の提供を開始。
  • 2018年(平成30年)6月1日 - 海外事業本部を新設
  • 2018年(平成30年)6月 - 海外子会社 PRAP SINGAPORE PTE. LTD. を設立

脚注・出典[編集]

  1. 株式会社プラップジャパン 第47期有価証券報告書(2017-11-29)