プラハの春 (小説)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

プラハの春』(プラハのはる)は、春江一也作の小説1997年5月集英社刊(ISBN 4-08-780245-0)。2000年集英社文庫として再刊(上巻ISBN 4-08-747173-X・下巻ISBN 4-08-747174-8)。

概要[編集]

  • 1968年に起こった「プラハの春」当時、チェコスロバキア日本大使館勤務だった著者の体験談に基づく小説。
  • チェコスロバキアの首都プラハを舞台に、共産主義社会の反体制活動家と、西側外交官の命をかけた愛を描く、壮大なラブ・ロマンス。
  • 現代史の1ページ、ささやかな自由を求めて戦った人間たちの悲しみのドラマが展開された小説である。
  • 続編に『ベルリンの秋』がある。

主な登場人物[編集]

  • 堀江(外交官)
  • カテリーナ(反体制活動家)
  • 稲村(堀江の親友)
  • モニカ(ヤン・パラフの恋人)
  • シュテンツェル(カレル大学教授)
  • ヘス中佐(シュタージ
  • ヤン・パラフ(カレル大学学生・学生運動のリーダー) など
  • シルビア(カテリーナの娘)
  • ラインハルトシュナイダー(カテリーナの元夫・シュタージ高官)

舞台化[編集]

2002年宝塚歌劇団星組にて谷正純脚本・演出で舞台化。

ラジオドラマ[編集]

2006年4月に、NHK-FM青春アドベンチャー』内にて放送された。