プリメーラ・ディビシオン (ウルグアイ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
カンペオナート・ウルグアージョ
Primera División Profesional
Logo Campeonato Uruguayo Primera División Profesional.png
加盟国 ウルグアイの旗 ウルグアイ
大陸連盟 CONMEBOL
創立 1900
参加クラブ 16
リーグレベル 第1部
下位リーグ セグンダ・ディビシオン
国内大会 スーペルコパ・ウルグアージャ
国際大会 コパ・リベルタドーレス
コパ・スダメリカーナ
最新優勝クラブ ナシオナル (2019)
最多優勝クラブ ペニャロール (50回)
最多得点選手 フェルナンド・モレナスペイン語版 (230ゴール)
テレビ局 Tenfield, Gol TV
公式サイト Primera División
2020シーズンスペイン語版

プリメーラ・ディビシオンスペイン語: Primera División de Uruguay[ˈliɣa pɾofesjoˈnal de pɾiˈmeɾa ðiβiˈsjon])は、ウルグアイにおけるサッカーリーグのトップディビジョンである。正式名称はカンペオナート・ウルグアージョ・デ・プリメーラ・ディビシオン・プロフェシオナル(Campeonato Uruguayo de Primera División Profesional)である。スポンサー名を冠してトルネオ・ウルグアージョ・コパ・コカ・コーラ (スペイン語: Torneo Uruguayo Copa Coca-Cola)とも呼ばれる。

概要[編集]

1900年に創設された世界でも有数の歴史を誇るサッカーリーグである。1932年にプロリーグ化された。リーグ創設以来、ナシオナルペニャロールによる2強体制が続いている。特に1932年のプロ化以降は、1976シーズンにデフェンソールが優勝するまで40年以上にわたり2強が優勝を独占した。1980年代以降はデフェンソールやダヌービオが上位に進出する機会が増えてきている。

2004シーズン以前と2017シーズン以降は暦年方式、2005-06シーズンから2015-16シーズンまでは越年方式であった。2005シーズンと2016シーズンは方式移行のための特別シーズンで、1回のみの総当たりによる短期リーグが開催された。

2017シーズン以降は、トルネオ・アペルトゥーラ(前期)、トルネオ・インテルメディオ(中期)、トルネオ・クラウスーラ(後期)の3フェーズに分けてリーグ戦をおこなう。トルネオ・アペルトゥーラとトルネオ・クラウスーラは16クラブによる1回総当たり方式(15試合)で、トルネオ・インテルメディオは16クラブを2グループに分けた8クラブによる1回総当たり方式(7試合)である。計37試合の結果を年間順位表に集計し、上位4クラブがコパ・リベルタドーレスの出場権を、5位-8位の4クラブがコパ・スダメリカーナの出場権を獲得する。リーグチャンピオンは優勝決定プレーオフによって決定する。まず準決勝でトルネオ・アペルトゥーラの優勝クラブとトルネオ・クラウスーラの優勝クラブが対戦する。その勝者が、決勝で年間順位表で1位となったクラブと対戦する。なお同一クラブ同士の対戦となる場合は試合がおこなわれず、自動的に勝ち上がるシステムである。リーグチャンピオンは、トルネオ・インテルメディオの優勝クラブと翌年のスーペルコパ・ウルグアージャ(スーパーカップ)で対戦する。

所属クラブ[編集]

  • 2020シーズンの所属クラブ。
クラブ名 ホームタウン ホームスタジアム 収容人数
ボストン・リーベル フロリダ カンペオネス・オリンピコス 7,000人
セロ モンテビデオ ルイス・トロコーリ 24,000人
セロ・ラルゴ メロ アントニオ・ウビージャ 9,000人
ダヌービオ モンテビデオ ハルディネス・デル・イポドローモ 14,401人
デフェンソール モンテビデオ ルイス・フランシーニ 18,000人
デポルティーボ・マルドナド マルドナド ドミンゴ・ブルゲーニョ・ミゲル 22,000人
フェニックス モンテビデオ パルケ・カプーロ 5,500人
リベルプール モンテビデオ ベルベデーレ 10,000人
トルケ モンテビデオ センテナリオ 60,235人
ワンダラーズ モンテビデオ パルケ・アルフレード・ビクトル・ビエラ 7,420人
ナシオナル モンテビデオ グラン・パルケ・セントラル 23,500人
ペニャロール モンテビデオ カンペオン・デル・シグロ 40,000人
プラサ・コロニア コロニア Parque Prandi 4,500人
プログレッソ モンテビデオ パルケ・アブラハム・パラディーノ 8,000人
レンティスタス モンテビデオ コンプレホ・レンティスタス 10,600人
CAリーベル・プレート モンテビデオ パルケ・フェデリコ・オマール・サロルディ 5,624人

歴代大会結果[編集]

  • 1900シーズン-1931シーズンはアマチュアリーグ、1932シーズン以降はプロリーグ。
  • 優勝クラブの括弧内の数字は優勝回数を表す。
シーズン 優勝 2位 3位 クラブ数
1900[1] 1 CURCC (1) アルビオンFC ウルグアイ・アトレティック 4
1901[2] 2 CURCC (2) ナシオナル ウルグアイ・アトレティック 5
1902 3 ナシオナル (1) CURCC ドイチャーFK 6
1903 4 ナシオナル (2) CURCC ドイチャーFK 7
1904 - 内戦のため実施されず
1905 5 CURCC (3) ナシオナル ワンダラーズ 5
1906 6 ワンダラーズ (1) CURCC ナシオナル 6
1907 7 CURCC (4) ワンダラーズ リーベル・プレートFC 6
1908 8 リーベル・プレートFC (1) ワンダラーズ ナシオナル 10
1909 9 ワンダラーズ (2) CURCC リーベル・プレートFC 11
1910 10 リーベル・プレートFC (2) CURCC ナシオナル 9
1911 11 CURCC (5) ワンダラーズ リーベル・プレートFC 8
1912 12 ナシオナル (3) CURCC ワンダラーズ 8
1913 13 リーベル・プレートFC (3) ナシオナル CURCC 8
1914[3] 14 リーベル・プレートFC (4) ペニャロール ナシオナル 8
1915 15 ナシオナル (4) ペニャロール ウニベルサルFC 10
1916 16 ナシオナル (5) ペニャロール ワンダラーズ 9
1917 17 ナシオナル (6) ペニャロール ウニベルサルFC 10
1918 18 ペニャロール (6) ナシオナル ウニベルサルFC 10
1919 19 ナシオナル (7) ウニベルサルFC ペニャロール 10
1920 20 ナシオナル (8) ペニャロール セントラル 12
1921 21 ペニャロール (7) ナシオナル ウニベルサルFC 12
1922[4] 22 ナシオナル (9) ワンダラーズ ランプラ・ジュニオルス 12
1923[5] 23 ナシオナル (10) ランプラ・ジュニオルス ベジャ・ビスタ 12
1924[6] 24 ナシオナル (11) ベジャ・ビスタ ランプラ・ジュニオルス 12
1925[7] - リーグ分裂による混乱のためシーズン途中で打ち切り
1926[8] - リーグ分裂による混乱のため実施されず
1927[9] 25 ランプラ・ジュニオルス (1) ペニャロール ナシオナル 20
1928 26 ペニャロール (8) ランプラ・ジュニオルス ナシオナル 16
1929 27 ペニャロール (9) ナシオナル デフェンソール 14
1930 - ワールドカップ自国開催のため実施されず
1931[10] 28 ワンダラーズ (3) ナシオナル ランプラ・ジュニオルス 12
1932[11] 29 ペニャロール (10) ランプラ・ジュニオルス ナシオナル 10
1933 30 ナシオナル (12) ペニャロール ランプラ・ジュニオルス 10
1934 31 ナシオナル (13) ペニャロール ワンダラーズ 10
1935 32 ペニャロール (11) ナシオナル ワンダラーズ 10
1936 33 ペニャロール (12) ナシオナル ランプラ・ジュニオルス 10
1937 34 ペニャロール (13) ナシオナル ワンダラーズ 10
1938 35 ペニャロール (14) ナシオナル セントラル 11
1939 36 ナシオナル (14) ペニャロール ワンダラーズ 11
1940 37 ナシオナル (15) ランプラ・ジュニオルス ワンダラーズ 11
1941 38 ナシオナル (16) ペニャロール ランプラ・ジュニオルス 11
1942 39 ナシオナル (17) ペニャロール ワンダラーズ 10
1943 40 ナシオナル (18) ペニャロール ミラマール 10
1944 41 ペニャロール (15) ナシオナル デフェンソール 10
1945 42 ペニャロール (16) ナシオナル デフェンソール 10
1946 43 ナシオナル (19) ペニャロール CAリーベル・プレート 10
1947 44 ナシオナル (20) (未確定)[12] (未確定) 10
1948[13] - ストライキのためシーズン途中で打ち切り
1949 45 ペニャロール (17) ナシオナル ランプラ・ジュニオルス 10
1950 46 ナシオナル (21) ペニャロール ランプラ・ジュニオルス 10
1951 47 ペニャロール (18) ナシオナル ランプラ・ジュニオルス 10
1952 48 ナシオナル (22) ペニャロール ランプラ・ジュニオルス 10
1953 49 ペニャロール (19) ナシオナル ランプラ・ジュニオルス 10
1954 50 ペニャロール (20) ナシオナル ダヌービオ 10
1955 51 ナシオナル (23) ペニャロール セロ 10
1956 52 ナシオナル (24) ペニャロール セロ 10
1957 53 ナシオナル (25) ペニャロール デフェンソール 10
1958 54 ペニャロール (21) ナシオナル ランプラ・ジュニオルス 10
1959 55 ペニャロール (22) ナシオナル ラシン・クルブ 10
1960 56 ペニャロール (23) セロ ナシオナル 10
1961 57 ペニャロール (24) ナシオナル デフェンソール 10
1962 58 ペニャロール (25) ナシオナル フェニックス 10
1963 59 ナシオナル (26) ペニャロール ワンダラーズ 10
1964 60 ペニャロール (26) ランプラ・ジュニオルス ナシオナル 10
1965 61 ペニャロール (27) ナシオナル セロ 10
1966 62 ナシオナル (27) ペニャロール セロ 10
1967 63 ペニャロール (28) ナシオナル セロ 10
1968 64 ペニャロール (29) ナシオナル セロ 10
1969 65 ナシオナル (28) ペニャロール ベジャ・ビスタ 11
1970 66 ナシオナル (29) ペニャロール ウラカン・ブセオ 11
1971 67 ナシオナル (30) ペニャロール リベルプール 12
1972 68 ナシオナル (31) ペニャロール デフェンソール 12
1973 69 ペニャロール (30) ナシオナル ダヌービオ 12
1974 70 ペニャロール (31) ナシオナル リベルプール 12
1975 71 ペニャロール (32) ナシオナル リベルプール 12
1976 72 デフェンソール (1) ペニャロール ナシオナル 12
1977 73 ナシオナル (32) ペニャロール デフェンソール 12
1978 74 ペニャロール (33) ナシオナル フェニックス 12
1979 75 ペニャロール (34) ナシオナル フェニックス 13
1980 76 ナシオナル (33) ワンダラーズ ペニャロール 14
1981 77 ペニャロール (35) ナシオナル ワンダラーズ 15
1982 78 ペニャロール (36) ナシオナル デフェンソール 14
1983 79 ナシオナル (34) ダヌービオ デフェンソール 13
1984 80 セントラル・エスパニョール (1) ペニャロール ナシオナル 13
1985 81 ペニャロール (37) ワンダラーズ セロ 13
1986 82 ペニャロール (38) ナシオナル セントラル・エスパニョール 13
1987 83 デフェンソール (2) ナシオナル ベジャ・ビスタ 13
1988 84 ダヌービオ (1) ペニャロール デフェンソール 13
1989[14] 85 プログレッソ (1) ナシオナル ペニャロール 13
1990 86 ベジャ・ビスタ (1) ナシオナル ペニャロール 14
1991 87 デフェンソール (3) ナシオナル ワンダラーズ 14
1992 88 ナシオナル (35) CAリーベル・プレート ダヌービオ 13
1993 89 ペニャロール (39) デフェンソール ダヌービオ 13
1994[15] 90 ペニャロール (40) デフェンソール ナシオナル 13
1995 91 ペニャロール (41) ナシオナル リベルプール 13
1996 92 ペニャロール (42) ナシオナル デフェンソール 12
1997 93 ペニャロール (43) デフェンソール CAリーベル・プレート 12
1998 94 ナシオナル (36) ペニャロール ベジャ・ビスタ 12
1999 95 ペニャロール (44) ナシオナル デフェンソール 15
2000 96 ナシオナル (37) ペニャロール デフェンソール 18[16]
2001 97 ナシオナル (38) ダヌービオ ペニャロール 18
2002 98 ナシオナル (39) ダヌービオ ペニャロール 18
2003 99 ペニャロール (45) ナシオナル ダヌービオ 18
2004 100 ダヌービオ (2) ナシオナル デフェンソール 18
2005[17] 101 ナシオナル (40) デフェンソール ペニャロール 18
2005-06 102 ナシオナル (41) ロチャ デフェンソール 20[18]
2006-07 103 ダヌービオ (3) ペニャロール デフェンソール 16
2007-08 104 デフェンソール (4) ペニャロール CAリーベル・プレート 16
2008-09 105 ナシオナル (42) デフェンソール セロ 16[19]
2009-10 106 ペニャロール (46) ナシオナル リベルプール 16
2010-11 107 ナシオナル (43) デフェンソール ペニャロール 16
2011-12 108 ナシオナル (44) デフェンソール ペニャロール 16
2012-13 109 ペニャロール (47) デフェンソール ナシオナル 16
2013-14 110 ダヌービオ (4) ワンダラーズ ナシオナル 16
2014-15 111 ナシオナル (45) ペニャロール CAリーベル・プレート 16
2015-16 112 ペニャロール (48) ナシオナル セロ 16
2016[20] 113 ナシオナル (46) ワンダラーズ ダヌービオ 16
2017 114 ペニャロール (49) デフェンソール ナシオナル 16
2018 115 ペニャロール (50) ナシオナル ダヌービオ 15[21]
2019 116 ナシオナル (47) ペニャロール セロ・ラルゴ 16

クラブ別優勝回数[編集]

  • 2019シーズン終了時点のクラブ別優勝回数ランキング。
クラブ名 回数 優勝シーズン
ペニャロール[22][23] 50 1900, 1901, 1905, 1907, 1911, 1918, 1921, 1928, 1929, 1932, 1935, 1936, 1937, 1938, 1944, 1945, 1949, 1951, 1953, 1954, 1958, 1959, 1960, 1961, 1962, 1964, 1965, 1967, 1968, 1973, 1974, 1975, 1978, 1979, 1981, 1982, 1985, 1986, 1993, 1994, 1995, 1996, 1997, 1999, 2003, 2009-10, 2012-13, 2015-16, 2017, 2018
ナシオナル 47 1902, 1903, 1912, 1915, 1916, 1917, 1919, 1920, 1922, 1923, 1924, 1933, 1934, 1939, 1940, 1941, 1942, 1943, 1946, 1947, 1950, 1952, 1955, 1956, 1957, 1963, 1966, 1969, 1970, 1971, 1972, 1977, 1980, 1983, 1992, 1998, 2000, 2001, 2002, 2005, 2005-06, 2008-09, 2010-11, 2011-12, 2014-15, 2016, 2019
リーベル・プレートFC[24] 4 1908, 1910, 1913, 1914
デフェンソール[25] 4 1976, 1987, 1991, 2007-08
ダヌービオ 4 1988, 2004, 2006-07, 2013-14
ワンダラーズ[26] 3 1906, 1909, 1931
ランプラ・ジュニオルス 1 1927
セントラル・エスパニョール[27] 1 1984
プログレッソ 1 1989
ベジャ・ビスタ 1 1990

クラブ別通算成績[編集]

  • 2019シーズン終了時点のクラブ別通算成績ランキング。
  • レギュラーシーズンの他、順位決定プレーオフなどの結果も含む。
  • 勝点は、一律(勝利数×3+引分数)で算出。
  • 太文字は現在も活動しているクラブ。

アマチュアリーグ時代(1900-1931)[編集]

順位 クラブ名 ホームタウン 創設年 在籍年数 初出場年 試合数 勝利数 引分数 敗戦数 得点数 失点数 得失点差 勝点 優勝回数
1 ナシオナル モンテビデオ 1899 27 1901 481 329 90 62 1043 312 731 1077 11
2 ペニャロール[28] モンテビデオ 1891 26 1900 447 297 82 68 904 287 617 973 9
3 ワンダラーズ モンテビデオ 1902 25 1903 463 229 91 143 659 434 225 778 3
4 セントラル・エスパニョール[27] モンテビデオ 1905 17 1909 332 102 85 145 342 418 -76 391 -
5 リーベル・プレートFC[24] モンテビデオ 1897 14 1907 233 102 57 74 314 261 53 363 4
6 ウニベルサルFC モンテビデオ 1907 14 1912 278 98 67 113 327 344 -17 361 -
7 ランプラ・ジュニオルス モンテビデオ 1914 7 1922 182 102 41 39 278 164 114 347 1
8 ベジャ・ビスタ モンテビデオ 1920 6 1923 160 68 43 49 205 172 33 247 -
9 ドゥブリンFC モンテビデオ 不明 13 1908 240 66 45 129 234 380 -146 243 -
10 デフェンソール モンテビデオ 1913 7 1915 168 62 47 59 207 199 8 233 -
11 リベルプール モンテビデオ 1915 8 1920 204 58 57 89 188 222 -34 231 -
12 CAリト モンテビデオ 1917 6 1921 156 50 47 59 177 184 -7 197 -
13 ウルグアイ・オンワルド モンテビデオ 不明 7 1920 178 47 49 82 164 276 -112 190 -
14 ベルグラーノFC モンテビデオ 不明 7 1919 166 45 44 77 119 215 -96 179 -
15 ミシオネスFC[29] モンテビデオ 1906 5 1918 134 47 29 58 151 196 -45 170 -
16 スド・アメリカ モンテビデオ 1914 4 1927 116 41 38 37 132 109 23 161 -
17 レフォルメルスFC モンテビデオ 不明 9 1913 160 37 39 84 97 225 -128 150 -
18 オリンピアFC[30] モンテビデオ 1922 4 1927 116 38 30 48 149 193 -44 144 -
19 CAカプーロ[31] モンテビデオ 1914 4 1927 116 37 27 52 141 176 -35 138 -
20 ラシン・クルブ モンテビデオ 1919 4 1924 112 33 28 51 120 167 -47 127 -
21 ブリストルFC モンテビデオ 不明 7 1908 114 30 22 62 131 202 -71 112 -
22 セロ モンテビデオ 1922 3 1927 94 28 23 43 103 176 -73 107 -
23 チャルレイFC モンテビデオ 不明 8 1917 164 24 31 109 87 308 -221 103 -
24 ドイチャーFK[32] モンテビデオ 1897 9 1900 101 28 13 60 114 236 -122 97 -
25 コロン モンテビデオ 1907 3 1909 76 22 16 38 93 124 -31 82 -
26 フェニックス モンテビデオ 1916 2 1923 44 15 15 14 43 41 2 60 -
27 アルビオンFC モンテビデオ 1891 6 1900 62 16 8 38 94 131 -37 56 -
28 ソルフェリーノSC モンテビデオ 不明 1 1927 38 10 10 18 43 60 -17 40 -
29 CAロサリーノ・セントラル モンテビデオ 不明 1 1927 38 8 8 22 27 50 -23 32 -
30 フレンチFC モンテビデオ 不明 3 1908 54 9 4 41 53 152 -99 31 -
31 ウルグアイ・アトレティック モンテビデオ 1898 4 1900 36 9 2 25 26 91 -65 29 -
32 リベルタ モンテビデオ 不明 2 1910 30 6 7 17 29 56 -27 25 -
33 トリウンフォFC モンテビデオ 不明 2 1902 21 4 3 14 17 64 -47 15 -
34 CAインデペンデンシア モンテビデオ 不明 2 1914 32 2 4 26 17 60 -43 10 -
35 イントレピドFC モンテビデオ 不明 3 1906 38 3 0 35 11 110 -99 9 -
36 オリエンタルFC モンテビデオ 1908 1 1909 20 1 2 17 18 46 -28 5 -
37 ナシオナルB[33] モンテビデオ 1899 1 1906 10 0 0 10 2 10 -8 0 -

プロリーグ時代(1932-)[編集]

順位 クラブ名 ホームタウン 在籍年数 試合数 勝利数 引分数 敗戦数 得点数 失点数 得失点差 勝点 優勝回数
1 ペニャロール モンテビデオ 89 2104 1303 468 333 4389 2091 +2298 4377 41
2 ナシオナル モンテビデオ 89 2102 1307 444 351 4331 2079 +2252 4365 36
3 デフェンソール モンテビデオ 87 2040 832 584 624 3098 2733 +365 3080 4
4 ダヌービオ モンテビデオ 70 1702 655 475 572 2385 2189 +196 2440 4
5 ワンダラーズ モンテビデオ 80 1835 633 537 665 2492 2512 -20 2436 -
6 CAリーベル・プレート[34] モンテビデオ 72 1707 580 485 642 2309 2500 -191 2225 -
7 セロ モンテビデオ 72 1696 562 482 652 2137 2348 -211 2168 -
8 リベルプール モンテビデオ 71 1621 534 452 635 2038 2344 -306 2054 -
9 ランプラ・ジュニオルス モンテビデオ 65 1439 465 403 571 1888 2159 -271 1798 -
10 ベジャ・ビスタ モンテビデオ 49 1217 353 346 518 1444 1814 -370 1405 1
11 セントラル・エスパニョール[27] モンテビデオ 48 1116 327 305 484 1390 1780 -390 1286 1
12 ラシン・クルブ モンテビデオ 49 1146 312 317 517 1405 1948 -543 1253 -
13 スド・アメリカ モンテビデオ 46 1008 269 280 458 1178 1633 -455 1087 -
14 フェニックス モンテビデオ 36 896 279 246 371 1183 1331 -148 1083 -
15 ウラカン・ブセオ モンテビデオ 29 701 180 228 293 722 968 -246 768 -
16 レンティスタス モンテビデオ 26 662 175 204 283 708 958 -250 729 -
17 プログレッソ モンテビデオ 23 592 172 175 245 662 858 -196 691 1
18 ミラマール・ミシオネス[35] モンテビデオ 21 522 128 144 250 607 888 -281 528 -
19 タクアレンボー タクアレンボー 14 421 120 111 190 475 604 -129 471 -
20 フベントゥ ラス・ピエドラス 12 394 98 97 199 433 635 -202 391 -
21 プラサ・コロニア コロニア 9 256 68 81 107 275 348 -73 285 -
22 エル・タンケ・シスレイ モンテビデオ 9 267 71 59 137 264 346 -82 272 -
23 セロ・ラルゴ メロ 6 186 63 45 78 225 263 -38 234 -
24 デポルティーボ・マルドナド マルドナド 6 192 57 51 84 235 310 -75 222 -
25 セリート モンテビデオ 6 175 49 53 73 196 248 -52 200 -
26 ロチャ ロチャ 6 179 50 44 85 233 317 -84 194 -
27 ボストン・リーベル フロリダ 4 125 42 34 49 136 150 -14 160 -
28 デポルティーボ・コロニア フアン・ラカセ 4 118 27 39 52 125 186 -61 120 -
29 アトレティコ・ベジャ・ビスタ[36] パイサンドゥー 4 127 28 33 66 125 217 -92 117 -
30 ビジャ・エスパニョーラ モンテビデオ 6 138 24 38 76 161 260 -99 110 -
31 アテナス サン・カルロス 3 90 23 15 52 95 172 -77 84 -
32 フロンテーラ・リベラ リベラ 2 61 16 11 34 85 118 -33 59 -
33 バサニェス モンテビデオ 2 50 11 18 21 49 78 -29 51 -
34 トルケ モンテビデオ 1 30 6 10 14 29 45 -16 28 -
35 ビジャ・テレサ モンテビデオ 1 30 6 6 18 24 49 -25 24 -
36 パイサンドゥー パイサンドゥー 2 34 4 10 20 41 73 -32 22 -
37 コロン モンテビデオ 1 18 2 3 13 14 40 -26 9 -

国際大会での主要な戦績[編集]

  • 2019シーズン終了時点の戦績。

FIFA/UEFA/CONMEBOL主催大会[編集]

AFA/AUF主催大会[編集]

  • コパ・アルダオ(1913-1957):優勝6回・準優勝10回
    • ナシオナル優勝5回・準優勝5回(1916, 1917, 1919, 1920, 1939, 1940, 1941, 1942, (1946), 1947, 1957 ※1946年大会は非公式)
    • ペニャロール優勝1回・準優勝5回(1918, 1928, 1936, 1937, 1938, 1945)

脚注[編集]

  1. ^ 1900年、ヨーロッパ人が中心となって運営する4クラブ(アルビオンFC(1891年6月1日創設)、CURCC(1891年9月28日創設)、ドイチャーFK(1897年5月23日創設)、ウルグアイ・アトレティック(1898年8月10日創設))によってウルグアイサッカー協会リーグが創設された。
  2. ^ 1901シーズン、ナシオナル(1899年5月14日創設)がウルグアイ人のためのサッカークラブとして初めてリーグに参加。
  3. ^ 1914シーズン、1913年12月13日にCURCCの歴史を継承して創設されたペニャロールがリーグ初参加。
  4. ^ 1922シーズン途中にペニャロールセントラル(現在のセントラル・エスパニョール)がウルグアイサッカー協会(AUF)を脱退。ウルグアイサッカー連盟(FUF)を設立して翌1923シーズンから独自の国内リーグを開催した。
  5. ^ 1923シーズンは、ウルグアイサッカー連盟(FUF)主催の国内リーグも並行して開催されアトレティコ・ワンダラーズが優勝したが、ウルグアイサッカー協会(AUF)はこの大会を公式記録として認めていない。
  6. ^ 1924シーズンは、ウルグアイサッカー連盟(FUF)主催の国内リーグも並行して開催されペニャロールが優勝したが、ウルグアイサッカー協会(AUF)はこの大会を公式記録として認めていない。
  7. ^ 1925シーズンは、ウルグアイサッカー連盟(FUF)主催の国内リーグも並行して開催されたが、リーグ再統一を目指すための国内の混乱によりシーズン途中で打ち切りとなった。
  8. ^ 1926シーズンは、コンセホ・プロビソリオ(暫定理事会)主催の国内リーグが開催されペニャロールが優勝したが、ウルグアイサッカー協会(AUF)はこの大会を公式記録として認めていない。
  9. ^ リーグ再統合を経て、1927シーズンから従来のウルグアイサッカー協会(AUF)主催の国内リーグが再開された。
  10. ^ 1931シーズンは、アマチュアリーグとして開催された最後のシーズン。
  11. ^ 1932シーズンは、プロリーグとして開催された最初のシーズン。
  12. ^ 1947シーズンは、ペニャロールランプラ・ジュニオルスデフェンソールによって行われていた2位決定プレーオフが途中で打ち切りになったため、2位-4位は未確定。
  13. ^ 1948シーズンは、ナシオナルペニャロールCAリーベル・プレートランプラ・ジュニオルスリベルプールデフェンソールセントラルワンダラーズダヌービオセロの10クラブでリーグ開催され第10節まで進行していたが、ストライキで打ち切りとなった。
  14. ^ 1989シーズンは、日程の都合上1回総当たりの短期リーグであった。
  15. ^ 1994シーズンは、初めて前期後期制(アペルトゥーラ・クラウスーラ)が導入された。
  16. ^ 2000前期シーズン終了後、ビジャ・エスパニョーラがスタジアム使用の問題からセグンダ・ディビシオンに降格となり、後期シーズンは17クラブによって争われた。
  17. ^ 2005シーズンは、暦年方式から越年方式への移行のための特別シーズンで、1回総当たりの短期リーグであった。
  18. ^ 2005-06前期シーズンは18クラブが出場した。前期シーズン終了後にパイサンドゥー、フェニックスプラサ・コロニアが降格となり、代わってベジャ・ビスタセントラル・エスパニョールが昇格したため、後期シーズンは17クラブによって争われた。
  19. ^ 2008-09前期シーズン終了後、ビジャ・エスパニョーラが財政上の理由からアマチュアリーグに降格となり、後期シーズンは15クラブによって争われた。
  20. ^ 2016シーズンは、越年方式から暦年方式への移行のための特別シーズンで、1回総当たりの短期リーグであった。
  21. ^ 2018シーズンは、当初は16クラブが参加する予定であったが、エル・タンケ・シスレイが財政上の理由で不参加となった。他の参加した15クラブは不戦勝となり、前期シーズン・後期シーズンともに勝ち点3が加算された。
  22. ^ 前身のCURCC時代の優勝5回を含む。但し、ペニャロールへの移行後もCURCCは1915年まで存続していたことから、両クラブの歴史的連続性については見解が分かれている。
  23. ^ ペニャロールは、1924シーズンのウルグアイサッカー連盟(FUF)主催の国内リーグと、1926シーズンのコンセホ・プロビソリオ(暫定理事会)主催の国内リーグに参加してそれぞれ優勝したが、ウルグアイサッカー協会(AUF)はこれらの大会を公式記録として認めていない。
  24. ^ a b リーベル・プレートFCは、かつてモンテビデオに存在したクラブで1925年に解散した。現在活動しているCAリーベル・プレートとは別のクラブ。
  25. ^ 前身のCAデフェンソール時代の優勝2回を含む。1989年にCAデフェンソールとスポルティングCUが合併してデフェンソール・スポルティングとなった。
  26. ^ ワンダラーズは、1923シーズンのウルグアイサッカー連盟(FUF)主催の国内リーグにアトレティコ・ワンダラーズとして参加して優勝したが、ウルグアイサッカー協会(AUF)はこの大会を公式記録として認めていない。
  27. ^ a b c セントラル・エスパニョールは、1971年にセントラルから改称した。
  28. ^ 前身のCURCC時代の成績(1900シーズン-1913シーズン)を含む。但し、ペニャロールへの移行後もCURCCは1915年まで存続していたことから、両クラブの歴史的連続性については見解が分かれている。
  29. ^ ミシオネスFCは、1980年にCSミラマールと合併してミラマール・ミシオネスが創設された。
  30. ^ オリンピアFCは、1932年にCAカプーロと合併してCAリーベル・プレートが創設された。
  31. ^ CAカプーロは、1932年にオリンピアFCと合併してCAリーベル・プレートが創設された。
  32. ^ ドイチャーFKは、1905シーズン-1906シーズンはSCテウトニア、1907シーズン-1909シーズンはCAモンテビデオと改称し、1909シーズン限りで解散した。
  33. ^ ナシオナルは、1906シーズンに、レギュラーメンバーから成る公式チームに加え、控え選手から成るBチームを出場させた。Bチームは最初の3試合を終えたところで大会を棄権した。
  34. ^ 1932年、CAカプーロとオリンピアFCが合併してCAリーベル・プレートが創設された。
  35. ^ 1980年、CSミラマールとミシオネスFCが合併してミラマール・ミシオネスが創設された。
  36. ^ アトレティコ・ベジャ・ビスタは、2005年にパイサンドゥー・ベジャ・ビスタから改称した。