プリンス・オブ・ペルシャ 二つの魂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
プリンス・オブ・ペルシャ 二つの魂
ジャンル アクションゲーム
対応機種 プレイステーション2
開発元 ユービーアイソフト・モントリオール、カサブランカ・スタジオ
発売元 ユービーアイソフト
人数 オフライン:1人
メディア DVD-ROM
発売日 日本の旗2006年6月15日
対象年齢 CEROC(15才以上対象)
テンプレートを表示

プリンス・オブ・ペルシャ 二つの魂』(Prince of Persia: The Two Thrones)は、ユービーアイソフトとカサブランカ・スタジオが開発し、ユービーアイソフトから発売された3Dタイプのアクションゲームである。英題を和訳すれば、「二つの玉座」となる。

今作ではプリンスと、別人格・ダークプリンスを使ってゲームを進めていく仕組みとなっており、プリンスはを、ダークプリンスは鉄製のを武器として使用する。ダークプリンスの鞭でしか進めない場所も多々ある。 また、今作では一撃で敵を葬り去ることができる「スピードキル」が導入されたほか、馬車などの乗り物に乗って戦う場面がある。

ストーリー[編集]

前作『プリンス・オブ・ペルシャ ケンシノココロ』で、プリンスは「時の女王」カイリーナと共に故郷のバビロンへと戻る。前々作『プリンス・オブ・ペルシャ 時間の砂』で暗躍した大臣の手により、バビロンは壊滅状態に陥る。 大臣が「時のダガー」を用いてカイリーナを殺した結果、そのダガーを通じてカイリーナの力を吸収した大臣は化け物「ヴィジアー」へと変貌する。

一方、「ヴィジアー」を追うプリンスの心の中では、闇の底からもう一人のプリンス・ダークプリンスが生まれ、プリンスの身体を侵し始めていく。

主な登場人物[編集]

プリンス(Prince)
声:大塚明夫
主人公。バビロンに平和をもたらすために奮闘する。
ダークプリンス(Dark Prince)
声:中田譲治
プリンスの心の闇から生まれた人格。残忍で冷酷な性格。
カイリーナ(Kaileena)
声:田中敦子
時の女王。大臣の手によって殺されてしまう。
ファラ(Falah)
前々作に登場したマハラジャ王の娘。大臣に父を殺され、その復讐のためにバビロンへと潜入する。

反響[編集]

本作は、プレイヤーキャラクターの性能を最大限に生かせるかがゲームの進行にかかわることに加え、ヒント機能がないことなどから、死にゲーの一つとして取り上げられることがある[1]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 龍田優貴 (2018年5月29日). “『ダークソウル』から振り返る「死にゲー」クロニクル ゲーマーを惹きつけてやまない魅力とは?”. Real Sound. ブループリント. 2020年6月10日閲覧。