プリンセス関西

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
プリンセス (ミスコンテスト) > プリンセス関西
プリンセス関西
Princess Kansai
DojimaRiverForum-20080503-01.jpg
2008年と2009年大会の会場に使用された堂島リバーフォーラム(大阪・ほたるまち
受賞対象 15歳以上30歳未満の女性
会場 新風館(2007年)
堂島リバーフォーラム
(2008・2009年)
Live&Bar 11 (オンジェム)(2010年)
日本の旗 日本
授与者 AFA株式会社
初回 2007年
最新回 2010年
最新受賞者 杉絵理子

プリンセス関西(プリンセスかんさい)は、関西の女性を対象としたミスコンテスト

概要[編集]

2007年大会の会場となった新風館京都市中京区

関西の女性を対象としたミス・コンテストである。通称『プリカン』。当時の現役大学生らが創設し、2007年から毎年開催されている。発足当初は女子大生のみを対象としていたが、2010年より社会人や高校生のエントリーも可能になり、応募資格が年齢制限(15歳以上30歳未満)のみとなった[1]

2010年以降は全国展開を掲げ、関西以外の地域でも開催されるようになった(プリンセス東京プリンセス名古屋)。それに伴い、2011年に関西地区のミスコン(プリンセス関西)をプリンセス大阪へ名称変更し、全国展開している各ミスコンを含めた総称として「プリカン」の名称を引き続き使用している[2]

表彰項目[編集]

  • グランプリ
  • 準グランプリ
  • 特別賞
  • PV賞
  • スポンサー賞

過去出場者[編集]

2007年[編集]

2008年[編集]

  • 松尾亜衣(グランプリ)
  • 今田果奈(準グランプリ、CA )[6]
  • 深谷江里子(GIZA studio賞、現在「株式会社Gunosy」マーケティング本部在籍)[7]
  • 今村仁美(PV賞、モデル)
  • 今吉めぐみ(ファイナリスト、アイドル)
  • 吉田真葉(ファイナリスト)

2009年[編集]

  • 齋藤理沙(グランプリ)
  • 西村渚(準グランプリ)
  • 高崎沙織(ファイナリスト)
  • 河村真代(ファイナリスト)

2010年[編集]

過去に出演したゲスト[編集]

メディアへの露出[編集]

関西系のテレビ、雑誌などによく出演している。

TV[編集]

雑誌[編集]

映画[編集]

映画とのタイアップや試写会がたびたび行われている。

イベント[編集]

  • 「ビールデンウィーク2009」※ 現「東京ビアパラダイス2010」
  • 「Girls Open Mode」(Music Japan TV)

公式テーマソング[編集]

備考[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ プリカン公式サイトエントリーページ
  2. ^ 名称変更のお知らせ「プリンセス関西」⇒「プリンセス大阪」
  3. ^ インタビュー:前年度グランプリ受賞 青山郁代さん - 関西最大級のミスコンテスト Princess Kansai 2008
  4. ^ 最優秀に同志社女子4年の青山さん | UNN関西学生報道連盟
  5. ^ 「ジャンプスクエア」で『タレント奮走記koppy』連載
  6. ^ “六本木ヒルズに「ビールデン バー」出現”. リアルライブ (内外タイムス). (2009年5月28日). http://npn.co.jp/article/detail/71224330/ 2015年3月15日閲覧。 
  7. ^ 深谷江里子/アカウントエグゼクティブ:社員紹介”. 採用情報. 株式会社Gunosy. 2015年3月15日閲覧。
  8. ^ プリカン|オリジナルのiPhone(アイフォン)、Galaxy S(ギャラクシーS)のケースやカバーが作れる【CASEMAN】
  9. ^ チュート&ブラマヨの正月特番で小杉がサスペンスな挙式
  10. ^ 「プリンセスと魔法のキス」公開記念“ひな祭り!全国プリンセス・プレミア”を開催!
  11. ^ 立命館大生ガールズ・ロッカーが、関西最大級のミスコン公式テーマを歌う
  12. ^ 宇浦冴香、1年ぶり新曲が関西最大級ミスコンの公式テーマソングに(livedoor) - livedoor ニュース
  13. ^ 2007年グランプリ青山郁代、2009年準グランプリ西村渚、2010年グランプリ杉絵里子、2010年特別賞鴨池彩乃、2010年CASEMAN賞清水沙也佳などが該当する。