プレイコミック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
プレイコミック
ジャンル 漫画雑誌
読者対象 青年
刊行頻度 月刊(毎月25日発売)
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
定価 497円
出版社 秋田書店
刊行期間 1968年6月1日 - 2014年7月25日
レーベル プレイコミック・シリーズ

プレイコミック』は、秋田書店の発行していた男性(社会人)向け漫画雑誌1968年6月1日創刊(月2回刊)。2010年月刊化され、2014年7月25日休刊。

概要[編集]

『プレイコミック』は、1968年6月1日に創刊され、創刊編集長は織田訓好が務めた。 創刊より永らく月2回刊誌として刊行されていたが[1][2]2010年8月25日発売の同年10月号より月刊誌としてリニューアルされた[3]。 発売日については、月2回刊の時代は毎月第2・第4金曜日であり[1][2]、リニューアル後は毎月25日発売(前々月発売)となった[3]

青年漫画誌としては最古参の一角であり、1967年創刊の『漫画アクション』(双葉社)や『ヤングコミック』(少年画報社)、翌1968年創刊の『ビッグコミック』とともに新しい市場を開拓していった[4]。 長い歴史の中で売り上げの低迷に伴い、風俗ものやエロものがかなりの部分を占めていた時期もあった。2006年には同年No.1より大幅なリニューアルが行われ、立原あゆみによる新連載や平田弘史による時代物短編などを掲載し、正統派青年漫画誌への回帰が図られた。 なお、お色気路線の行き過ぎによって成人向け漫画化する傾向は、前述の『漫画アクション』および『ヤングコミック』にも見られる。『漫画アクション』は2003年に一旦休刊したものの2004年に復刊し、青年漫画誌としてリニューアルを果たした。『ヤングコミック』は1984年に4コマ漫画誌としてリニューアルされ実質的に消滅(後継誌も1987年に休刊)、1990年成年コミック誌として再創刊されている。

2014年7月25日発売の9月号(通巻1072号)をもって休刊となった[5][6][7]。休刊直前の8月号に開始された新連載『徒然ホロ酔い散歩めし』などを含め、大半の掲載作品が最終9月号にて完結しているが、一部の作品は移籍して継続されている。2014年9月30日に新創刊された『別冊ヤングチャンピオン』には『奮闘! びったれ』(同誌創刊号から『びったれ!!!』として再開)と『キューピー外伝 我妻涼』(同誌創刊号に2話連続掲載で完結。第2号:12月号から『QP 我妻涼 〜Desperado〜』として続編開始)の2作品が移籍。2014年10月21日に始動したWebコミックチャンピオンクロス』には『優駿の門 チャンプ』(「菊花賞」編プロローグ:10月28日配信)が移籍となっている。

休刊時の連載作品[編集]

以下の項目は、最終号となった2014年9月号時点での掲載作品(読み切りを含まず)。※印の作品は最終号にて完結。

その他の連載作品[編集]

あ行[編集]

か行[編集]

さ行[編集]

た行[編集]

  • タイム虎ベル(石ノ森章太郎)
  • 濁ジョータロー(作:板垣恵介、画:叶精作
  • たけし君の純情(みやたけし
  • 旅人たち(永島慎二
  • 探偵◆力豪(峰岸とおる
  • ちゃんこデブ煮えた?(いがらし惠)
  • 津軽青春山河(司敬
  • 月の教室(立原あゆみ)
  • できんボーイZ(田村信
  • 鉄火場(原作:来賀友志、作画:武美和)
  • デパートメント(玄太郎)
  • 天使のフェロモン(大地翔)
  • DOORS(佐多みさき)
  • 東京アンデッド(原作:中山茂大、作画:佐伊村司)
  • 逃亡医F(原作:伊月慶悟、作画:佐藤マコト
  • 透明社員X(山田こうすけ
  • ドランクヴィーナスちどり(原作:青木健生、作画:岸みきお)

な行[編集]

は行[編集]

  • 牌の魔術師(作:阿佐田哲也、画:北野英明
  • はがし屋拳士(水穂しゅうし
  • 白衣のアマゾネス(作:粕谷秀夫、画:いしわた周一)
  • 働くオジさん 〜地上の星になれ(出沢昌平)
  • ハンターお竜(棚下照生
  • バブルガム(原作:神津しおん、作画:成田マナブ)
  • パパは大物!(大和正樹)
  • パパはもっともっと大モノ!(原作:鳴海丈、作画:大和正樹
  • 比興の者(原作:宮崎克、作画:ケン月影)
  • ピクニック・ロード(はやせ淳
  • 美女斬り御免! だるま大吾郎艶情剣(著:鳴海丈、挿絵:八月薫)※小説
  • 美食広域捜査官 英薫(原作:九十九森、作画:今泉伸二
  • 秘書はマドンナ(大和正樹)
  • 火見子(村生ミオ)
  • ビューティ男(原作:伊月慶悟、作画:叶精作)
  • ひょう六活人剣(名胡桃ゆう)
  • FOOD BROKER ハイエナ(作:九十九森、画:旭凛太郎
  • プカリトピア(岩本久則
  • 奮闘! びったれ(原作:田島隆、作画:高橋昌大) → 『別冊ヤングチャンピオン』に移籍、『びったれ!!!』に改題。
  • ぶんぼべらし(いとう耐
  • ヘイ! タクシー(佐多みさき)
  • 紅刷り夜太(作:梶川良、画:甲良幹二郎
  • 毒猫 〜PoisonCat〜(原作:平井りゅうじ、作画:岡田正尚
  • 報道ギャング ABSURD!米原秀幸
  • ほどよい男たちのバラード(東陽片岡
  • 滅びの笛(原作:西村寿行、作画:田辺節雄)
  • 暴走総理(渋沢サツキ)

ま行[編集]

  • マーメイド(原作:桜小路むつみ、作画:フルヤヒロム)
  • ミスターフライ(作:柿崎雅人、画:畠山耕太郎
  • メトロ・サヴァイブ(藤澤勇希
  • めらんこりっ喰・街道(作:樫村ヨウ、画:望月あきら
  • 妄想漫画俘虜記 夜はじゅんじゅん(原作:羽生生純、写真:朱埈鏞

や行[編集]

ら行[編集]

わ行[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 秋田書店 プレイコミック 2010年No.14 ※月刊化の前々号。
  2. ^ a b 秋田書店 プレイコミック 2010年No.15+16 ※月刊化直前の合併号。
  3. ^ a b 秋田書店 プレイコミック 2010年10月号 ※月刊化後の初回号。
  4. ^ 少年画報社公式サイト「少年画報社のあゆみ」ヤングコミック (初期劇画雑誌バージョン) - データなし(2006年7月10日時点のインターネットアーカイブ
  5. ^ 秋田書店 プレイコミック 2014年9月号 - 秋田書店 2014年7月25日
  6. ^ 秋田書店のプレイコミックが次号で休刊、46年の歴史に幕 - コミックナタリー 2014年6月25日
  7. ^ プレイコミック休刊、連載作の移籍先など発表 - コミックナタリー 2014年7月25日