プレオブラジェンスコエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
プレオブラジェンスコエ
ロシア語: Преображе́нское
在りし日のプレオブラジェンスコエの町並み(1897年撮影)
在りし日のプレオブラジェンスコエの町並み(1897年撮影)
位置
プレオブラジェンスコエの位置(カムチャツカ地方内)
プレオブラジェンスコエ
プレオブラジェンスコエ
プレオブラジェンスコエの位置(ロシア内)
プレオブラジェンスコエ
プレオブラジェンスコエ

カムチャツカ地方/ロシア内におけるプレオブラジェンスコエの位置
座標 : 北緯54度47分28秒 東経167度34分39秒 / 北緯54.79111度 東経167.57750度 / 54.79111; 167.57750
歴史
成立 19世紀
廃止 1970年
行政
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
 構成共和国 Flag of the Russian Soviet Federative Socialist Republic.svg ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国
  カムチャツカ地方の旗 カムチャツカ州
 地区 アレウト地区ロシア語版
 村 プレオブラジェンスコエ
人口
人口 (2006年現在)
  村域 0人
行政は廃止時の情報

プレオブラジェンスコエロシア語: Преображе́нское, ラテン文字転写: Preobrazhenskoye)は、かつてソビエト連邦ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国カムチャツカ州アレウト地区ロシア語版に存在した自治体村落)(セロロシア語: село))。カムチャツカ半島の東に位置するコマンドルスキー諸島メードヌイ島に存在した。現在、村落の存在した場所は、ロシア連邦カムチャツカ地方アレウト地区に属する。

プレオブラジェンスコエは、19世紀アリューシャン列島ニア諸島アッツ島から移住してきたアレウト人によって建設された。住人は、を用いた捕鯨アザラシ猟を営んでいた。この捕鯨や海洋動物の狩猟がプレオブラジェンスコエに住む人々の経済的な大黒柱であった。

メードヌイ島に存在した集落の中で最も大きかったが、1960年代後半には人口が減少して無人化し、1970年に廃止された[1]

脚注[編集]

関連項目[編集]