プレスボーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

プレスボーン古希: Πρέσβων, Presbōn)は、ギリシア神話の人物である。長母音を省略してプレスボンとも表記される。プリクソスコルキスの王アイエーテースの娘カルキオペーとの子。通常、2人の子はアルゴス、プロンティス、メラース、キュティッソーロスの4人だが[1][2]エピメニデースはさらにプレスボーンを加えたと伝えられている[3]。母親をアイエーテースの娘イオポッサとする説もある[4][5]クリュメノスの父[6]

パウサニアスによると、アタマースは3人目の妻テミストーとの間に生まれたレウコーンの死後、プリクソスが生きているのか、あるいはプリクソスに子孫がいるのか分からなかったので、シーシュポスの孫ハリアルトスとコローノスを養子に迎えた[7]。後にプレスボーンがオルコメノスに帰国すると、2人の同意を得てアタマースから祖父の館とその周辺地域を継承し、ハリアルトスとコローノスも領地の一部を譲り受けてハリアルトス市とコロネイア市を創建した[8]

その後、子供のクリュメノスはミニュアースの家系が途絶えた後にオルコメノスの王となった[6]トロイア戦争に出征したアスカラポスイアルメノスはプレスボーンの子孫である[9]

 
 
プリクソス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
プレスボーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
クリュメノス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エルギーノス
 
ストラティオス
 
アローン
 
ピュレオス
 
アゼウス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
トロポーニオス
 
アガメーデース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アクトール
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アレース
 
アステュオケー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アスカラポス
 
イアルメノス
 


脚注[編集]

  1. ^ ロドスのアポローニオスアルゴナウティカ』2巻1155行-1156行。
  2. ^ アポロドーロス、1巻9・1。
  3. ^ エピメニデース断片12(ロドスのアポローニオス『アルゴナウティカ』2巻1122行への古註)。
  4. ^ アクーシラーオス断片25(ロドスのアポローニオス『アルゴナウティカ』2巻1122行への古註)。
  5. ^ ヘーシオドス断片193。『大エーホイアイ』(ロドスのアポローニオス『アルゴナウティカ』2巻1122行への古註)。
  6. ^ a b パウサニアス、9巻37・1。
  7. ^ パウサニアス、9巻34・7。
  8. ^ パウサニアス、9巻34・8。
  9. ^ パウサニアス、9巻37・7。

参考文献[編集]

関連項目[編集]