プレブドルジ・オルホン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
獲得メダル
モンゴルの旗 モンゴル
女子 レスリング・フリースタイル
世界選手権
2017 パリ 63kg級
アジア大会
剥奪 2018 ジャカルタ 62kg級
世界ジュニア
2013 ソフィア 55kg級

プレブドルジ・オルホン(Pürevdorj Orkhon、1993年12月25日 - )は、モンゴルウランバートル出身の女子レスリング選手である。階級は62kg級。身長163cm[1][2]

来歴[編集]

2007年にレスリングを始めた[2]。2013年の世界ジュニア55㎏級では準決勝で川井梨紗子に敗れるも3位になった[2]。2016年のヤリギン国際大会58㎏級では決勝で世界チャンピオンの伊調馨に10-0のテクニカルフォール勝ちして優勝した。この結果、伊調は13年ぶりの敗戦を喫することになり、不戦敗を除く連勝記録も189で止まった[3][4]リオデジャネイロオリンピックでは2回戦でロシアのワレリア・コブロワに敗れるなどして7位に終わった[1][2]。2017年には世界選手権の63㎏級で優勝した[2]。2018年のアジア大会62㎏級では準決勝で60㎏級世界チャンピオンの川井梨紗子にフォール勝ちするなどして優勝した。これで個人戦の国際大会では2017年のヤリギン国際で勝って以来、10大会連続優勝を果たすことになった[2][5]。しかしその後、アナボリックステロイドスタノゾロールが検出されたことにより、アジア大会の金メダルを剥奪された[6][7]

主な戦績[編集]

63㎏級での戦績

62㎏級での戦績

(出典[2]

脚注[編集]