プレミアリーグ (バレーボール)の成績一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

プレミアリーグの成績一覧(プレミアリーグのせいせきいちらん)は、1994年から毎年開催されているバレーボールVプレミアリーグ(旧Vリーグ)の成績一覧である。旧日本リーグの成績については、全日本バレーボール選抜男女リーグの成績一覧を参照のこと。

男子[編集]

レギュラーラウンド順位[編集]

回 / シーズン 1位 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位
第1回 東レ NEC サントリー 新日鐵 JT 富士フイルム 松下電器 住友金属 - -
第2回 NEC サントリー JT 新日鐵 東レ 松下電器 富士フイルム 日新製鋼 - -
第3回 新日鐵 JT NEC サントリー 松下電器 東レ 富士フイルム NECホームエレクトロニクス - -
第4回 新日鐵 松下電器 NEC サントリー 富士フイルム 住友金属 東レ JT - -
第5回 松下電器 サントリー 東レ NEC 富士フイルム 新日鐵 JT NTT東海 豊田合成 旭化成
第6回 新日鐵 NEC サントリー 東レ JT 松下電器 富士フイルム NTT西日本 豊田合成 旭化成
第7回 サントリー 東レ JT NEC 松下電器 旭化成 富士フイルム 日立国分 NTT西日本
第8回 東レ NEC サントリー JT 松下電器 富士フイルム 旭化成 NTT西日本 日立国分[4]
第9回 NEC JT 松下電器 サントリー 東レ 豊田合成 旭化成 - -
第10回 JT 松下電器 サントリー NEC 豊田合成 東レ 旭化成 - -
第11回 東レ JT 松下電器 NEC サントリー 豊田合成 旭化成 - -
第12回 サントリー NEC JT 松下電器 東レ 豊田合成 旭化成[5] - -
2006/07 サントリー 東レ パナソニック 豊田合成 JT NEC 大分三好 - -
2007/08 サントリー パナソニック 東レ 豊田合成 JT NEC 大分三好 - -
2008/09 サントリー 東レ パナソニック JT 豊田合成 NEC[6] 大分三好[7] - -
2009/10 パナソニック 東レ 豊田合成 サントリー JT 大分三好 FC東京 - -
2010/11 サントリー 東レ パナソニック JT 豊田合成 FC東京 大分三好 - -
2011/12 東レ パナソニック サントリー FC東京 豊田合成 JT 大分三好 - -
2012/13 サントリー パナソニック 東レ 豊田合成 JT FC東京 大分三好 - -
2013/14 パナソニック JT 東レ 豊田合成 サントリー FC東京 ジェイテクト - -
2014/15 JT サントリー 豊田合成 パナソニック ジェイテクト 東レ FC東京 - -
2015/16 豊田合成 東レ ジェイテクト パナソニック JT サントリー FC東京 - -
2016/17 豊田合成 東レ パナソニック サントリー ジェイテクト JT FC東京 - -
2017/18 パナソニック 豊田合成 東レ JT サントリー ジェイテクト FC東京 - -

ファイナルラウンド順位[編集]

回 / シーズン 優勝 準優勝 3位 4位
第1回 サントリー 新日鐵 NEC 東レ
第2回 NEC 新日鐵 JT サントリー
第3回 新日鐵 JT NEC サントリー
第4回 新日鐵 NEC 松下電器 サントリー
第5回 NEC 東レ サントリー 松下電器
第6回 サントリー 東レ NEC 新日鐵
第7回 サントリー JT 東レ NEC
第8回 サントリー 東レ NEC
第9回 サントリー JT 松下電器 NEC
第10回 サントリー JT 松下電器
第11回 東レ NEC JT 松下電器
第12回 サントリー NEC JT
2006/07 サントリー 東レ パナソニック 豊田合成
2007/08 パナソニック 東レ サントリー
2008/09 東レ パナソニック サントリー
2009/10 パナソニック 東レ 豊田合成
2010/11 [8]
2011/12 パナソニック 東レ サントリー
2012/13 パナソニック 東レ サントリー
2013/14 パナソニック JT 東レ

ファイナル6順位[編集]

シーズン 1位 2位 3位 4位 5位 6位
2014/15 JT サントリー 豊田合成 ジェイテクト パナソニック
2015/16 豊田合成 東レ パナソニック ジェイテクト JT
2016/17 東レ 豊田合成 ジェイテクト サントリー パナソニック
2017/18 パナソニック 豊田合成 JT 東レ ジェイテクト サントリー

ファイナル3・ファイナル順位[編集]

シーズン 優勝 準優勝 3位
2014/15 JT サントリー 豊田合成
2015/16 豊田合成 パナソニック 東レ
2016/17 東レ 豊田合成 ジェイテクト
2017/18 パナソニック 豊田合成 JT

個人賞(1)[編集]

回 / シーズン 優勝監督賞 最高殊勲選手賞 敢闘賞 ベスト6賞 ベストリベロ賞
第1回 渡辺輝明
(サントリー)
ロバート・サミュエルソン
(サントリー)
中垣内祐一
(新日鐵)
泉川正幸
(東レ)
佐々木太一
(サントリー)
張翔
(東レ)
ロバート・サミュエルソン
(サントリー)
中垣内祐一
(新日鐵)
眞鍋政義
(新日鐵)
-
第2回 寺廻太
(NEC)
エドワルド・アルーダ
(NEC)
中垣内祐一
(新日鐵)
オレーク・シャトーノフ
(JT)
ロバート・サミュエルソン
(サントリー)
張翔
(東レ)
中垣内祐一
(新日鐵)
エドワルド・アルーダ
(NEC)
眞鍋政義
(新日鐵)
-
第3回 眞鍋政義
(新日鐵)
中垣内祐一
(新日鐵)
パーベル・シシキン
(JT)
オレーク・シャトーノフ
(JT)
楊成太
(NEC)
中垣内祐一
(新日鐵)
眞鍋政義
(新日鐵)
青山繁
(富士フイルム)
パーベル・シシキン
(JT)
-
第4回 田中幹保
(新日鐵)
中垣内祐一
(新日鐵)
オロフ・ファンダールミューレン
(NEC)
中垣内祐一
(新日鐵)
大竹秀之
(NEC)
眞鍋政義
(新日鐵)
宮崎謙彦
(松下電器)
オロフ・ファンダールミューレン
(NEC)
ヒド・イェルツェン
(松下電器)
-
第5回 金子敏和
(NEC)
オロフ・ファンダールミューレン
(NEC)
泉川正幸
(東レ)
ジルソン・ベルナルド
(サントリー)
ロイ・ボール
(東レ)
オロフ・ファンダールミューレン
(NEC)
宮崎謙彦
(松下電器)
ヒド・イェルツェン
(松下電器)
佐々木太一
(サントリー)
-
第6回 桑田美仁
(サントリー)
ジルソン・ベルナルド
(サントリー)
加藤陽一
(東レ)
ジルソン・ベルナルド
(サントリー)
トーマス・ホフ
(東レ)
竹内実
(NEC)
中垣内祐一
(新日鐵)
佐々木太一
(サントリー)
市橋祐之
(新日鐵)
-
第7回 桑田美仁
(サントリー)
ジルソン・ベルナルド
(サントリー)
イリア・サベリエフ
(JT)
ジルソン・ベルナルド
(サントリー)
イリア・サベリエフ
(JT)
佐々木太一
(サントリー)
トーマス・ホフ
(東レ)
眞鍋政義
(新日鐵)
徳元幸人
(JT)
-
第8回 鳥羽賢二
(サントリー)
ジルソン・ベルナルド
(サントリー)
カルロス・ダシルバ
(東レ)
佐々木太一
(サントリー)
ジルソン・ベルナルド
(サントリー)
甲斐祐之
(堺)
加藤陽一
(東レ)
カルロス・ダシルバ
(東レ)
宇佐美大輔
(NEC)
津曲勝利
(サントリー)
第9回 鳥羽賢二
(サントリー)
ジルソン・ベルナルド
(サントリー)
イリア・サベリエフ
(JT)
ジルソン・ベルナルド
(サントリー)
齋藤信治
(東レ)
眞鍋政義
(松下電器)
アンデルソン・ロドリゲス
(NEC)
尾上健司
(JT)
イリア・サベリエフ
(JT)
山本健之
(JT)
第10回 鳥羽賢二
(サントリー)
ジルソン・ベルナルド
(サントリー)
イリア・サベリエフ
(JT)
イリア・サベリエフ
(JT)
ジルソン・ベルナルド
(サントリー)
山本隆弘
(パナソニック)
杉山マルコス
(堺)
アンデルソン・ロドリゲス
(NEC)
臺光章
(JT)
津曲勝利
(サントリー)
第11回 矢島久徳
(東レ)
パーベル・アブラーモフ
(東レ)
宇佐美大輔
(NEC)
パーベル・アブラーモフ
(東レ)
齋藤信治
(東レ)
イリア・サベリエフ
(JT)
北川祐介
(松下電器)
宇佐美大輔
(NEC)
細川延由
(NEC)
田辺修
(東レ)
第12回 中垣内祐一
(堺)
千葉進也
(堺)
越川優
(サントリー)
千葉進也
(堺)
ピント・ロドリゴ
(堺)
金井修也
(堺)
越川優
(サントリー)
松本慶彦
(NEC)
ガブリエル・ガードナー
(JT)
増野彰
(堺)
2006/07 河野克巳
(サントリー)
越川優
(サントリー)
ウラジミール・ニコロフ
(東レ)
ウラジミール・ニコロフ
(東レ)
越川優
(サントリー)
荻野正二
(サントリー)
富松崇彰
(東レ)
川浦博昭
(豊田合成)
栗原圭介
(サントリー)
津曲勝利
(サントリー)
2007/08 南部正司
(パナソニック)
山本隆弘
(パナソニック)
篠田歩
(東レ)
山本隆弘
(パナソニック)
フェリッペ・フォンテレス
(パナソニック)
越川優
(サントリー)
山村宏太
(サントリー)
篠田歩
(東レ)
宇佐美大輔
(パナソニック)
永野健
(パナソニック)
2008/09 矢島久徳
(東レ)
デヤン・ボヨビッチ
(東レ)
朝長孝介
(堺)
デヤン・ボヨビッチ
(東レ)
エンダキ・エムブレイ
(堺)
越川優
(サントリー)
山村宏太
(サントリー)
富松崇彰
(東レ)
栗原圭介
(サントリー)
井上裕介
(堺)
2009/10 南部正司
(パナソニック)
清水邦広
(パナソニック)
北島武
(堺)
清水邦広
(パナソニック)
福澤達哉
(パナソニック)
石島雄介
(堺)
富松崇彰
(東レ)
北川祐介
(豊田合成)
宇佐美大輔
(パナソニック)
井上裕介
(堺)
2010/11 酒井新悟
(堺)
石島雄介
(堺)
米山達也
(サントリー)
石島雄介
(堺)
エンダキ・エムブレイ
(堺)
清水邦広
(パナソニック)
鈴木寛史
(サントリー)
冨松崇彰
(東レ)
今村俊
(堺)
永野健
(パナソニック)
2011/12 南部正司
(パナソニック)
福澤達哉
(パナソニック)
米山裕太
(東レ)
清水邦広
(パナソニック)
デヤン・ボヨビッチ
(東レ)
福澤達哉
(パナソニック)
富松崇彰
(東レ)
松本慶彦
(堺)
宇佐美大輔
(パナソニック)
永野健
(パナソニック)
2012/13 酒井新悟
(堺)
ミラン・ペピチ
(堺)
川村慎二
(パナソニック)
ミラン・ペピチ
(堺)
横田一義
(堺)
今村駿
(堺)
福澤達哉
(パナソニック)
越川優
(サントリー)
近裕崇
(豊田合成)
永野健
(パナソニック)
2013/14 南部正司
(パナソニック)
清水邦広
(パナソニック)
越川優
(JT)
清水邦広
(パナソニック)
白澤健児
(パナソニック)
深津英臣
(パナソニック)
越川優
(JT)
ミラン・ペピチ
(堺)
富松崇彰
(東レ)
古賀幸一郎
(豊田合成)
2014/15 ヴェセリン・ヴコヴィッチ
(JT)
越川優
(JT)
エバンドロ・グエッラ
(サントリー)
越川優
(JT)
レアンドロ・ヴィソット
(JT)
町野仁志
(JT)
深津旭弘
(JT)
栗山雅史
(サントリー)
松本慶彦
(堺)
古賀幸一郎
(豊田合成)
2015/16 アンディッシュ・クリスティアンソン
(豊田合成)
イゴール・オムルチェン
(豊田合成)
清水邦広
(パナソニック)
イゴール・オムルチェン
(豊田合成)
内山正平
(豊田合成)
高松卓矢
(豊田合成)
傳田亮太
(豊田合成)
清水邦広
(パナソニック)
富松崇彰
(東レ)
古賀幸一郎
(豊田合成)
2016/17 小林敦
(東レ)
ニコラ・ジョルジェフ
(東レ)
イゴール・オムルチェン
(豊田合成)
イゴール・オムルチェン
(豊田合成)
ニコラ・ジョルジェフ
(東レ)
藤井直伸
(東レ)
マテイ・カジースキ
(ジェイテクト)
富松崇彰
(東レ)
傳田亮太
(豊田合成)
古賀幸一郎
(豊田合成)
2017/18 川村慎二
(パナソニック)
ミハウ・クビアク
(パナソニック)
高松卓矢
(豊田合成)
ミハウ・クビアク
(パナソニック)
清水邦広
(パナソニック)
白澤健児
(パナソニック)
深津英臣
(パナソニック)
トーマス・エドガー
(JT)
傳田亮太
(豊田合成)
古賀幸一郎
(豊田合成)

個人賞(2)[編集]

新人賞 得点王 スパイク賞 ブロック賞 サーブ賞 サーブレシーブ賞 レシーブ賞 猛打賞 特別賞
第1回 平野信孝
(JT)
- 植田辰哉
(新日鐵)
オレーク・シャトーノフ
(JT)
エドウィン・ベン
(新日鐵)
トロイ・ターナー
(松下電器)
ジーノ・ブルーソー
(サントリー)
宮崎謙彦
(松下電器)
-
第2回 - - オレーク・シャトーノフ
(JT)
オレーク・シャトーノフ
(JT)
ロバート・サミュエルソン
(サントリー)
桐原勇人
(新日鐵)
青山繁
(富士フイルム)
張翔
(東レ)
-
第3回 高橋智則
(新日鐵)
- オレーク・シャトーノフ
(JT)
オレーク・シャトーノフ
(JT)
アンドレ・フィレイラ
(NEC・HE)
出倉諭
(富士フイルム)
荻野正二
(サントリー)
アンドレ・フィレイラ
(NEC・HE)
青山繁
(富士フイルム)
第4回 朝日健太郎
(サントリー)
- 小林敦
(東レ)
朝日健太郎
(サントリー)
オロフ・ファンダールミューレン
(NEC)
古田博幸
(住友金属)
青山繁
(富士フイルム)
イリア・サベリエフ
(住友金属)
イリア・サベリエフ
(住友金属)
第5回 川浦博昭
(富士フイルム)
ジルソン・ベルナルド
(サントリー)
桑田鎮典
(サントリー)
小川淳
(新日鐵)
ジルソン・ベルナルド
(サントリー)
古田博幸
(旭化成)
古田博幸
(旭化成)
ジルソン・ベルナルド
(サントリー)
オレーク・シャトーノフ
(JT)
第6回 加藤陽一
(東レ)
ジルソン・ベルナルド
(サントリー)
トーマス・ホフ
(東レ)
朝日健太郎
(サントリー)
ジルソン・ベルナルド
(サントリー)
青山繁
(富士フイルム)
青山繁
(富士フイルム)
ジルソン・ベルナルド
(サントリー)
-
第7回 河野裕輔
(JT)
ジルソン・ベルナルド
(サントリー)
トーマス・ホフ
(東レ)
渡邉正堂
(NEC)
イリア・サベリエフ
(JT)
大森陽祐
(NEC)
大森陽祐
(NEC)
ジルソン・ベルナルド
(サントリー)
-
第8回 甲斐祐之
(堺)
ジルソン・ベルナルド
(サントリー)
佐々木太一
(サントリー)
米山博之
(松下電器)
ジルソン・ベルナルド
(サントリー)
青山繁
(東レ)
青山繁
(東レ)
- -
第9回 越谷章
(東レ)
ジルソン・ベルナルド
(サントリー)
齋藤信治
(東レ)
尾上健司
(JT)
ジルソン・ベルナルド
(サントリー)
青山繁
(東レ)
青山繁
(東レ)
- -
第10回 越川優
(サントリー)
アンデルソン・ロドリゲス
(NEC)
齋藤信治
(東レ)
北川祐介
(松下電器)
アンデルソン・ロドリゲス
(NEC)
津曲勝利
(サントリー)
青山繁
(東レ)
- 青山繁
(東レ)
佐々木太一
(サントリー)
ジルソン・ベルナルド
(サントリー)
第11回 阿部裕太
(東レ)
エルナルド・ゴメス
(豊田合成)
北川祐介
(松下電器)
北川祐介
(松下電器)
パーベル・アブラーモフ
(東レ)
杉山マルコス
(堺)
荻野正二
(サントリー)
- -
第12回 石島雄介
(堺)
ガブリエル・ガードナー
(JT)
松本慶彦
(NEC)
北川祐介
(松下電器)
越川優
(サントリー)
徳元幸人
(JT)
荻野正二
(サントリー)
- -
シーズン 新人賞 得点王 スパイク賞 ブロック賞 サーブ賞 サーブレシーブ賞 レシーブ賞 優秀GM賞
2006/07 富松崇彰
(東レ)
フィリップ・マイヨ
(大分三好)
川浦博昭
(豊田合成)
富松崇高
(東レ)
ウラジミール・ニコロフ
(東レ)
井上裕介
(大分三好)
荻野正二
(サントリー)
山下仁
(JT)
2007/08 白澤健児
(パナソニック)
レアンドロ・アラウジョ・ダ・シルバ
(東レ)
川浦博昭
(豊田合成)
北川祐介
(豊田合成)
エンダキ・エムブレイ
(堺)
井上裕介
(大分三好)
越谷章
(東レ)
小田勝美
(堺)
2008/09 福澤達哉
(パナソニック)
エルナルド・ゴメス
(JT)
山村宏太
(サントリー)
北川祐介
(豊田合成)
越川優
(サントリー)
杉山マルコス
(サントリー)
田辺修
(東レ)
原文比古
(FC東京)
2009/10 今村駿
(堺)
デヤン・ボヨビッチ
(東レ)
清水邦広
(パナソニック)
富松崇彰
(東レ)
北島武
(堺)
越谷章
(東レ)
永野健
(パナソニック)
平田逸夫
(熊本県バレーボール協会理事長)
2010/11 岡本祥吾
(サントリー)
エルナルド・ゴメス
(JT)
清水邦広
(パナソニック)
富松崇彰
(東レ)
エルナルド・ゴメス
(JT)
古賀幸一郎
(豊田合成)
金子隆行
(サントリー)
-
2011/12 手塚大
(FC東京)
ジェームス・オンテレ
(大分三好)
松本慶彦
(堺)
富松崇彰
(東レ)
手塚大
(FC東京)
永野健
(パナソニック)
米山裕太
(東レ)
春田政幸
(パナソニック)
2012/13 千々木駿介
(堺)
ミラン・ペピチ
(堺)
近裕崇
(豊田合成)
富松崇彰
(東レ)
ジョンパウロ・タヴァレス
(パナソニック)
永野健
(パナソニック)
米山裕太
(東レ)
早野容司
(ジェイテクト)
2013/14 深津英臣
(パナソニック)
ミラン・ペピチ
(堺)
清水邦広
(パナソニック)
富松崇彰
(東レ)
越川優
(JT)
古賀幸一郎
(豊田合成)
酒井大祐
(JT)
栗生澤淳一
(JT)
2014/15 鶴田大樹
(サントリー)
イゴール・オムルチェン
(豊田合成)
松本慶彦
(堺)
鈴木寛史
(サントリー)
レアンドロ・ヴィゾット
(JT)
酒井大祐
(JT)
酒井大祐
(JT)
河野克己
(サントリー)
2015/16 柳田将洋
(サントリー)
イゴール・オムルチェン
(豊田合成)
李博
(東レ)
富松崇彰
(東レ)
イゴール・オムルチェン
(豊田合成)
古賀幸一郎
(豊田合成)
永野健
(パナソニック)
窪田隆一
(富士通)
2016/17 藤中謙也
(サントリー)
イゴール・オムルチェン
(豊田合成)
栗山英之
(FC東京)
富松崇彰
(東レ)
マテイ・カジースキ
(ジェイテクト)
古賀幸一郎
(豊田合成)
米山裕太
(東レ)
横井俊広
(豊田合成)
2017/18 井上航
(JT)
トーマス・エドガー
(JT)
栗山英之
(FC東京)
白澤健児
(パナソニック)
マテイ・カジースキ
(ジェイテクト)
古賀幸一郎
(豊田合成)
永野健
(パナソニック)
山野春夫
(東レ)

個人賞(3)[編集]

松平康隆賞 特別賞 功労賞 20周年
ニューヒーロー賞
2013/14 - - - 井手智
(東レ)
2016/17 小林敦
(東レ)
- 石島雄介
越川優
-
2017/18 川村慎二
(パナソニック)
山村宏太
(サントリー)
- -

個人通算記録[編集]

通算出場試合数[編集]

※=現役、チーム名は2016/17シーズン終了時または引退時所属

順位 選手名 チーム名 リーグ数 試合数
1 山村宏太 サントリーサンバーズ 15 352
2 荻野正二 サントリーサンバーズ 15 331
3 盛重龍 FC東京 14 323
4 川村慎二 パナソニック・パンサーズ 14 321
5 川浦博昭 豊田合成トレフェルサ 14 316
6 甲斐祐之 JTサンダーズ 14 309
7 松本慶彦 堺ブレイザーズ 13 301
8 小糸敬夫 [パナソニック・パンサーズ 15 299
9 酒井大祐 サントリーサンバーズ 14 296
10 山本隆弘 パナソニック・パンサーズ 12 294

通算出場セット数[編集]

※=現役、チーム名は2016/17シーズン終了時または引退時所属

順位 選手名 チーム名 リーグ数 セット数
1 山村宏太 サントリーサンバーズ 15 1158
2 酒井大祐 サントリーサンバーズ 14 1135
3 川浦博昭 豊田合成トレフェルサ 14 1096
4 松本慶彦 堺ブレイザーズ 13 1067
5 北川祐介 豊田合成トレフェルサ 11 992
6 古賀幸一郎 豊田合成トレフェルサ 11 992
7 荻野正二 サントリーサンバーズ 15 986
7 盛重龍 FC東京 14 986
9 越川優 JTサンダーズ 11 981
10 宇佐美大輔 パナソニック・パンサーズ 12 976

連続出場試合数[編集]

※=現役、チーム名は記録達成時所属

順位 選手名 チーム名 開始日 終了日 試合数
1 古賀幸一郎 豊田合成トレフェルサ 2007/3/3 (継続中) 258
2 栗原圭介 サントリーサンバーズ 2000/1/15 2010/1/9 243
3 竹内実 NECブルーロケッツ 1994/12/23 2005/10/16 231
4 清水雅之 サントリーサンバーズ 1994/12/17 2005/02/26 226
5 井上裕介 堺ブレイザーズ 2008/3/22 (継続中) 222
6 青山繁 東レ・アローズ 1994/12/23 2005/1/31 219
7 石島雄介 堺ブレイザーズ 2008/11/8 20156/12/11 211
8 高橋和人 ジェイテクトSTINGS 2009/1/31 2016/12/11 206
9 米山裕太 東レ・アローズ 2009/2/7 (継続中) 204
10 伊藤信博 堺ブレイザーズ 2002/02/24 2010/1/17 196

アタック決定率[編集]

2000打数以上 ※=現役、チーム名は2016/17シーズン終了時または引退時所属

順位 選手名 チーム名 リーグ数 セット数 打数 決定率(%)
1 オレーク・シャトーノフ JTサンダーズ 5 339 3179 58.35
2 佐々木太一 サントリーサンバーズ 11 774 3886 56.77
3 川浦博昭 豊田合成トレフェルサ 14 1096 3764 55.95
4 小林敦 東レ・アローズ 11 707 2507 55.64
5 大竹秀之 NECブルーロケッツ 7 457 2646 55.56
6 ジルソン・ベルナルド サントリーサンバーズ 6 409 5357 54.97
7 ロバート・サミュエルソン サントリーサンバーズ 3 236 2846 53.58
8 イリア・サベリエフ JTサンダーズ 6 460 4924 53.21
9 ヴァレリー・ゴリュチェフ 新日鐵ブレイザーズ 2 140 2244 53.12
10 パーベル・シシキン JTサンダーズ 3 161 2115 52.67

セット平均ブロック決定本数[編集]

3リーグ出場以上 ※=現役、チーム名は2016/17シーズン終了時または引退時所属

順位 選手名 チーム名 リーグ数 セット数 決定本数
1 オレーク・シャトーノフ JTサンダーズ 5 339 1.4543
2 大竹秀之 NECブルーロケッツ 7 457 1.3326
3 ロバート・サミュエルソン サントリーサンバーズ 3 236 1.2288
4 村上貴裕 東レ・アローズ 3 165 1.2182
5 秋山央 東レ・アローズ 5 302 1.2053
6 泉水智 NECブルーロケッツ 5 259 1.1081
7 朝日健太郎 サントリーサンバーズ 5 315 1.0857
8 米山博之 松下電器パナソニックパンサーズ 6 410 1.0805
9 湯浅政彦 新日鐵ブレイザーズ 5 282 0.9894
10 栗生澤淳一 JTサンダーズ 4 253 0.9723

ブロック決定本数[編集]

※=現役、チーム名は2016/17シーズン終了時または引退時所属

順位 選手名 チーム名 リーグ数 セット数 決定本数
1 北川祐介 豊田合成トレフェルサ 11 992 845
2 富松崇彰 東レ・アローズ 11 960 809
3 山村宏太 サントリーサンバーズ 15 1158 683
4 川浦博昭 豊田合成トレフェルサ 14 1096 652
5 白澤健児 パナソニックパンサーズ 10 895 644
6 佐々木太一 サントリーサンバーズ 11 774 631
7 大竹秀之 NECブルーロケッツ 7 457 609
8 松本慶彦 堺ブレイザーズ 13 1067 546
9 オレーク・シャトーノフ JTサンダーズ 5 339 493
10 篠田歩 東レ・アローズ 12 899 484

サーブ効果率[編集]

1000打数以上 ※=現役、チーム名は2016/17シーズン終了時または引退時所属

順位 選手名 チーム名 リーグ数 打数 効果率
1 ジルソン・ベルナルド サントリーサンバーズ 6 1935 19.72
2 イゴール・オムルチェン 豊田合成トレフェルサ 5 1911 18.47
3 ミラン・ペピチ FC東京 5 1631 17.71
4 越川優 JTサンダーズ 11 3808 16.96
5 イリア・サベリエフ JTサンダーズ 6 2096 16.479
6 鈴木悠二 東レ・アローズ 8 13421 16.43
7 サンドロ・カントル 松下電器パナソニックパンサーズ 4 1366 15.88
8 エルナルド・ゴメス JTサンダーズ 5 1831 15.63
9 エンダキ・エムブレイ 堺ブレイザーズ 5 1474 15.50
10 山本隆弘 パナソニックパンサーズ 12 3010 15.43
10 高橋和人 ジェイテクトSTINGS 11 2858 15.43

個人大会記録[編集]

アタック決定率[編集]

※=現役、太字は日本人最高記録

順位 選手名 チーム名 リーグ名 打数 決定率(%)
1 オレーク・シャトーノフ JTサンダーズ 第3回 603 64.68
2 佐々木太一 サントリーサンバーズ 第8回 204 63.73
3 トーマス・ホフ 東レ・アローズ 第7回 205 63.41
4 佐々木太一 サントリーサンバーズ 第7回 180 63.33
5 トーマス・ホフ 東レ・アローズ 第6回 272 62.50
6 北川祐介 松下電器パナソニックパンサーズ 第11回 305 62.30
7 佐々木太一 サントリーサンバーズ 第6回 212 61.79
8 澤畠雄一郎 新日鐵ブレイザーズ 第6回 198 61.62
9 北川祐介 松下電器パナソニックパンサーズ 第8回 231 61.04
10 オレーク・シャトーノフ JTサンダーズ 第2回 790 60.89

最多得点[編集]

ラリーポイント制導入(第6回リーグ)以降 ※=現役

順位 選手名 チーム名 リーグ名 アタック ブロック サーブ 得点合計
1 エルナルド・ゴメス 豊田合成トレフェルサ 第11回 654 31 26 711
2 フィリップ・マイヨ 大分三好ヴァイセアドラー 2006/07 650 29 22 701
3 ミラン・ペピチ 堺ブレイザーズ 2013/14 578 61 48 687
4 エルナルド・ゴメス JTサンダーズ 2008/09 594 58 22 674
5 ウラジミール・ニコロフ 東レ・アローズ 2006/07 568 45 56 669
6 エルナルド・ゴメス JTサンダーズ 2010/11 571 43 43 657
7 イゴール・オムルチェン JTサンダーズ 2013/14 571 46 35 652
8 ジルソン・ベルナルド サントリーサンバーズ 第9回 546 25 63 634
9 レアンドロ・アラウジョ・ダ・シルバ 東レ・アローズ 2007/08 558 37 36 631
10 デヤン・ボヨビッチ 東レ・アローズ 2008/09 544 57 26 627

セット平均ブロック決定本数[編集]

※=現役、太字は日本人最高記録

順位 選手名 チーム名 リーグ名 決定本数
1 小川淳 新日鐵ブレイザーズ 第5回 1.8333
2 湯浅政彦 新日鐵ブレイザーズ 第5回 1.7955
3 オレーク・シャトーノフ JTサンダーズ 第2回 1.6829
4 蔭山弘道 富士フイルム・プラネッツ 第2回 1.6447
5 オレーク・シャトーノフ JTサンダーズ 第3回 1.6235
6 大竹秀之 NECブルーロケッツ 第3回 1.5915
7 オレーク・シャトーノフ JTサンダーズ 第1回 1.5854
8 大竹秀之 NECブルーロケッツ 第2回 1.5802
9 佐々木太一 サントリーサンバーズ 第5回 1.5763
10 朝日健太郎 サントリーサンバーズ 第4回 1.5536

サーブレシーブ成功率[編集]

※=現役、太字は日本人最高記録

順位 選手名 チーム名 リーグ名 成功率(%)
1 古田博幸 住友金属ギラソール 第4回 87.88
2 米山博之 松下電器パナソニックパンサーズ 第4回 86.96
3 古田博幸 旭化成スパーキッズ 第5回 86.90
4 青山繁 富士フイルム・プラネッツ 第4回 86.27
5 出倉諭 富士フイルム・プラネッツ 第3回 86.25
6 竹内実 NECブルーロケッツ 第4回 85.95
7 桐原勇人 新日鐵ブレイザーズ 第2回 85.11
8 青山繁 富士フイルム・プラネッツ 第3回 85.10
9 青山繁 富士フイルム・プラネッツ 第8回 84.69
10 荻野正二 サントリーサンバーズ 第2回 84.66

サーブ効果率[編集]

※=現役、太字は日本人最高記録

順位 選手名 チーム名 リーグ名 打数 効果率(%)
1 イリア・サベリエフ JTサンダーズ 第7回 280 24.48
2 ジルソン・ベルナルド サントリーサンバーズ 第9回 369 23.93
3 イゴール・オムルチェン 豊田合成トレフェルサ 2015/16 362 23.65
4 ジルソン・ベルナルド サントリーサンバーズ 第7回 297 23.20
5 ミラン・ペピチ 堺ブレイザーズ 2015/16 293 22.20
6 マテイ・カジースキ ジェイテクトSTINGS 2016/17 329 21.20
7 越川優 JTサンダーズ 2013/14 485 21.10
8 アンデルソン・ロドリゲス NECブルーロケッツ 第10回 333 20.72
9 マテイ・カジースキ ジェイテクトSTINGS 2015/16 311 20.68
10 ジルソン・ベルナルド サントリーサンバーズ 第6回 279 20.38

特別表彰[編集]

Vリーグ栄誉賞[編集]

優勝に貢献した選手(MVPまたは敢闘賞5回以上)

※=旧:日本リーグの受賞回数を含む

選手名 チーム名 受賞回数
田中幹保 新日鐵 MVP:7回、敢闘賞:4回
森田淳悟 日本鋼管 MVP:2回、敢闘賞:4回
中垣内祐一 新日鐵ブレイザーズ MVP:3回、敢闘賞:3回
山田修司 富士フイルム MVP:2回、敢闘賞:4回
ジルソン・ベルナルド サントリーサンバーズ MVP:5回
個人記録で傑出した選手(個人賞10回以上)

※=現役、旧:日本リーグの受賞回数を含む

選手名 チーム名 受賞回数
田中幹保 新日鐵 20
ジルソン・ベルナルド サントリーサンバーズ 18
富松崇彰 東レ・アローズ 16
森田淳悟 日本鋼管 15
大古誠司 日本鋼管/サントリー 14
小田勝美 新日鐵 13
青山繁 富士フイルム/東レ・アローズ 13
眞鍋政義 新日鐵/松下電器/旭化成 12
中垣内祐一 新日鐵ブレイザーズ 12
岩島章博 富士フイルム 11
荻野正二 サントリーサンバーズ 11
山田修司 富士フイルム 10
植田辰哉 新日鐵ブレイザーズ 10
越川優 サントリーサンバーズ/JT 10
長期活躍している選手(10シーズン、230試合以上出場)

※=現役

選手名 チーム名 出場試合数
山村宏太 サントリー 352
荻野正二 サントリー 331
盛重龍 豊田合成/FC東京 323
川村慎二 パナソニック 321
川浦博昭 富士フイルム/豊田合成 316
甲斐祐之 堺/旭化成/豊田合成/JT 309
松本慶彦 NEC/堺 301
小糸敬夫 パナソニック 299
酒井大祐 JT/サントリー 296
山本隆弘 パナソニック 294
宇佐美大輔 NEC/パナソニック 293
阿部裕太 東レ/サントリー 293
徳元幸人 JT 275
鈴木寛史 サントリー 273
篠田歩 東レ 272
越川優 サントリー/JT 268
井上裕介 大分三好/堺 266
津曲勝利 サントリー 264
古賀幸一郎 NEC/豊田合成 263
富松崇彰 東レ 262
田辺修 東レ 261
坂本雄一郎 日立国分/サントリー 259
栗原圭介 サントリー 259
石島雄介 257
平野信孝 JT 256
小西健太 堺/パナソニック 256
北川祐介 松下電器 256
枩田優介 パナソニック 253
谷村孝 パナソニック 252
伊藤信博 新日鉄/堺 249
町野仁志 JT 248
北島武 247
白澤健児 パナソニック 247
米山裕太 東レ 242
宮下雅寛 JT 241
金子隆行 NEC/サントリー 238
高橋和人 豊田合成/大分三好/ジェイテクト 238
永野健 パナソニック 236
角田辰徳 東レ/ジェイテクト 235
高橋慎治 旭化成/NEC/ジェイテクト 235
竹内実 NKK/NEC 232
青山繁 富士フイルム/東レ 231
齋藤信治 東レ 230
岡本秀明 豊田合成 230

Vリーグ日本記録賞[編集]

※=現役

部門 選手名 チーム名 リーグ名 記録
スパイク 佐々木太一 サントリーサンバーズ 第8回 63.73%
最多得点 越川優 JTサンダーズ 2013/14 532点
ブロック 小川淳 新日鐵ブレイザーズ 第5回 183本
サーブ 越川優 JTサンダーズ 2013/14 21.1%
サーブレシーブ 古田博幸 住友金属ギラソール 第4回 87.89%

女子[編集]

レギュラーラウンド順位[編集]

回 / シーズン 1位 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位
第1回 ダイエー ユニチカ 日立 イトーヨーカドー NEC 小田急 日本電装 久光製薬スプリングス - -
第2回 ダイエー 東洋紡 NEC ユニチカ イトーヨーカドー 日立 小田急 東芝 - -
第3回 NEC 東洋紡 イトーヨーカドー デンソー ユニチカ ダイエー 日立 JT - -
第4回 ダイエー NEC イトーヨーカドー ユニチカ デンソー 東洋紡 東芝 小田急 - -
第5回 デンソー NEC 東洋紡 日立 オレンジアタッカーズ ユニチカ イトーヨーカドー 日立佐和 東芝 小田急[9]
第6回 NEC 東洋紡 ユニチカ 日立 オレンジアタッカーズ デンソー JT イトーヨーカドー シーガルズ 日立佐和
第7回 NEC 東洋紡 久光製薬スプリングアタッカーズ 東レ イトーヨーカドー 日立 パイオニア JT デンソー シーガルズ
第8回 東レ パイオニア 久光製薬スプリングアタッカーズ NEC シーガルズ 東洋紡 武富士 デンソー JT -
第9回 NEC 久光製薬 東レ 武富士 パイオニア シーガルズ デンソー 日立佐和 - -
第10回 パイオニア 東レ NEC 久光製薬 シーガルズ 日立佐和 JT 武富士 デンソー 茂原
第11回 パイオニア NEC JT デンソー シーガルズ 久光製薬 武富士 東レ 日立佐和 茂原
第12回 パイオニア 久光製薬 東レ 武富士 シーガルズ NEC JT 日立佐和 デンソー 茂原[10]
2006/07 久光製薬 JT 武富士 パイオニア NEC 東レ デンソー 岡山 日立佐和 トヨタ車体
2007/08 東レ デンソー 久光製薬 岡山 パイオニア NEC トヨタ車体 JT 武富士 日立佐和
2008/09 東レ 久光製薬 NEC デンソー トヨタ車体 パイオニア 岡山 武富士[10] JT 日立佐和
2009/10 JT 東レ 久光製薬 デンソー NEC 岡山 トヨタ車体 パイオニア - -
2010/11 JT 東レ 久光製薬 NEC トヨタ車体 デンソー パイオニア 岡山 - -
2011/12 東レ 久光製薬 デンソー 岡山 JT パイオニア トヨタ車体 NEC - -
2012/13 NEC 久光製薬 東レ 岡山 トヨタ車体 JT デンソー パイオニア - -
2013/14 久光製薬 東レ 岡山 トヨタ車体 NEC 日立 JT パイオニア[10] - -
2014/15 久光製薬 NEC 岡山 上尾 東レ 日立 デンソー トヨタ車体 - -
2015/16 東レ 久光製薬 日立 岡山 NEC トヨタ車体 デンソー 上尾 - -
2016/17 NEC 久光製薬 日立 JT トヨタ車体 東レ 岡山 PFU - -
2017/18 久光製薬 JT トヨタ車体 デンソー NEC 東レ 上尾 日立 - -

ファイナルラウンド順位[編集]

回 / シーズン 優勝 準優勝 3位 4位
第1回 ダイエー ユニチカ 日立 イトーヨーカドー
第2回 ユニチカ NEC 東洋紡 ダイエー
第3回 NEC 東洋紡 デンソー イトーヨーカドー
第4回 ダイエー NEC ユニチカ イトーヨーカドー
第5回 東洋紡 日立 NEC デンソー
第6回 NEC 東洋紡 ユニチカ 日立
第7回 東洋紡 久光製薬スプリングアタッカーズ NEC 東レ
第8回 久光製薬スプリングアタッカーズ NEC パイオニア 東レ
第9回 NEC 武富士 東レ 久光製薬
第10回 パイオニア 東レ 久光製薬 NEC
第11回 NEC パイオニア デンソー JT
第12回 パイオニア 久光製薬 武富士 東レ
2006/07 久光製薬 JT パイオニア 武富士
2007/08 東レ デンソー 久光製薬 岡山
2008/09 東レ 久光製薬 NEC デンソー
2009/10 東レ JT デンソー 久光製薬
2010/11 [8]
2011/12 東レ 久光製薬 デンソー 岡山
2012/13 久光製薬 東レ 岡山 NEC
2013/14 久光製薬 岡山 東レ トヨタ車体

ファイナル6順位[編集]

シーズン 1位 2位 3位 4位 5位 6位
2014/15 久光製薬 NEC 上尾 岡山 日立 東レ
2015/16 日立 東レ 久光製薬 NEC トヨタ車体 岡山
2016/17 NEC 久光製薬 日立 JT トヨタ車体 東レ
2017/18 JT 久光製薬 トヨタ車体 デンソー NEC 東レ

ファイナル3・ファイナル順位[編集]

シーズン 優勝 準優勝 3位
2014/15 NEC 久光製薬 上尾
2015/16 久光製薬 日立 東レ
2016/17 NEC 久光製薬 日立
2017/18 久光製薬 JT トヨタ車体

個人賞(1)[編集]

回 / シーズン 優勝監督賞 最高殊勲選手賞 敢闘賞 ベスト6賞 ベストリベロ賞
第1回 アリー・セリンジャー
(ダイエー)
ポーラ・ワイショフ
(ダイエー)
中西千枝子
(ユニチカ)
福田記代子
(日立)
高山佳代
(イトーヨーカドー)
ポーラ・ワイショフ
(ダイエー)
許春蓮
(ユニチカ)
バーバラ・イエリッチ
(日本電装)
中西千枝子
(ユニチカ)
-
第2回 達川実
(ユニチカ)
佐伯美香
(ユニチカ)
エレーナ・バトフチナ
(NEC)
マガリ・カルバハル
(ダイエー)
エレーナ・バトフチナ
(NEC)
大林素子
(東洋紡)
佐伯美香
(ユニチカ)
エフゲーニャ・アルタモノワ
(東洋紡)
中西千枝子
(ユニチカ)
-
第3回 葛和伸元
(NEC)
エレーナ・バトフチナ
(NEC)
大林素子
(東洋紡)
斎藤真由美
(イトーヨーカドー)
エフゲーニャ・アルタモノワ
(東洋紡)
大懸郁久美
(NEC)
エレーナ・バトフチナ
(NEC)
バーバラ・イエリッチ
(デンソー)
矢野美紀
(NEC)
-
第4回 アリー・セリンジャー
(ダイエー)
斎藤真由美
(ダイエー)
大懸郁久美
(NEC)
吉原知子
(ダイエー)
ガブリエラ・ペレス
(イトーヨーカドー)
斎藤真由美
(ダイエー)
ヨーコ・ゼッターランド
(ダイエー)
大懸郁久美
(NEC)
エレーナ・チューリナ
(NEC)
-
第5回 柳本晶一
(東洋紡)
エフゲーニャ・アルタモノワ
(東洋紡)
リュボフ・ソコロワ
(日立)
バーバラ・イエリッチ
(デンソー)
リュボフ・ソコロワ
(日立)
エフゲーニャ・アルタモノワ
(東洋紡)
大懸郁久美
(NEC)
吉原知子
(オレンジアタッカーズ)
磯辺絵梨子
(ユニチカ)
-
第6回 吉川正博
(NEC)
大懸郁久美
(NEC)
吉原知子
(東洋紡)
大懸郁久美
(NEC)
熊前知加子
(ユニチカ)
江藤直美
(日立)
竹下佳江
(NEC)
先野久美子
(オレンジアタッカーズ)
吉原知子
(東洋紡)
-
第7回 柳本晶一
(東洋紡)
吉原知子
(東洋紡)
関井陽子
(久光製薬スプリングアタッカーズ)
大懸郁久美
(NEC)
熊前知加子
(東レ)
佐々木みき
(東洋紡)
竹下佳江
(NEC)
吉原知子
(東洋紡)
関井陽子
(久光製薬スプリングアタッカーズ)
-
第8回 アビタル・セリンジャー
(久光製薬スプリングアタッカーズ)
先野久美子
(久光製薬スプリングアタッカーズ)
高橋みゆき
(NEC)
熊前知加子
(東レ)
杉山祥子
(NEC)
椿本真恵
(パイオニア)
先野久美子
(久光製薬スプリングアタッカーズ)
高橋みゆき
(NEC)
鶴田桂子
(久光製薬スプリングアタッカーズ)
高橋幸子
(久光製薬スプリングアタッカーズ)
第9回 葛和伸元
(NEC)
高橋みゆき
(NEC)
エフゲーニャ・アルタモノワ
(武富士)
エフゲーニャ・アルタモノワ
(武富士)
高橋みゆき
(NEC)
フランシーヌ・フールマン
(久光製薬)
熊前知加子
(東レ)
杉山祥子
(NEC)
大貫美奈子
(NEC)
佐野優子
(東レ)
第10回 アリー・セリンジャー
(パイオニア)
佐々木みき
(パイオニア)
モニーク・アダムス
(東レ)
杉山祥子
(NEC)
佐々木みき
(パイオニア)
フランシーヌ・フールマン
(パイオニア)
モニーク・アダムス
(東レ)
荒木絵里香
(東レ)
竹下佳江
(JT)
津雲博子
(NEC)
第11回 吉川正博
(NEC)
仁木希
(NEC)
フランシーヌ・フールマン
(パイオニア)
仁木希
(NEC)
大貫美奈子
(NEC)
佐々木みき
(パイオニア)
フランシーヌ・フールマン
(パイオニア)
熊前知加子
(JT)
先野久美子
(久光製薬)
櫻井由香
(デンソー)
第12回 アリー・セリンジャー
(パイオニア)
栗原恵
(パイオニア)
ケニア・カルカセス
(久光製薬)
栗原恵
(パイオニア)
フランシーヌ・フールマン
(パイオニア)
内田役子
(パイオニア)
ケニア・カルカセス
(久光製薬)
荒木絵里香
(東レ)
杉山祥子
(NEC)
吉田あい
(久光製薬)
2006/07 眞鍋政義
(久光製薬)
先野久美子
(久光製薬)
モレーノ・ピーノ・ケニー
(JT)
モレーノ・ピーノ・ケニー
(JT)
アナパウラ・ロペス・フェレイラ
(久光製薬)
谷口雅美
(JT)
先野久美子
(久光製薬)
井上香織
(デンソー)
橋本直子
(久光製薬)
佐野優子
(久光製薬)
2007/08 菅野幸一郎
(東レ)
荒木絵里香
(東レ)
岡野知子
(デンソー)
イエレナ・パブロワ
(久光製薬)
ベタニア・デラクルス
(東レ)
木村沙織
(東レ)
荒木絵里香
(東レ)
井上香織
(デンソー)
中道瞳
(東レ)
佐野優子
(久光製薬)
2008/09 菅野幸一郎
(東レ)
張越紅
(東レ)
佐野優子
(久光製薬)
張越紅
(東レ)
木村沙織
(東レ)
兵動希
(久光製薬)
西脇万里子
(東レ)
杉山祥子
(NEC)
中道瞳
(東レ)
佐野優子
(久光製薬)
2009/10 菅野幸一郎
(東レ)
木村沙織
(東レ)
キム・ヨンギョン
(JT)
木村沙織
(東レ)
キム・ヨンギョン
(JT)
迫田さおり
(東レ)
荒木絵里香
(東レ)
山本愛
(JT)
竹下佳江
(JT)
濱口華菜里
(東レ)
2010/11 石原昭久
(JT)
キム・ヨンギョン
(JT)
木村沙織
(東レ)
キム・ヨンギョン
(JT)
木村沙織
(東レ)
フェルナンダ・ガライ
(NEC)
荒木絵里香
(東レ)
山本愛
(JT)
竹下佳江
(JT)
井上琴絵
(JT)
2011/12 菅野幸一郎
(東レ)
荒木絵里香
(東レ)
石田瑞穂
(久光製薬)
ベタニア・デラクルス
(デンソー)
木村沙織
(東レ)
石田瑞穂
(久光製薬)
荒木絵里香
(東レ)
山口舞
(岡山)
中道瞳
(東レ)
座安琴希
(久光製薬)
2012/13 中田久美
(久光製薬)
長岡望悠
(久光製薬)
荒木絵里香
(東レ)
長岡望悠
(久光製薬)
平井香菜子
(久光製薬)
古藤千鶴
(久光製薬)
荒木絵里香
(東レ)
迫田さおり
(東レ)
近江あかり
(NEC)
座安琴希
(久光製薬)
2013/14 中田久美
(久光製薬)
新鍋理沙
(久光製薬)
宮下遥
(岡山)
長岡望悠
(久光製薬)
新鍋理沙
(久光製薬)
岩坂名奈
(久光製薬)
山口舞
(岡山)
宮下遥
(岡山)
迫田さおり
(東レ)
筒井さやか
(久光製薬)
2014/15 山田晃豊
(NEC)
近江あかり
(NEC)
長岡望悠
(久光製薬)
近江あかり
(NEC)
島村春世
(NEC)
山口かなめ
(NEC)
長岡望悠
(久光製薬)
新鍋理沙
(久光製薬)
荒木絵里香
(上尾)
岩崎紗也加
(NEC)
2015/16 中田久美
(久光製薬)
長岡望悠
(久光製薬)
佐藤美弥
(日立)
長岡望悠
(久光製薬)
岩坂名奈
(久光製薬)
佐藤美弥
(日立)
ローレン・パオリーニ
(日立)
迫田さおり
(東レ)
ポリーナ・ラヒモワ
(トヨタ車体)
佐藤あり紗
(日立)
2016/17 山田晃豊
(NEC)
古賀紗理那
(NEC)
石井優希
(久光製薬)
古賀紗理那
(NEC)
大野果奈
(NEC)
山口かなめ
(NEC)
長岡望悠
(久光製薬)
ポリーナ・ラヒモワ
(トヨタ車体)
荒木絵里香
(トヨタ車体)
佐藤あり紗
(日立)
2017/18 酒井新悟
(久光製薬)
石井優希
(久光製薬)
ブランキツァ・ミハイロビッチ
(JT)
石井優希
(久光製薬)
フォルケ・アキンラデウォ
(久光製薬)
ブランキツァ・ミハイロビッチ
(JT)
田中美咲
(JT)
ネリマン・ゲンシュレック
(トヨタ車体)
荒木絵里香
(トヨタ車体)
小幡真子
(JT)

個人賞(2)[編集]

新人賞 得点王 スパイク賞 ブロック賞 サーブ賞 サーブレシーブ賞 レシーブ賞 猛打賞 特別賞
第1回 備前夕子
(日立)
- ポーラ・ワイショフ
(ダイエー)
江越由佳
(ユニチカ)
バーバラ・イエリッチ
(日本電装)
エレーナ・バトフチナ
(NEC)
中西千枝子
(ユニチカ)
バーバラ・イエリッチ
(日本電装)
-
第2回 中野由紀
(東洋紡)
- エリザベータ・ティーシェンコ
(NEC)
ナターリヤ・モロゾワ
(東洋紡)
エレーナ・チェブキナ
(イトーヨーカドー)
エレーナ・バトフチナ
(NEC)
佐伯美香
(ユニチカ)
マガリ・カルバハル
(ダイエー)
-
第3回 佐々木みき
(ダイエー)
- エリザベータ・ティーシェンコ
(NEC)
ナターリヤ・モロゾワ
(東洋紡)
タチヤーナ・メンソーワ
(JT)
大懸郁久美
(NEC)
中村和美
(ユニチカ)
バーバラ・イエリッチ
(デンソー)
大林素子
(東洋紡)
佐伯美香
(ユニチカ)
第4回 満永ひとみ
(ダイエー)
- 吉原知子
(ダイエー)
ガブリエラ・ペレス
(イトーヨーカドー)
エレーナ・バトフチナ
(NEC)
大懸郁久美
(NEC)
津雲博子
(NEC)
バーバラ・イエリッチ
(デンソー)
バーバラ・イエリッチ
(デンソー)
第5回 杉山祥子
(NEC)
バーバラ・イエリッチ
(デンソー)
バーバラ・イエリッチ
(デンソー)
江越由佳
(ユニチカ)
バーバラ・イエリッチ
(デンソー)
津雲博子
(NEC)
津雲博子
(NEC)
バーバラ・イエリッチ
(デンソー)
バーバラ・イエリッチ
(デンソー)
第6回 高橋みゆき
(NEC)
熊前知加子
(ユニチカ)
先野久美子
(オレンジアタッカーズ)
江藤直美
(日立)
丹山美紗緒
(東洋紡)
櫻井由香
(デンソー)
津雲博子
(NEC)
熊前知加子
(ユニチカ)
-
第7回 大友愛
(NEC)
熊前知加子
(東レ)
森山淳子
(東洋紡)
江藤直美
(日立)
向井久子
(東レ)
大懸郁久美
(NEC)
高橋幸子
(久光製薬スプリングアタッカーズ)
熊前知加子
(東レ)
-
第8回 冨田寧寧
(東レ)
熊前知加子
(東レ)
杉山祥子
(NEC)
ダニエル・スコット
(パイオニア)
大貫美奈子
(NEC)
田中姿子
(NEC)
木村久美
(東レ)
- -
第9回 井村仁美
(武富士)
エフゲーニャ・アルタモノワ
(武富士)
フランシーヌ・フールマン
(久光製薬)
ダニエル・スコット
(パイオニア)
高橋みゆき
(NEC)
佐野優子
(東レ)
高橋みゆき
(NEC)
- -
第10回 大山加奈
(東レ)
佐々木みき
(パイオニア)
フランシーヌ・フールマン
(パイオニア)
杉山祥子
(NEC)
高橋みゆき
(NEC)
狩野美雪
(茂原)
竹下佳江
(JT)
- 大貫美奈子
(NEC)
第11回 河村めぐみ
(NEC)
タイーバ・ハニーフ
(武富士)
先野久美子
(久光製薬)
フランシーヌ・フールマン
(パイオニア)
板橋恵
(日立佐和)
吉田あい
(久光製薬)
菅山かおる
(JT)
- -
第12回 木村沙織
(東レ)
ケニア・カルカセス
(久光製薬)
フランシーヌ・フールマン
(パイオニア)
杉山祥子
(NEC)
栗原恵
(パイオニア)
井野亜季子
(日立佐和)
成田郁久美
(久光製薬)
- -
シーズン 新人賞 得点王 スパイク賞 ブロック賞 サーブ賞 サーブレシーブ賞 レシーブ賞 優秀GM賞
2006/07 石川友紀
(武富士)
モレーノ・ピーノ・ケニー
(JT)
西脇万里子
(東レ)
井上香織
(デンソー)
栗原恵
(パイオニア)
井野亜季子
(日立佐和)
成田郁久美
(久光製薬)
田中俊文
(久光製薬)
2007/08 坂下麻衣子
(JT)
イエレナ・パブロワ
(久光製薬)
荒木絵里香
(東レ)
荒木絵里香
(東レ)
板橋恵
(日立佐和)
佐野優子
(久光製薬)
濱口華菜里
(東レ)
木村武
(東レ)
2008/09 宮田由佳里
(東レ)
レナタ・コロンボ
(トヨタ車体)
西脇万里子
(東レ)
杉山祥子
(NEC)
栗原恵
(パイオニア)
佐野優子
(久光製薬)
岡野知子
(デンソー)
岡野實
(岡山)
2009/10 熊谷桜子
(デンソー)
キム・ヨンギョン
(JT)
荒木絵里香
(東レ)
井上香織
(デンソー)
迫田さおり
(東レ)
成田郁久美
(パイオニア)
井上琴絵
(JT)
林孝彦
(NEC)
2010/11 新鍋理沙
(久光製薬)
フェルナンダ・ガライ
(NEC)
フォルケ・アキンラデウォ
(トヨタ車体)
内藤香菜子
(NEC)
エリザンジェラ・オリベイラ
(久光製薬)
井野亜季子
(NEC)
井野亜季子
(NEC)
-
2011/12 森谷史佳
(パイオニア)
ベタニア・デラクルス
(デンソー)
ローレン・ギブマイヤ
(トヨタ車体)
荒木絵里香
(東レ)
張紫音
(NEC)
座安琴希
(久光製薬)
新鍋理沙
(久光製薬)
内山晃
(東レ)
2012/13 近江あかり
(NEC)
カナニ・ダニエルソン
(トヨタ車体)
荒木絵里香
(東レ)
荒木絵里香
(東レ)
荒木絵里香
(東レ)
座安琴希
(久光製薬)
新鍋理沙
(久光製薬)
萱島章
(久光製薬)
2013/14 奥村麻依
(JT)
迫田さおり
(東レ)
ローレン・パオリーニ
(日立)
奥村麻依
(JT)
石井優希
(久光製薬)
新鍋理沙
(久光製薬)
佐藤あり紗
(日立)
山ノ川孝二
(日立)
2014/15 柳田光綺
(NEC)
ミア・イエルコフ
(デンソー)
ローレン・パオリーニ
(日立)
荒木絵里香
(上尾)
ケリー・マーフィー
(上尾)
新鍋理沙
(久光製薬)
新鍋理沙
(久光製薬)
肥留川正弘
(上尾)
2015/16 古賀紗理那
(NEC)
ポリーナ・ラヒモワ
(トヨタ車体)
テトリ・ディクソン
(東レ)
荒木絵里香
(上尾)
ポリーナ・ラヒモワ
(トヨタ車体)
新鍋理沙
(久光製薬)
新鍋理沙
(久光製薬)
中村貴司
(NEC)
2016/17 小田桃香
(トヨタ車体)
ポリーナ・ラヒモワ
(トヨタ車体)
カーリー・ウォパット
(東レ)
荒木絵里香
(トヨタ車体)
ポリーナ・ラヒモワ
(トヨタ車体)
佐藤あり紗
(日立)
鳥越未玖
(NEC)
丹羽康雄
(JT)
2017/18 黒後愛
(東レ)
ネリマン・ゲンシュレック
(トヨタ車体)
フォルケ・アキンラデウォ
(久光製薬)
荒木絵里香
(トヨタ車体)
金杉由香
(JT)
新鍋理沙
(久光製薬)
石井優希
(久光製薬)
永田將人
(デンソー)

個人賞(3)[編集]

松平康隆賞 功労賞 20周年
ニューヒーロー賞
2013/14 - - 内瀬戸真実
(日立)
2016/17 山田晃豊
(NEC)
木村沙織
(東レ)
-
2017/18 酒井新悟
(久光製薬)
- -

個人通算記録[編集]

通算出場試合数[編集]

※=現役、チーム名は2016/17シーズン終了時または引退時所属

順位 選手名 チーム名 リーグ数 試合数
1 櫻井由香 デンソー・エアリービーズ 17 381
2 岡野弘子 岡山シーガルズ 17 363
2 山口舞 岡山シーガルズ 16 363
4 森和代 岡山シーガルズ 16 353
5 杉山祥子 NECレッドロケッツ 15 347
6 成田郁久美 パイオニアレッドウィングス 15 344
7 佐々木みき パイオニアレッドウィングス 16 339
8 谷口雅美 JTマーヴェラス 15 337
9 原桂子 久光製薬スプリングス 16 336
10 先野久美子 久光製薬スプリングス 16 329

通算出場セット数[編集]

※=現役、チーム名は2016/17シーズン終了時または引退時所属

順位 選手名 チーム名 リーグ数 セット数
1 杉山祥子 NECレッドロケッツ 15 1303
2 櫻井由香 デンソー・エアリービーズ 17 1295
3 山口舞 岡山シーガルズ 16 1281
4 森和代 岡山シーガルズ 16 1243
5 成田郁久美 パイオニアレッドウィングス 15 1238
6 多治見麻子 パイオニアレッドウィングス 15 1137
7 岡野弘子 岡山シーガルズ 17 1136
8 谷口雅美 JTマーヴェラス 15 1111
9 足立留美 武富士バンブー 15 1109
10 荒木絵里香 トヨタ車体クインシーズ 12 1086

連続出場試合数[編集]

※=現役、チーム名は記録達成時所属

順位 選手名 チーム名 開始日 終了日 試合数
1 杉山祥子 NECレッドロケッツ 1998/12/23 2013/3/24 347
2 足立留美 武富士バンブー 1994/12/17 2009/3/21 328
3 森和代 岡山シーガルズ 1999/12/18 2012/3/4 301
4 大貫美奈子 NECレッドロケッツ 1994/12/18 2008/3/16 300
5 櫻井由香 デンソー・エアリービーズ 1996/12/7 2008/3/15 279
6 山口舞 岡山シーガルズ 2002/12/7 2013/11/25 253
7 大村加奈子 久光製薬スプリングス 1997/12/6 2008/3/15 234
8 原桂子 久光製薬スプリングス 1995/2/15 2006/2/19 228
9 迫田さおり 東レ・アローズ 2008/3/15 2017/1/29 223
10 濱口華菜里 東レ・アローズ 2005/2/27 2013/3/24 212
10 吉田真未 パイオニアレッドウィングス 2007/1/6 2014/3/22 212

アタック決定率[編集]

2000打数以上 ※=現役、チーム名は2016/17シーズン終了時または引退時所属

順位 選手名 チーム名 リーグ数 セット数 打数 決定率(%)
1 ローレン・パオリーニ 日立リヴァーレ 3 279 2005 50.77
2 フランシーヌ・フールマン パイオニアレッドウィングス 4 336 2875 50.30
3 ガブリエラ・ペレス イトーヨーカドー・プリオール 2 142 2557 49.67
4 キム・ヨンギョン JTマーヴェラス 2 179 2171 48.60
5 バーバラ・イエリッチ デンソー・エアリービーズ 4 289 6880 47.72
6 荒木絵里香 トヨタ車体クインシーズ 12 1086 5289 47.55
7 先野久美子 久光製薬スプリングス 16 996 4919 46.53
8 モレーノ・ピーノ・ケニー JTマーヴェラス 2 218 2668 45.65
9 森山淳子 JTマーヴェラス 9 628 3031 45.63
10 エヴゲーニャ・エステス 武富士バンブー 7 534 9198 45.60

セット平均ブロック決定本数[編集]

3リーグ出場以上 ※=現役、チーム名は2016/17シーズン終了時または引退時所属

順位 選手名 チーム名 リーグ数 セット数 決定本数
1 江越由佳 JTマーヴェラス 7 474 0.9198
2 高山佳代 イトーヨーカドー・プリオール 3 239 0.9079
3 松川一代 ダイエー・オレンジアタッカーズ 4 234 0.8974
4 江藤直美 JTマーヴェラス 11 850 0.8859
5 荒木絵里香※ トヨタ車体クインシーズ 12 1086 0.845
6 バーバラ・イエリッチ デンソー・エアリービーズ 4 289 0.8131
7 杉山祥子 NECレッドロケッツ 15 1303 0.7997
8 鳥居千穂 デンソー・エアリービーズ 6 379 0.7942
9 野村まり 岡山シーガルズ 13 768 0.7891
10 フランシーヌ・フールマン パイオニアレッドウィングス 4 336 0.7619

ブロック決定本数[編集]

※=現役、チーム名は2016/17シーズン終了時または引退時所属

順位 選手名 チーム名 リーグ数 セット数 決定本数
1 杉山祥子 NECレッドロケッツ 15 1303 1042
2 荒木絵里香※ トヨタ車体クインシーズ 12 1086 918
3 多治見麻子 パイオニアレッドウィングス 15 1137 812
4 森和代 岡山シーガルズ 16 1243 762
5 江藤直美 JTマーヴェラス 11 850 753
6 井上香織 デンソー・エアリービーズ 10 913 632
7 野村まり 岡山シーガルズ 13 768 606
8 先野久美子 久光製薬スプリングス 16 996 569
9 内藤香菜子 NECレッドロケッツ 13 1015 541
10 宝来麻紀子 JTマーヴェラス 11 811 518

サーブ効果率[編集]

1000打数以上 ※=現役、チーム名は2016/17シーズン終了時または引退時所属

順位 選手名 チーム名 リーグ数 打数 効果率
1 バーバラ・イエリッチ デンソー・エアリービーズ 4 1494 14.103
2 フォフィーニャ・アナパウラ 久光製薬スプリングス 4 1497 13.490
3 羽根翠 トヨタ車体クインシーズ 5 1205 13.324
4 石井美樹 JTマーヴェラス 4 1136 13.151
5 森谷史佳 久光製薬スプリングス 6 1109 13.02
6 荒木絵里香 トヨタ車体クインシーズ 12 3805 12.94
7 船崎恵視 トヨタ車体クインシーズ 9 2315 12.894
8 木村沙織 東レ・アローズ 10 3502 12.88
9 石井優希 久光製薬スプリングス 7 1552 12.77
10 足立留美 武富士バンブー 15 3574 12.724

個人大会記録[編集]

アタック決定率[編集]

※=現役、太字は日本人最高記録

順位 選手名 チーム名 リーグ名 打数 決定率(%)
1 エリザベータ・ティーシェンコ NECレッドロケッツ 第2回 669 56.95
2 ポーラ・ワイショフ ダイエー・オレンジアタッカーズ 第1回 526 55.32
3 エリザベータ・ティーシェンコ NECレッドロケッツ 第3回 756 55.16
4 カーリー・ウォパット 東レ・アローズ 2016/17 396 54.80
5 荒木絵里香 東レ・アローズ 2007/08 501 54.69
6 先野久美子 オレンジアタッカーズ 第6回 414 54.38
7 ローレン・パオリーニ 日立リヴァーレ 2014/15 651 53.30
8 マガリ・カルバハル ダイエー・オレンジアタッカーズ 第2回 1084 53.04
9 デラクルス・ベタニア 東レ・アローズ 2007/08 829 52.83
10 マヤ・トカルスカ 久光製薬スプリングス 2016/17 305 52.46

最多得点[編集]

ラリーポイント制導入(第6回リーグ)以降 ※=現役

順位 選手名 チーム名 リーグ名 アタック ブロック サーブ 得点合計
1 ケニア・カルカセス 久光製薬スプリングス 第12回 765 41 33 839
2 モレーノ・ピーノ・ケニー JTマーヴェラス 2006/07 671 68 15 754
3 タイーバ・ハニーフ 武富士バンブー 第11回 696 47 0 743
4 エヴゲーニャ・エステス 武富士バンブー 2006/07 647 59 13 719
5 キム・ヨンギョン JTマーヴェラス 2009/10 630 48 18 696
6 イエレナ・パブロワ 久光製薬スプリングス 2007/08 635 40 17 692
7 ポリーナ・ラヒモワ トヨタ車体クインシーズ 2015/16 583 40 48 671
8 レナタ・コロンボ トヨタ車体クインシーズ 2008/09 619 36 13 668
9 タイーバ・ハニーフ 武富士バンブー 第12回 563 33 26 622
10 アナパウラ・ロペス・フェレイラ 久光製薬スプリングス 2006/07 556 51 13 620
10 フェルナンダ・ガライ NECレッドロケッツ 2010/11 562 50 8 620

セット平均ブロック決定本数[編集]

※=現役、太字は日本人最高記録

順位 選手名 チーム名 リーグ名 決定本数
1 ナターリヤ・モロゾワ 東洋紡オーキス 第3回 1.6622
2 ガブリエラ・ペレス イトーヨーカドー・プリオール 第4回 1.5897
3 江越由佳 ユニチカ・フェニックス 第5回 1.4444
4 ナターリヤ・モロゾワ 東洋紡オーキス 第2回 1.4328
5 マガリ・カルバハル ダイエー・オレンジアタッカーズ 第2回 1.2976
6 エレーナ・チェブキナ イトーヨーカドー・プリオール 第2回 1.2933
7 江藤直美 日立ベルフィーユ 第3回 1.2250
8 杉山祥子 NECレッドロケッツ 第5回 1.2222
9 江越由佳 ユニチカ・フェニックス 第1回 1.2133
10 江藤直美 日立ベルフィーユ 第5回 1.1692

サーブレシーブ成功率[編集]

※=現役、太字は日本人最高記録

順位 選手名 チーム名 リーグ名 成功率(%)
1 大懸郁久美 NECレッドロケッツ 第7回 87.44
2 櫻井由香 デンソー・エアリービーズ 第6回 86.44
3 田中姿子 NECレッドロケッツ 第8回 85.99
4 熊倉由美 イトーヨーカドー・プリオール 第7回 85.55
5 井野亜季子 日立佐和リヴァーレ 2006/07 84.97
6 佐野優子 ユニチカ・フェニックス 第6回 84.12
7 津雲博子 NECレッドロケッツ 第5回 83.98
8 大懸郁久美 NECレッドロケッツ 第4回 83.96
9 津雲博子 NECレッドロケッツ 第6回 83.73
10 田中姿子 日立ベルフィーユ 第6回 83.52

サーブ効果率[編集]

※=現役、太字は日本人最高記録

順位 選手名 チーム名 リーグ名 打数 効果率(%)
1 ポリーナ・ラヒモワ トヨタ車体クインシーズ 2015/16 348 23.91
2 ポリーナ・ラヒモワ トヨタ車体クインシーズ 2016/17 331 20.92
3 張紫音 NECレッドロケッツ 2011/12 165 19.61
4 ベタニア・デラクルス デンソー・エアリービーズ 2011/12 279 19.05
5 柳田光綺 NECレッドロケッツ 2016/17 203 18.84
6 荒木絵里香 東レ・アローズ 2011/12 332 17.42
7 ケリー・マーフィー 上尾メディックス 2015/16 312 17.26
8 栗原恵 パイオニアレッドウィングス 第12回 461 17.20
9 バーバラ・イエリッチ デンソー・エアリービーズ 第1回 379 17.08
10 荒木絵里香 上尾メディックス 2015/16 270 17.02

特別表彰[編集]

Vリーグ栄誉賞[編集]

優勝に貢献した選手(MVPまたは敢闘賞4回以上)

※=旧:日本リーグの受賞回数を含む

選手名 チーム名 受賞回数
大林素子 日立/東洋紡 MVP:3回、敢闘賞:2回
江上由美 日立/小田急 MVP:3回、敢闘賞:1回
飯田高子 ヤシカ MVP:2回、敢闘賞:2回
横山樹理 ユニチカ MVP:2回、敢闘賞:2回
中田久美 日立 MVP:4回
個人記録で傑出した選手(個人賞8回以上)

※=現役、旧:日本リーグの受賞回数を含む

選手名 チーム名 受賞回数
荒木絵里香※ 東レ/上尾 19
江上由美 日立/小田急 14
大林素子 日立/東洋紡 13
飯田高子 ヤシカ 11
バーバラ・イエリッチ デンソー 11
吉原知子 日立/ダイエー/東洋紡/パイオニア 11
杉山祥子 NEC 11
成田郁久美 NEC/久光製薬/パイオニア 10
熊前知加子 小田急/ユニチカ/JT 10
中西千枝子 ユニチカ 9
白井貴子 クラボウ/日立 9
杉山祥子 NEC 9
新鍋理沙 久光製薬 9
古川牧子 ユニチカ 8
杉山加代子 日立 8
ローズ・メジャーズ NEC 8
フランシーヌ・フールマン 久光製薬/パイオニア 8
長期活躍している選手(10シーズン、230試合出場以上)
選手名 チーム名 出場試合数
櫻井由香 デンソー 381
岡野弘子 東芝/岡山 363
山口舞 岡山 363
森和代 東芝/岡山 353
杉山祥子 NEC 347
成田郁久美 NEC/久光製薬/パイオニア 344
佐々木みき ダイエー/東洋紡/パイオニア 339
谷口雅美 日立/JT 337
原桂子 久光製薬/武富士 336
先野久美子 ダイエー/久光製薬 329
足立留美 イトーヨーカドー/武富士 328
竹下佳江 NEC/JT 325
多治見麻子 日立/パイオニア 323
中道瞳 東レ 303
大貫美奈子 NEC 300
内藤香菜子 イトーヨーカドー/武富士/NEC 294
田原香理 日立佐和/トヨタ車体 292
荒木絵里香 東レ/上尾/トヨタ車体 284
神田千絵 東芝/岡山 283
大村加奈子 ダイエー/久光製薬 282
内田役子 イトーヨーカドー/パイオニア 271
高田ありさ 東レ 256
濱口華菜里 東レ 254
井上香織 デンソー 252
野村まり 東芝/岡山 251
石田瑞穂 武富士/久光製薬/デンソー 250
吉澤智恵 武富士/JT 249
森万里子 東洋紡/東レ 249
迫田さおり 東レ 249
金森純子 東芝/岡山 247
木村沙織 東レ 244
板橋恵 日立佐和/パイオニア 243
芝田安希 ユニチカ/東レ 242
矢野美子 デンソー/トヨタ車体/PFU 240
眞恵子 デンソー/トヨタ車体 239
栗原恵 NEC/パイオニア/岡山/日立 238
古藤千鶴 PFU/久光製薬 238
若浦貴子 岡山 237

Vリーグ日本記録賞[編集]

※=現役

部門 選手名 チーム名 リーグ名 記録
スパイク 荒木絵里香 東レ 2007/08 54.69%
最多得点 木村沙織 東レ 2009/10 566点
ブロック 江越由佳 ユニチカ 第5回 1.44本
サーブ 張紫音 NEC 2011/12 19.60%
サーブレシーブ 大懸郁久美 NEC 第7回 87.44%

注釈[編集]

  1. ^ a b 1997/1998までは実業団リーグ、1998/1999-2005/2006まではV1リーグ、2006/2007-2014/2015まではV・チャレンジリーグ
  2. ^ a b 1996/1997までは最下位が自動降格、下から2番目が入替戦の結果、1998/1999以降は全てVリーグ出場決定戦、Vリーグ出場入替戦、V・V1リーグ入替戦、プレミア・チャレンジリーグ入替戦、V・チャレンジマッチの結果
  3. ^ a b 2003/2004まではVリーグ出場決定戦、2004/2005はVリーグ出場入替戦、2005/2006はV・V1リーグ入替戦、2006/2007はプレミア・チャレンジリーグ入替戦
  4. ^ 一度はVリーグ出場決定戦を勝利しVリーグ残留を決めたが、2002年5月に活動休止
  5. ^ 一度はVリーグ入替戦に勝利し翌シーズンから名称変更されるVプレミアリーグ残留を決めたが、2006年5月に活動休止
  6. ^ 一度はVチャレンジマッチに勝利しVプレミアリーグ残留を決めたが、2009年5月に休部
  7. ^ 一度はVチャレンジマッチでFC東京に敗れVチャレンジリーグへの降格が決まったが、NECの休部に伴い繰り上げでVプレミアリーグ残留
  8. ^ a b 東日本大震災のため、開催中止
  9. ^ シーズン開始前に今シーズン限りでの活動休止を発表したためVリーグ出場決定戦には参加せず
  10. ^ a b c Vチャレンジリーグ降格決定後チームが廃部となりVチャレンジリーグには参加していない

参考文献[編集]

  • Vプレミアリーグ/Vチャレンジリーグ公式プログラム(男子編)
  • Vプレミアリーグ/Vチャレンジリーグ公式プログラム(女子編)

関連項目[編集]