プレンティ (企業)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
プレンティ
Plenty Inc.
市場情報 Private
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
94080
582 Eccles Ave, South San Francisco, CA
設立 2014年8月21日
事業内容 垂直農法技術による農作物生産
代表者 Matt Barnard(CEO/Co-Founder)
Nate Storey(CSO/Co-Founder)
Nate Mazonson(Co-Founder)
主要株主 ソフトバンク・ビジョン・ファンド
DCM Ventures
Bezos Expeditions
Innovation Endeavors
テンプレートを表示

プレンティ: Plenty Inc.)は、アメリカカリフォルニア州サウスサンフランシスコに本社を置く室内農業を手がけるアグテックスタートアップである。サウスサンフランシスコにある古い配電センターを流用した植物工場ケールなどの葉物野菜水耕栽培している。[1]日本国内でもすでにチームを立ち上げて複数の土地を確保して進出を伺っている[2]

概要[編集]

プレンティでは消費地の近郊にある屋内工場で高さ6mのポールを用いた垂直農法を行っており多くのメリットが謳われている。栄養分を含ませた水耕溶液をゆっくりと流してLEDを照射することで土や農薬日光を必要とせず害虫被害のリスク低い作物栽培が可能とされる。天候の影響を受けず一年中栽培でき作物の安定供給が可能で、水の使用量は1%で済むので水が貴重で気候が農作に適さない地域でも作物を栽培できる。従来の農法よりも狭いビルの敷地で済むので地価の高い都市部でも地代を抑えやすく温度調整やLEDの電気代も安くすむ。消費地の近郊で栽培された野菜は高い鮮度のままAmazonフレッシュ等を通じて消費者に届ける事ができる[3]

工場内の全体管理は自動的に行われ、カメラや赤外線センサーをモニタリングし、ビッグデータと機械学習データ解析に基づいた独自アルゴリズムを用いAIがLED照明光の強さや波長、温度、湿度、水の流れなどを作物にとって最適な状態に調整する。この最適化により栄養素が高く味の良い野菜や果物を従来型農法と比べ2~5倍の期間で栽培でき、単位面積当たり150~350倍の生産量にできるといわれている。ただし収穫作業は自動化されておらず人間の手が必要とされる[4]

水耕栽培の課題[編集]

一般的な水耕栽培同様に水耕溶液の循環やLED光や温度湿度の管理・供給が途絶えると農作物が育たなくなってしまうため電力供給と水道供給が安定した地域であることがプレンティでも必須条件となる。従来の水耕栽培では初期コストや水道や電気のコストが従来の土壌栽培の何倍もかかることや、水耕栽培は葉物野菜の栽培には向けで主食としての需要が高く採算の取りやすい根菜や穀物の栽培には向いていない。この2つの課題が多くの先駆者たちが手がける水耕植物工場の経営を苦しめてきた。プレンティのワイオミング州試験農場ではイチゴニンジントマトスイカなど、400種以上もの作物が育てられ「プレンティは何でも栽培できる」と自称するほど栽培には自信を持っているが、約450gの作物を育てるのに40ドルものコストがかかっておりコストダウンが大きな課題とされている。プレンティでは作物の育成をモニタリングして蓄積したビッグデータと機械学習を使って水耕溶液の配合やLED光等の生育環境を適切化して生産量を上げる試みや人口密集地の近くに農場をつくることで従来の作物の小売価格の30~40%を占めていた運送費や貯蔵費をカットできないか模索している[5]

沿革[編集]

出典[編集]

  1. ^ ソフトバンクも投資する"インドア農業" 食料革命に期待高まる”. businessinsider (2017年8月7日). 2018年8月11日閲覧。
  2. ^ インドア農業の米プレンティ、世界展開で中国や日本に照準=CEO”. reuters (2018年1月17日). 2018年8月11日閲覧。
  3. ^ インドア農業のPlenty(プレンティ)とは? ソフトバンクやベゾスから大型資金調達も”. ビジネス+IT (2017年11月20日). 2018年8月11日閲覧。
  4. ^ 「植物工場」開発の米プレンティ、ソフトバンクも出資”. 日本経済新聞 (2017年11月22日). 2018年8月11日閲覧。
  5. ^ ソフトバンクも出資した「AI屋内農場」の野望──新しい地産地消のかたちが、食糧システムを激変させる”. wired (2018年3月28日). 2018年8月11日閲覧。
  6. ^ Plenty Acquires Bright Agrotech to Globally Scale Impact of Local Farmers”. BusinessWire (2017年6月13日). 2018年8月11日閲覧。
  7. ^ ソフトバンク、農業や自動運転分野の米国スタートアップ3社に出資”. 日経xTECH (2017年7月20日). 2018年8月11日閲覧。
  8. ^ A new Jeff Bezos-backed warehouse farm will grow enough produce to feed over 180,000 people per year”. businessinsider (2017年11月3日). 2018年8月11日閲覧。
  9. ^ リクルート、独自の垂直農法技術による作物工場を実現する Plenty, Inc.へ出資”. リクルートホールディングス (2017年11月7日). 2018年8月11日閲覧。
  10. ^ ソフトバンク出資のプレンティ、中国で300の室内農園展開へ”. bloomberg (2018年1月17日). 2018年8月11日閲覧。
  11. ^ ソフトバンク出資の米プレンティ、中東拠点オープンへ”. bloomberg (2018年8月8日). 2018年8月11日閲覧。

関連項目[編集]