プロカインアミド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
プロカインアミド
Procainamide.svg
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
発音 [prˈknəmd]
販売名 アミサリン, Pronestyl, Procan, Procanbid
Drugs.com monograph
胎児危険度分類
  • US: C
法的規制
投与方法 経口、経静脈、筋肉内投与
薬物動態データ
生物学的利用能 85% (経口)
血漿タンパク結合 15 ~ 20%
代謝 肝代謝 (CYP2D6による)
半減期 2.5 ~ 4.5 時間
排泄 腎臓排泄
識別
CAS番号
51-06-9 チェック
ATCコード C01BA02 (WHO)
PubChem CID: 4913
IUPHAR/BPS 4811
DrugBank DB01035 チェック
ChemSpider 4744 チェック
UNII L39WTC366D チェック
KEGG D08421  チェック
ChEBI CHEBI:8428 チェック
ChEMBL CHEMBL640 チェック
化学的データ
化学式 C13H21N3O
分子量 235.325 g/mol

プロカインアミド: procainamide)は、抗不整脈薬のひとつ。ヴォーン・ウィリアムズ分類ではIa群に分類される。CAS登録番号は [51-06-9]。心臓の刺激伝導系の異常な電気の流れをしずめることにより不整なリズムを正常に戻す。

歴史[編集]

1905年 Alfred Einhorn(1856〜1917, ドイツHoechstの化学者)が合成したプロカインをもとに、 1950年、米国ニューヨーク大学のMark、Lottらにより、プロカインのエステル結合アミド結合に変えたプロカインアミドが合成された。プロカインアミドは、プロカインと同様の作用を有し、その効果は持続性である。

薬理[編集]

プロカインアミドは、活性化ナトリウムイオンチャネルの抑制により、活動電位の最大立ち上がり速度を減少させ、伝導速度を遅くし、心電図のQRS時間を延長する。Na チャネルの結合解離速度においては intermediate kinetics に分類される。また、非特異的カリウムイオンチャネル遮断作用ももつので、活動電位持続時間を延長させる。自動能を抑制する効果はキニジンと比べていくらか弱く、脱分極している細胞でのナトリウムチャネル遮断作用はより強い。さらに、直接洞房結節房室結節を抑制するが、抗ムスカリン作用が若干あるために、相殺されている。心臓以外の効果として、神経節遮断作用をもつため、特に静注時の高い血中濃度(10μg/mL以上)のとき、末梢での血管抵抗が減少し低血圧になる。治療域の濃度では、キニジンよりもその末梢血管への影響は有意ではない。低血圧が生じるのはふつう、きわめて急速なプロカインアミド注入や重篤な左心室不全が存在する場合である。肝臓のN-アセチルトランスフェラーゼにより、代謝産物のN-アセチルプロカインアミド(NAPA)が生じる。これはヴォーン・ウィリアムズ分類でIII群の効果を持つ。NAPAの半減期はプロカインアミドよりかなり長いため、慢性のプロカインアミド投与時にNAPAの血中濃度が、しばしばプロカインアミドの濃度より高くなる。慢性投与中の不応期の増加とQT延長は少なくとも一部はこの代謝物による作用と考えられる。しかし、この場合も、電動を遅くさせ、QRS幅を延長させるのは母化合物の作用である。高い血中濃度のときには低血圧が起こりうるが、これは通常はプロカインアミドの自律神経節遮断作用によるもので、陰性変力作用ではなく、またあってもその変力作用は弱い。

副作用[編集]

心毒性以外では、長期のプロカインアミドの治療を受けている患者の約1/3に可逆性のSLE様症状がみられる。これは血清にも抗核抗体価の上昇などで異常がみられるが、症状がないときは薬物治療を中止する必要はない。また、低頻度であるが、顆粒球減少症が治療開始3ヵ月以内に発症することがある。

適応[編集]

  • 期外収縮(上室性、心室性)
  • 発作性頻拍(上室性、心室性)
  • 手術及び麻酔に伴う不整脈
  • 新鮮心房細動
  • 心房粗動(静注のみ)
  • 陳旧性心房細動

禁忌[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 獣医学大辞典編集委員会編集『明解獣医学辞典』チクサン出版社 1991年 ISBN 4885006104
  • Donald C. Plumb著 佐藤宏ほか監訳『プラム 動物用医薬品ハンドブック 原書第3版』株式会社ワハ 2003年
  • 伊藤勝昭ほか編集『新獣医薬理学 第二版』近代出版 2004年 ISBN 4874021018
  • カッツング著 荒木勉(他)訳『カッツング薬理学』 丸善 2009年 ISBN 9784621080733
  • ルーイス・S.グッドマン著 アルフレド・ギルマン著 高折修二(他)訳『グッドマン・ギルマン 薬理書第11版』2007年 廣川書店 ISBN 9784567496193
  • アミサリン注 インタビューフォーム
  • 痛みと鎮痛の基礎知識 - Pain Relief ー局所麻酔薬の歴史年表