プロキシマス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
プロキシマス
Proximus S.A.
Proximus logo 2014.svg
Tours Proximus.jpg
本社の入居するプロキシマス・タワー
種類 公開会社
市場情報 EuronextPROX
本社所在地 ベルギーの旗 ベルギー
1030
Proximus Towers Boulevard du Roi Albert II 27, ブリュッセル
設立 1994年(26年前) (1994
業種 情報・通信業
代表者 Guillaume Boutin(CEO
外部リンク コーポレートサイト
テンプレートを表示

プロキシマス: Proximus S.A.)は、ベルギーブリュッセルに本拠を置く電気通信事業者。同国最大の電気通信事業者である。ベルギー政府が株式の過半数を保有する[1]ユーロネクスト・ブリュッセル上場企業(EuronextPROX )。

沿革[編集]

プロキシマスは1994年にベルガコムとAirtouchがそれぞれ75%と25%を出資して合弁事業として設立された[2]。Airtouchは後にVodafoneに合併された。1994年1月の開始時、プロキシマスは元はGSM 900帯のみだった2G GSMネットワークとともに古いMOB2 アナログネットワークの運営を引き継いだ。古くなったMOB2ネットワークは1999年に廃止された。必要となれば、プロキシマスはネットワークを補完するためにGSM 1800も使用することが出来る。

プロキシマスは元々は事実上独占状態であったが、規制緩和後、第2のGSM 900オペレータであるMobistarが1998年に、それに続いてBASE、そしてKPN-Orangeが1999年に参入した。後の2社、特にBASEの激しい価格攻撃にもかかわらず、プロキシマスは成長を続け、現在飽和状態と考えられている市場にて50%以上のシェアを保有している。

かつてプロキシマスはベルガコムの子会社の位置付けであった。2004年株式公開したのち、ベルガコムが株式の50%を保有し、また、ボーダフォングループが25%を保有していた[2]。2004年は22億3900万ユーロの収益があり、11億3500万ユーロのEBITDA(金利・税金・償却前利益)があった。

2015年6月、ベルガコムは社名をプロキシマスに変更した[3]

脚注・出典[編集]

  1. ^ Shareholder structure” (英語). Proximus S.A.. 2020年8月17日閲覧。
  2. ^ a b Our history” (英語). Proximus S.A.. 2020年8月17日閲覧。
  3. ^ Belgacom to become Proximus this month” (英語). Digital TV Europe (2015年6月1日). 2016年3月26日閲覧。