プロクロロン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
プロクロロン
分類
ドメ
イン
: 細菌 Bacteria
: 藍色細菌門 Cyanobacteria
: プロクロロン目 Prochlorales
: プロクロロン科 Prochloraceae
: プロクロロン属 Prochloron
学名
Prochloron (ex Lewin 1977) Florenzano et al. 1986
  • Prochloron didemni

プロクロロン(Prochloron)とは、サンゴ礁や特にウスボヤ科のホヤに細胞外共生する単細胞光合成を行う原核生物である。藍藻の1種であり、シンビオジェネシスの理論から、光合成真核生物細胞で見られる葉緑体の祖先であると考えられている。しかし、系統学ではプロクロロンが葉緑体を含む藻類陸上植物と同じ系統にないことが示唆され、この理論には異議が唱えられている[1]

プロクロロンは、1975年にスクリップス海洋研究所のラルフ・レヴィンによって発見された。プロクロロンは、既知の3つの原緑藻の1つである。原緑藻は、特殊な光収穫複合体にクロロフィルaとbの両方が結合した構造を持つ藍藻である[1]

[編集]

分類学的に確定した種は、P. didemniのみである。

出典[編集]

  1. ^ a b La Roche, J.; van der Staay, G.W.M.; Ducret, A.; Aebersold, R.; Li, R.; Golden, S.S.; Hiller, R.G.; Wrench, P.M. et al. (1996年). “Independent evolution of the prochlorophyte and green plant chlorophyll a/b light-harvesting proteins”. Proc. Natl. Acad. Sci. 93: 15244-48. doi:10.1073/pnas.93.26.15244. PMC 26388. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC26388/. 
  • Guiry, M.D. (2008年). “Prochloron”. AlgaeBase. World-wide electronic publication, National University of Ireland, Galway. 2009年2月21日閲覧。
  • Waterbury, John, et al. Little Things Matter A Lot. Oceanus Magazine. 2004, 43(2).
  • Yellowlees, David, et al. Metabolic interactions between algal symbionts and invertebrate hosts. Plant, Cell and Environment. 2008, 31, pp. 679-694.