プログラミン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
プログラミン
URL www.mext.go.jp/programin/
タイプ プログラミング
運営者 文部科学省
営利性
現状 活動中

プログラミンは、文部科学省が開発した、子供向けのプログラミング作成のサイトである。

概要[編集]

プログラミンというプログラムを使い、アニメーションゲームを作ることができる。内容は子供にも分かりやすく書かれているため、子供でも楽しく作ることができる

プログラムの種類[編集]

プログラミンと呼ばれている。合計28種類のプログラムがある。絵の上に、『ココにプログラミンをドラッグ!』と書いてあり、そこにプログラミンをドラッグすると、プログラムが生成される。プログラムは、下から上に順に再生される。

移動系プログラム[編集]

ヒダリン
絵を左に移動できるプログラムである。
ミギーン
絵を右に移動できるプログラムである。
ウエーン
絵を上に移動できるプログラムである。
シターン
絵を下に移動できるプログラムである。

指示された場所に移動できるまでの時間と、移動する範囲の数字を書けば指示通りに移動する。

回転系プログラム[編集]

ヒダリクルリン
絵を左に傾けることができる。
ミギクルリン
絵を右に傾けることができる。

回転できるまでの時間と、傾ける角度を書けば指示通りに傾く。

ひっくり返しプログラム[編集]

ヨコカエリン
絵を横にひっくり返すことができる。
タテカエリン
絵を縦にひっくり返すことができる。

吹き出し系プログラム[編集]

フキダシン
絵から吹き出しを出すことができる。
フキケシン
指定された絵の吹き出しを消すことができる。

吹き出しの中に書きたい言葉を書けば、吹き出しを出すことができる[1]

音系プログラム[編集]

オンブン
自分で決めた音を出すことができる。
ミュートン
すべての音を消すことができる。

その音をずっと鳴らすこともできる。虫眼鏡マークを押すと、音の一覧が表示される。[2]また、音の一覧で、音を試聴することもできる。聞きたい音の横に、『さいせい』ボタンを押すと試聴できる。[3]『さいせい』ボタンの横にあるボタンが『けってい』ボタンであり、それをクリックすると、鳴らす音を決定できる。

指示系プログラム[編集]

クリックン
指定された絵をクリックすると、次のプログラムが再生させることができる。
キーポン
キーボードのキーを押すことでプログラムが再生されるプログラム。また、虫眼鏡マークを押すことで、スペースキー、もしくは方向キーのどれかを選ぶこともできる。

繰り返し系プログラム[編集]

ズットン
ずっと繰り返したいプログラムを、ズットンの中に入れれば、そのプログラムをずっと続けることができる。
ナンカイン
ズットンとは違い、何回繰り返すかを決めることができる。

その他のプログラム[編集]

ジャンピン
絵をジャンプさせることができる。ジャンプの高さと、ジャンプが終わるまでの時間を指定することができる。
スケールン
絵を拡大させることができる。何%拡大するかと、何秒で拡大を終了させるかを指定することができる。[4]
カメロン
色を変えることができる。何度色を変えるかと、何秒で色を変えさせるかを指定することができる。 色を360度(=1回転)進めると元の色に戻る。
ミエルン
絵を見せないようにしたり、見せるようにしたりすることができる。
キガエルン
絵を変えたりすることができる。
リセットン
絵は最初の位置、プログラムなどをリセットできる。
トケイン
何秒かプログラムを停止できる。秒数は、自分で指定することができる。
イッペンニン
中に入れたプログラムすべてが、いっぺんに再生される。

脚注[編集]

  1. ^ 吹き出しの中には、30文字まで書ける。
  2. ^ 生き物、乗り物、環境、効果音、楽器、音楽と種類別に分けられている。
  3. ^ それと同時に、『さいせい』ボタンが、『とめる』ボタンに替わる。それをクリックすると、試聴をやめることができる。
  4. ^ また-を書くと、絵を縮小することができる。