プログレスM-14M

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
プログレスM-14M
Progress M-14M.jpg
ISSに接近するプログレスM-14M、2012年1月27日
任務種別 ISS 補給船
運用者 ロシア連邦宇宙局
COSPAR ID 2012-004A
SATCAT № 38073
特性
宇宙機種別 プログレス-M (11F615A60)
製造者 RKKエネルギア
任務開始
打ち上げ日 2012年1月25日 23時6分 (UTC)
ロケット ソユーズ-U
打上げ場所 バイコヌール 1/5[1]
任務終了
廃棄種別 軌道離脱
減衰日 2012年4月28日
軌道特性
参照座標 地球周回軌道
体制 低軌道
傾斜角 51.6°
ISSのドッキング(捕捉)
ドッキング ピアース
ドッキング(捕捉)日 28 January 2012年1月28日
分離日 2012年4月19日 11時4分 (UTC)

プログレスM-14M (ロシア語: Прогресс М-14М)はロシア連邦宇宙局が2012年に国際宇宙ステーション(ISS)の補給のために打ち上げたプログレス補給船。NASAではプログレス4646Pとも呼ばれる。プログレス-Mの改良型(11F615A60)として14機目であり、シリアル番号は414であった。1月後半にISSに到着し、第30次長期滞在のクルーに補給を行い、4月19日までドッキングを続けた。

運用[編集]

ISSを発つM-14M、2012年4月19日

プログレスM-14Mは2012年1月25日23時6分(UTC)にバイコヌール宇宙基地1/5発射台からソユーズ-Uで打ち上げられた[1]。 打ち上げの準備として、31番射点で燃料を注入され、第3段とフェアリングと組み合わせるために第254施設に運ばれた[2]。その後1月23日に第112施設でロケットの下段と組み合わせられ[3]、1月24日の1時丁度(UTC)に発射台に展開された[4][5]

打ち上げ529秒後、宇宙機はソユーズ-Uから分離し、近点193km、遠点275km、軌道傾斜各51.66度の低軌道に投入された[6]。ドッキングに向けてメインエンジンとマニューバスラスタの噴射を行って高度を上げ、2日間の飛行の後、同年1月28日0時9分(UTC)にISSのピアースにドッキングした。このドッキング部は1月23日までプログレスM-13Mがドッキングしていた[7]

プログレスM-14MはプログレスM-15Mの到着に向けて、2012年4月19日11時4分(GMT)にドッキングを解除した[8]。その後M-14Mは電離層環境を探測するレーダープログレス(ラダール・プラグリェース)実験を実施するためにスラスタによる修正で軌道に残った[9]。この実験はロシア科学アカデミーのシベリア太陽地球物理学研究所によって行われた。実験に参加したレーダーは南シベリアのイルクーツク地域に位置していた[10]

プログレスM-14Mは4月28日の13時46分(GMT)頃に軌道を離脱し、太平洋上に落下した。

搭載貨物[編集]

物品の総重量は2669kgだった[11]

品目 重量(kg)
補充系タンクの燃料 539
酸素ボンベ向けの気体:
酸素 50
ロドニックシステム用タンクの水 420
KDU用の燃料 250
密閉区画(総重量1410kg)
システム機材:
水供給系 107
熱制御系 40
通信管制機器 «Регул-ОС» 36
テレビ 8
維持修理機材 3
衛生清潔用品 156
防火用品 6
照明 17
モジュール間の換気用品 14
食料食材コンテナ 304
医療用品、リネン、個人用衛生用品、予防薬など 184
FGB ザーリャハードウェア 3
CO-1 ピアースハードウェア 7
МИМ-1 ラズヴェットハードウェア 24
МИМ-2 ポイスクハードウェア 5
«Типология»、«Иммуно»、«Биодеградация»、«Матрёшка-Р»、«Выносливость»、«Тест»など向けの科学実験機器類 88
搭載書類ファイル、乗組員への支給、ビデオ・写真機器など 37
ロシアクルーの物品 164
ISSアメリカ区画英語版向けの物品機器類 199

[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Запуски” (ロシア語). Roskosmos. 2012年1月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年1月24日閲覧。
  2. ^ Грузовой транспортный корабль "Прогресс М-14М" успешно заправлен компонентами топлива” (ロシア語). Roskosmos (2012年1月19日). 2012年1月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年1月24日閲覧。
  3. ^ На Байконуре - общая сборка ракеты-носителя "Союз-У" с транспортным грузовым кораблем "Прогресс М-14М"” (ロシア語). Roskosmos (2012年1月23日). 2012年1月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年1月24日閲覧。
  4. ^ Государственная комиссия приняла решение о вывозе ракеты-носителя "Союз-У" на стартовый комплекс” (ロシア語). Roskosmos (2012年1月23日). 2012年1月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年1月24日閲覧。
  5. ^ Началась подготовка РКН "Союз-У" с ТГК "Прогресс М-14М" на стартовом комплексе” (ロシア語). Roskosmos (2012年1月24日). 2012年1月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年1月24日閲覧。
  6. ^ Прогресс М-14М” (Russian). TsNIImash. 2012年1月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年1月24日閲覧。
  7. ^ Ray, Justin (2012年1月23日). “One Russian ship vacates station port for next vehicle”. Spaceflight Now. 2012年1月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年1月24日閲覧。
  8. ^ ISS On-Orbit Status”. NASA (2012年1月23日). 2012年1月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年1月24日閲覧。
  9. ^ Chris Bergin (2012年4月20日). “Progress M-14M bids farewell to ISS as M-15M launches”. NASAspaceflight.com. 2012年4月21日閲覧。
  10. ^ Russian cargo spaceship undocks from ISS”. Xinhua (2012年4月20日). 2012年4月21日閲覧。
  11. ^ Центр управления полетами”. 2012年8月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年1月24日閲覧。

関連項目[編集]