プログレスM-21M

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
プログレスM-21M
Progress M-21M undocking.jpg
2度目のクルスシステムテストでISSからドッキングを解除したM-21M、2014年4月23日
任務種別 ISS 補給船
運用者 ロシア連邦宇宙局
COSPAR ID 39456
SATCAT № 2013-069A
特性
宇宙機種別 プログレス-M (11F615A60)
製造者 RKKエネルギア
任務開始
打ち上げ日 2013年11月25日 20時53分6秒 (UTC)
ロケット ソユーズ-U
打上げ場所 バイコヌール 31/6
任務終了
廃棄種別 軌道離脱処分
減衰日 2014年6月9日 17時23分 (UTC)
ISSのドッキング(捕捉)
ドッキング ズヴェズダ 後方
ドッキング(捕捉)日 2013年11月29日 22時30分20秒 (UTC)
分離日 2014年4月23日 8時58分 (UTC)
dock時間 144日10時間28秒
ISSのドッキング(捕捉)
ドッキング ズヴェズダ 後方
ドッキング(捕捉)日 2014年4月25日 12時13分 (UTC)
分離日 2014年6月9日 13時29分 (UTC)
dock時間 45日1時間16秒

プログレスM-21Mロシア連邦宇宙局が2013年に国際宇宙ステーション(ISS)の補給のために打ち上げたプログレス補給船NASAJAXAではプログレス5353Pなどとも呼ばれる[1]

運用[編集]

プログレスM-21Mは2013年11月25日20時53分6秒(UTC)にカザフスタンのバイコヌール宇宙基地からソユーズ-Uで打ち上げられた[1]

2013年11月28日のISSへの近接の際クルス-NAドッキングシステムが試験された[2]。プログレスM-21Mは2013年11月29日22時30分20秒(UTC)にISSのズヴェズダにドッキングした[3]

2014年2月13日、M-21MはISSの軌道を「ほぼ10分程度」のエンジン噴射で「2kmほど」上昇させる軌道変更に利用された[4]

クルス-NAの2013年11月の最終試験中の問題のため、2014年4月に再度クルス-NAの試験が行われ、2日間の自由飛行を経て、ドッキングに成功した。M-21Mは2014年4月23日8時58分にズヴェズダからドッキングを解除し、2日後の4月25日12時13分(UTC)に同じドッキングポートに誘導されて戻り、再度ドッキングした[5]

プログレスM-21Mはその後2014年6月9日13時29分(UTC)にISSからドッキングを解除し、同日の17時23分に軌道から離脱し、地球に再突入した。

搭載貨物[編集]

プログレスM-21Mは燃料、水、補修機材、科学実験用品、食料、クルーの個人用品など2.5t近い貨物を輸送した。輸送用品の合計重量は2398kgであった。

関連画像[編集]

[編集]

関連項目[編集]